男が「立ちバック」に憧れる理由や女性のメリット・デメリット

体位・立ちバック

男女によっても、相性によっても好きな体位というものは様々ですが、興奮度や願望を重視したとき、異性の願望としてあまり理解出来ない体位というのもあるでしょう。

特に男性が憧れる・ヤッてみたい体位として立位は取り上げられることが多いです。対面立位だと「駅弁」が代表的ですが、背面立位だと「立ちバック」になります。

歴史的に見ても遥か昔から存在する体位であり、絵画などもありますから、きっと本能的にしてみたいという願望が出てしまうものなのでしょう。

立ちバックとは

それでは立ちバックとはどういったものなのか説明したいと思います。48手もそうですが、ほとんどの体位は後からネーミングされたものも多く、実は違った名前だったりすることがほとんどです。

立位(りつい)は、立った体勢の性交体位である。立った体勢の男性が勃起した陰茎を、同じく立った体勢の女性の性器に結合させる。種類としては男女が向き合って行う対面立位と、女性の背面から行う背面立位の2種類があり、四十八手では「鯉の滝登り」や「後櫓」などが立位に相当する。

背面立位は「立ち後背位」や「立ちバック」などと称される通り、立った体勢の男性の前で女性が壁などに手をつく場合が多く見られるなど、後背位(バック)の一種とも言える。

出典:ウィキペディア

立ちバックは48手の中で「後櫓うしろやぐらと呼ばれています。ということは48手が生み出されたと言われる江戸時代には既に立ちバックはあったということになります。

男性が憧れる理由

背面立位

昔からある体位であり、男性がしてみたいと思う体位の上位になるのは理由があるのは明確です。

しかし、男性がどういった所に魅力を感じているのか、女の子にはわからないことも多いでしょう。

そこで男性が魅力を感じる理由をいくつか紹介していきいます。

  • 視覚的に興奮する
  • パンパンという音に興奮する
  • Gスポットをピンポイントで刺激出来るので挿入していて気持ち良い
  • 特にSっ気のある男性にはたまらない体位である

挙げるとするならこの4点になります。視覚的にも聴覚的にも興奮度を高める体位で、実はこういう体位はあまり多く存在しません。

だからこそ、S気質の男性には魅力となっています。女の子が恥ずかしがる姿がたまらないと思っている男性も多いです。

立ちバックの快感度

どの体位にもメリットやデメリットは存在します。実際のところ、どこが気持ち良いのか?というのが女の子側の意見だと思いますので、立ちバックのメリット・デメリットを踏まえて考えましょう。

メリット

  • Gスポットを突きやすいので女の子が気持ち良い
  • 男性は視覚的にとても興奮する体位である
  • お風呂やトイレの狭い空間でも挿入出来る
  • 2人で外を見ながら出来る

以上がメリットです。決して男だけが気持ち良いわけではない。という言い訳を述べさせてもらうとするなら、浅めの挿入で膣の上部を沿うようにピストンすると膣壁からGスポットを刺激しやすい為、女の子はとても気持ち良い体位です。

ありがちですが、ホテルの窓際やキッチンなどでの悪いことをしてしまってるような感覚は一層、興奮度を高めると言えるでしょう。

デメリット

  • クリトリスへの刺激が少ない
  • 身長差がありすぎると難しい
  • 立ちバックに持っていくまでの体位がスムーズに変えにくい
  • 女の子の太ももと腰にかなり負荷がかかる

デメリットであげられるのはこれくらいです。Gスポットへの刺激がある反面、クリトリスへの刺激が少ないので上級者になると、指を伸ばしてクリトリスを触りながらピストンしたりもします。

それと身長差があると、ピストンするのが非常に難しいです。更に女性は足腰を曲げていないといけないので、スクワットの下がった状態でいることになります。これは思いのほか乳酸が溜まるので、普段運動をしていない女の子にとっては結構辛いです。

最後に

読んで立ちバックしても良いよと思ってもらえたなら私としても喜ばしいですが、嫌なことを無理にするのはストレスになります。セックスはストレス発散や健康維持にも必要なことですから、わざわざストレスをためるようなプレイをするのはおすすめしません。

ですが、お互いに気持ちよく出来るなら1度はしてみて欲しいですし、新しいことをすると発見もあるので無理のない程度で試してみてください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします