あなたのおっぱいは何型?形や種類で男が好きなオッパイを知ろう!

なぜ、男はおっぱいが好きなのか?というのは誰もが思うことで、飲み会などでもよく議題としてあがったりもします。その理由は多くの男性がお母さんのおっぱいを吸って育ち、大人になってからもその愛おしさが残っていることで「おっぱい好き」が多いと言われています。

ただ、おっぱいが好きな男性にも「大きさ・形」に対して自分の好みがあり、巨乳・貧乳をはじめ様々な形状をしたものからNo.1を決めることは正直無理です。

しかし、ネットが普及してくれたおかげでいろいろなおっぱいを簡単に閲覧でき、男性が好む大きさ・形というのは集計され、順位を付けることが可能となっています。

そこで今回は「私のおっぱいどうなの?」と感じている女性のために、可能な限り集めたデータからベストオッパイランキングを発表していこうと思います。また、男性は自分がどの形(名称)のおっぱいが好きなのか知るのにも役立ててください。

「オッパイの形・種類」一覧

女性のオッパイには様々な形状がありますが、基本的に全部で9種類あると言われています。これは下着会社など様々な統計から導き出されたもので、サイトによっては5~6種類に分けられたりもしていますが、ここでは全9種類を紹介します。

女性の場合は、自分がどのおっぱいの形・種類に属しているのか確認してみてください。(同じオッパイは存在しないので大体で大丈夫です)

おっぱいの形・全9種類

それでは、おっぱいの種類をそれぞれ画像付きで載せておくので、確認しておきましょう。

皿型 半球型 円錐型(ロケット)
皿型のオッパイ 半球型のオッパイ 円錐型のオッパイ
三角型 釣鐘型 お椀型
三角形型のオッパイ 釣鐘型のオッパイ お椀型のオッパイ
しずく型 下垂型  ヤギ型
しずく型のオッパイ 下垂型のオッパイ ヤギ型のオッパイ

全9種類のおっぱいを紹介しましたが、日本人の女性であれば上記のどれかには属すると思います。ただ、大きさは女の子によって変わってくるので、その辺を考慮したうえで確認してください。

おっぱいの種類別の特徴

画像だけではどのおっぱいに当てはまるのか分からない方もいるかもしれないので、各おっぱいの特徴を紹介しておくので確認してください。

あまりに分からないという場合は、鏡などで自分のおっぱいを横から見てみると分かりやすいと思います。

皿型 トップとアンダーの差がないいわゆるペチャパイ
半球型 バランスが良くボールを半分に切った感じ
円錐型 円錐のような形でロケットとも呼ばれている
三角形 小さいおっぱいに多く横から見ると三角形
釣鐘型 巨乳なのに弾力がある珍しい形
お椀型 お椀を2つ乗せた感じで日本人に多い
しずく型 釣鐘型・半球型が垂れた感じ
下垂型 三角形が垂れてお年寄りに多い
ヤギ型 その名の通りヤギのおっぱいのような形状

以上が各おっぱいの形状になっていますが、下垂型とヤギ型に関しては同じ、釣鐘型としずく型は同じとしているサイトも多いです。

そして私が改めて思ったのは、それぞれの形にそれぞれの良さがあるということでしたw

おっぱい星人という認識はない私ですらそんなふうに思うのですから、世の中の男性の多くは無条件でおっぱいが好きと言って良いでしょう。なので、種類や形で傷付く必要はありません!

男性が好きなおっぱいの形・種類

女の子が気になる「男性が好きなオッパイ」をお伝えしていきます。しかし、その前に断っておきますが、私の主観も多少混じっていること、世の男性陣の好みは多種多様であることはご理解ください。

もし、該当していなくてもあなたのオッパイが大好きな男性も沢山いるはずなので・・。

女性のコンプレックスで実は男性が気にしていない15例』こちらを読めば、男性がオッパイだけで選んでいないことが理解できるはずですw

1位・今も昔も1番人気は「半球型」のおっぱい

半球型・おっぱい

賛否両論ある中、当サイトが男性人気No.1に選ばせてもらったのは「半球型」のオッパイとなります。

半球型を選んだ理由のひとつは、アダルトビデオに出演している有名な女優さんに多い形であることです。「有名=男性人気」となるので、日本人のみならずアジア各国で好まれているオッパイとなります。

また、日本人は比較的小ぶりな女の子が多いので、大きいことだけでも珍しいうえに、弾力のある半球型を維持していることも人気ある理由でしょう。

私、半球型だよ!」という女性がいるのであれば、これからセックスの時など自信を持って見せつけてあげてください!ほぼ100%の男性があなたのおっぱいの虜となるでしょう。

正直に申し上げてこのおっぱいの形が嫌いという男性はいないのではないでしょうか・・それほど人気のおっぱいなので、見ただけでビンビンになるという男性は少なくないでしょう。

2位・日本は珍しい「釣鐘型」も根強く人気のおっぱい

釣鐘型・おっぱい

相当時間を掛けて探しましたが、これだ!というものが見つからず紹介している写真では伝わりにくいかもしれませんが、

ただ、写真のように重力を感じていないのでは?と思ってしまうほど弾力があり、釣鐘の形をしているのが特徴なので、実物を見れば誰でも納得できるはずです。

私のイメージでは、海外のポルノ女優好きの人は大体釣鐘型のオッパイが好きという印象です。これまでに何度か実際に見たことがありますが、その形を維持していること事態「奇跡」と感じたのを覚えています。

しかし、釣鐘型には欠点もあり、若い頃は重力に逆らって維持しされていたとしても、年齢を重ねるごとに垂れてくるのが宿命となります。そうなるといずれ「しずく型」といって乳首が下の方にいってしまいます。

3位・ロケット型で有名な円錐型オッパイ

円錐型・おっぱい

こちらも釣鐘型と同様、日本人では滅多にお目にかかれない貴重なオッパイとなります。ロケットおっぱいと言われることもあるので、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

紹介している写真のオッパイより、更にロケットのような形をしている女の子もおり、映像などでは何度も見たことがあるけど生では一度も拝んだことがないという方は多いはずです。

しかしながら、円錐型の突き出るような形をしている形状は、年々下を向いてくるのは避けられず、下垂型へと変化していきます。

世の男性陣の中には円錐型をNo.1とする人も多いでしょうが「男性が好きなオッパイ」の基準の中には、将来的なことも含んで判断しました。とはいえ、垂れていくのも楽しめたら良いですよね。

男性が嫌いなおっぱいの形

念のため、男性が嫌いなおっぱいの形を紹介してはおきますが、大前提として男がオッパイを嫌いな訳がありません!おっぱいが嫌いな男なんているわけがない!私はそう思っていますw

そういったことを踏まえた上で、あくまで「好まれないオッパイ」として確認してください。

1位・乳首だけあるような「皿型」おっぱい皿型・おっぱい

オッパイ好きが集まるサイトなどをいろいろと確認したところ、皿型(ペチャパイ)が好まれないおっぱい1位となりました。

将来的に垂れることがないというメリットはありますが、胸に乳首が乗っかっているようなオッパイもあり、セックスの時に何か足りない気がする時もあります。

日本の女性には多い形なので、見慣れていることも好まれない理由のひとつかもしれません。しかも、セックス時に洋服を脱がすまでは普通っぽいのに、ヌーブラやパットに隠れていた時は萎える人もいるでしょう。

フォローする訳ではありませんが、当サイトの管理人をしている私は貧乳好きで有名です。まな板のようなぺったんこの貧乳まで好きな訳ではないですが、BやCカップ最高です!

ワースト1位に選んではいますが、私のようなコアなファンがいたるところにいることも忘れずに生きてください。確実に需要のあるおっぱいです。

2位・おばあちゃんみたいな「下垂型」おっぱい

下垂型・おっぱい

個人的な判断では下垂型をワースト1位にしたかったですが、ネット上では全く胸がない貧乳よりも垂れててもオッパイがあるほうがマシみたいです。

少し年齢のいった女性に多く見られるオッパイで、元々ロケットような円錐型をしていた可能性もあります。また、無理なダイエットをした結果、胸に付いていた脂肪が垂れるといったこともあり、下垂型になった原因はいくつかあるようです。

もし、まだ20代そこそこの女の子であれば、筋肉を付けることで下垂型を改善することは可能です。気にしているのなら是非試されることをおすすめします。

また、オッパイだけでなく他に気にした方がいい部分ありませんか?自分では気づいてなくても周りの人から距離を置かれているかもしれませんよ・・。

気になる方は『モテない女性へ!それ、コンプレックスにした方がいいかもよ』を合わせてご覧ください。

まとめ

男が好きなオッパイ」をランキング形式で紹介しましたが、結果を見てガッカリした女の子がいたとしても、あなたのオッパイを好きな男性が世の中には沢山いることだけは覚えておいてください。

ほんとかよ?と思う女性もいるかもしれませんが、マジです。

もし改善しようがない状態だったとしても、内面磨きなど女性として輝けることはいくらでもあるはずです。また、身体だけとってもおっぱい以外に魅力を感じる場所はいくつもあります。

今回の内容はあくまで多数決のようなものなので、そこまで気にする必要はないですからね!

※おっぱい好きに読んでほしい関連記事。

The following two tabs change content below.
管理人
AV業界歴15年以上の中年おやじ。若いころはAVプロダクションで働き、女優のマネージメントに携わる。メーカーや制作会社とは密な関係を持ち、風俗やキャバクラなどの業界とも精通している。