美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分「甘茶」ってなに?

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分「甘茶」

美甘麗茶(びかんれいちゃ)に配合されている代表的な成分「甘茶」についてご紹介させてもらいます。

このお茶に欠かすことのできないものであり、ノンシュガーなのに甘さを引き出してくれる甘味成分に加え、ダイエットするうえで重要となる美容にも良い効果があります。

美甘麗茶の購入を検討しているのであれば是非ご覧になってみてください。

美甘麗茶の成分「甘茶」とは?

美甘麗茶の最大の特徴でもある甘さを引き出している「甘茶」は、乾燥させた葉のことで以前から飲料水に含ませていたことが分かっています。ウィキペディアで詳しく説明していたので引用しておきます。

甘茶(あまちゃ)は、ユキノシタ科の落葉低木ガクアジサイの変種であるアマチャ。また、その若い葉を蒸して揉み、乾燥させたもの。およびそれを煎じて作った飲料。ウリ科のつる性多年草であるアマチャヅルの葉または全草を使った茶も甘茶ということもあるが、前者の「アマチャ」を使った甘茶が本来の甘茶である。

出典:ウィキペディア「甘茶」

実際に購入して飲みましたが、角砂糖をいくつか入れたと感じるほど甘かったです。しかも、甘さだけでなく美容・薬用としての成分としても注目されています。

砂糖を入れたような甘さ

美甘麗茶、甘いのにノンシュガー

デトックスティーは他にも数えきれないほど商品がありますが、ノンシュガーのもので美甘麗茶ほど甘さを感じる商品はないと思います。

その秘訣として甘茶には以下の成分が含まれています。

  • フィロズルチン
  • イソフィロズルチン

これらの成分には砂糖の主成分である「ショ糖」の600~800倍あると言われています。砂糖が含まれていない飲料水として飲むとかなり衝撃を受けるはずです。

抗アレルギー作用

甘茶の抗アレルギー作用

甘茶は美甘麗茶に甘味を与えてくれているだけと思われていましたが、専門的なスクリーニングを行って意外な作用があることが判明しました。

  • 抗アレルギー作用
  • 歯周病原因菌への特異的抗菌作用
  • 抗酸化作用
  • 胃粘膜保護作用及び利胆作用

甘茶にこれほど効果があるのを知った時は驚きでしたが、特に何かしらのアレルギー疾患がある方には重宝する成分だと思います。

これは個人的な意見ですが、昔の人には現代人ほどアレルギーに苦しむ人が少ないと聞いたことがあり、現在より甘茶を多用していたことがアレルギーを抑えていたのでは?と感じています。

美甘麗茶でダイエット効果のある成分

今回紹介した成分だけでなく、美甘麗茶には7つの美容成分をふんだんに配合しています。980円と安い商品ではありますが、失敗したと感じない為にも含まれている成分ぐらいは把握しておきましょう!

美甘麗茶には上記の成分が含まれており、見せかけだけの余計な成分は含まれておりません。購入した女性たちの満足度が高い美甘麗茶を試していないなら、騙されたと思って一度はお試しください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします