初心者がオナニーを楽しむ為の正しいバイブの使い方と選び方

バイブ一覧

今よりもっとオナニーを楽しみたいと思った時に、手軽で簡単に入手できるのはバイブローターが主だと思います。

最近では、おなグッズだと分からないように包装して送ってくれたり、機能も充実して昔より安価で手に入りますから、気軽に購入できることも増えました。

しかし、購入してみたのは良いけど使い方がイマイチ分からないという人や、機能を存分に使えていない人の為に正しいバイブの使い方を紹介していきたいと思います。

バイブをすすめる女性のタイプ

バイブを使用を特にすすめる女の子には大きくわけて3つのタイプがあります。まずはイッたことがなく、今よりもっと感じるようになりたいタイプ、そしてもう1つはクリではイクけど中でイク感覚がまだ未経験のタイプです。

残りの1つは膣トレを目的としている人や、Gスポットによるより深い快感を得たいタイプとなります。この3つ当てはまる女の子にはローターやデンマなどではなくバイブを強くすすめます。

クリトリスが感じやすいようになるのは比較的簡単であまり経験が必要ありませんが、膣内が気持ちよさを得るには経験が必要であり、その感度の深さはある意味では無限です。

バイブは初心者にはハードルが高い?

バイブとなるとローターやデンマと違いオナニー初心者にはハードルが高いように思われがちですが、選び方を間違えなければそんなことはありません。

特にクリトリスや乳首などの開発しやすい性感帯と違い、膣内の開発は男性とのセックスだけで快感を得るようになるには時間がかかることがあります。

そういった点からも、できる限り自分でも開発してみたり、膣内への刺激に対して慣れておくのは、より一層セックスを楽しむためにも必要になります。

Gスポットやクリとの同時責めには最適

他のおなグッズになく、バイブが特化している点はGスポットを刺激できることと、デザインによってはクリトリスなど他の性感帯も同時に刺激できる点です。

そういった点からも初心者だけでなく、中級者から上級者までの刺激や深い快感を得たい人には向いています。

さらに膣イキができるようになる女の子の多くは、バイブによるオナニーではじめてのオーガズムを体験した人が多いということがわかっています。

バイブの種類や選び方

バイブの種類

バイブに種類は色々ありますが、大きさや太さなどを見た上で違いを把握して自分に合うバイブを購入するのが大事です。選んで購入したのは良いが、使ってみたら全然合わなかったということがないようにしましょう。

バイブの形状には大きく分けて3種類ありますから、まずはそれらを把握しておきましょう。

  • 1本型のシンプルなもの
  • クリトリス用バイブ付(2点責め)
  • パール付のもの

上記の3種類になりますが、最近はこれらを混合したものも多くありますから、バイブを選ぶ際には自分が1番責めたい場所はどこなのか?ということを1番重点に置いておきましょう。

シンプルなものは初心者に向いていますが、既にクリトリスで快感を感じることができる人には2点責めできるもののほうが、より深い快感を得られるでしょう。

パーツ付のものに関しては上級者向けとなりますので初心者にはあまり向いているバイブではありません。

バイブの選び方について

バイブの種類に関しては上記で説明しましたが、1番責めたい場所を決めたら次に気にするべき点はバイブの太さ長さになります。

女の子の中には入るかどうか?痛くないか?と気にする人が多いのですが、バイブの大きさについてはは男性器よりも若干大きめのほうが良いです。

膣の入り口が無理なく開くのは、処女の場合が2,5センチくらい、非処女が4,0センチくらいが多いそうです。

大きさや太さに関しては一覧にしておきますので、自分がどれくらいのサイズが合うのが確認しておきましょう。

初心者サイズ 標準サイズ 大きめサイズ
太さ 2.9cm 3~3.9cm 4~4.9cm
長さ 16cm 17~20cm 21~25cm

バイブは通常の男性器よりも大きめに作られていますが、初心者サイズだとかなり小さめだと思っておいても大丈夫です。

それでも怖いという人はシリコン製のものよりもエラストマー製を選ぶと感触がぷにぷにとしているので膣内がデリケートな人向けになります。

機能性に関しては、強弱のパターンと振動のタイプを見た上で合計10パターンもあれば機能的には全く問題ないでしょう。

 

その他・用意するもの

バイブ初心者の人がよく最初の使用でやめてしまう理由としては、濡れなかったという失敗や大きくて膣内に入れるのを躊躇ったということが多いです。

比較的安価な買い物とはいえそういったリスクを避ける為に、初心者の人にバイブと一緒に準備しておいたほうが良いものを記載しておきます。

初心者は拭くものを準備しておく

まず、タオルティッシュは必ず横に備えておきましょう。特に慣れてないで使用した人でもはじめてのバイブで潮吹きしてビックリしたとかシーツがビショビショになったということもあります。

そういったことからも、タオルを敷いてティッシュを備えておくのが良いです。慣れている人でも、バイブはなるべく清潔に保つのが良いのでティッシュや除菌ペーパーなどは準備しておいたほうが良いです。

汚れた場所や指でオナニーはバイ菌の繁殖や性感染症にも結びつきますので、衛生面は特に気をつけておきましょう。

ローション・コンドームがお役立ちアイテム

他にも濡れないときや、スムーズに挿入したいときはローションがとても役立ちます。使用したことがない人はスムーズに挿入できるので最初は驚くかもしれませんww

ローションに関しては「ローションの選び方は?そんな女性におすすめの商品 ベスト30」にオススメのローションも紹介していますから是非ご覧ください。

あと1つ意外と役立つのがコンドームの使用です。バイブにコンドームを被せることでローション変わりにもなりますし、衛生的にも良いです。

コンドームも可愛いデザインのものが多く発売されていますから「中身がバレずに安心!女性におすすめの可愛いコンドーム5つ」をご覧ください。コンドームと分からないようなものがあり、女の子でも購入しやすいです。

最後に

おなグッズはハードルが高いと思われがちで、敬遠されていたりしますが、用途と注意点を把握しておけば意外とそんなことはありません。

むしろ、自分の体を開発するのにとっておきの助っ人だと思って欲しいです。感じない、濡れないなどの悩みは誰にでもありますし、体調によるところも大きいですから諦めるまえに色々と試してみてからでも遅くはありません。

バイブに関して細かいことを紹介したコラムもありますから、是非読んでみて自分に合うものを探してみると必ず役立つでしょう。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします