美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分 クマザサの効果とは?

クマザサ(熊笹)

Amazonや楽天・ドラッグストアなどでダイエットティーや美容ドリンクを購入するときに、どういった成分が入っているのかはとても気になるところだと思いますが、成分表だけを見てもどういった効果があるのか分からないことが多いと思います。

美甘麗茶(びかんれいちゃ)に入っている成分は甘茶・キャンドルブッシュ・クマザサ・カワラケツメイ・ルイボス・コーン茶・黒豆の7つになっているのですが、その中でも最近よく耳にするのがクマザサ(熊笹)です。

最近ではテレビや雑誌でも注目されていることもあり、クマザサ成分が入っているサプリ青汁歯磨き粉にいたるまで健康商品から美容商品まで様々なものに配合されています。

それだけ注目されている熊笹とはどういった成分が入っており、どんな効果が期待できるのかをまとめてみました。

美甘麗茶に含まれるクマザサとは

熊笹

そもそもクマザサ(熊笹)って何?と思った人に分かりやすく説明すると、動物園などでパンダが延々と食べている葉っぱが熊笹で、熊が冬眠に入る前や冬眠後に食べることから、熊笹と名称がついたという話もあります。

日本ではお馴染みの、お寿司の下・ちまき・だんごなどで使われているのも熊笹で、別名「緑の血液」と呼ばれていたりもします。

古くから日本でも使用され、現在でも健康に良いとされているクマザサにはどういった成分が入っていて、どんな効果があるのかを知っておきましょう。

栄養素・成分はどういったものが入ってるの?

熊笹に含まれている成分で特に効果が大きいとされているのは食物繊維・葉緑素(クロロフォルム)・バンフォリンというササ多糖類といった成分で熊笹には非常に豊富に含まれています。

他にも必須アミノ酸・カルシウム・ミネラル・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンK・フラボノイドなどが含まれていて、様々な効能を持っています。

こういった栄養素を含んでいると、体にはどういった効果が生まれるのか下記で紹介しておきます。

効果や効能を知ろう

熊笹の効果や効能を全て並べると非常に多いので把握するのが大変かもしれませんが、せっかくなので自分が求めている効果があるのか知っておきましょう。

  • 便秘・整腸
  • 抗炎症作用
  • 口臭を予防
  • ニキビ予防
  • コレステロールを下げる
  • 血圧を下げる
  • 胃潰瘍予防
  • 胃炎予防
  • 解毒作用
  • 貧血予防
  • 動脈硬化を予防
  • 抗ガン作用
  • 免疫力の向上

このように非常に多くの効果があり、美甘麗茶(びかんれいちゃ)のHHPでもスッキリ効果と言われているように便秘美容面での効果は非常に期待できます。

昔の人が寿司や団子、おにぎりを包むのに使用していたのも殺菌防腐作用があり口臭や体臭のケアにも役立っていたからとも言われています。

クマザサを飲んではいけない人や副作用

熊笹を飲むと体に良い効果が期待できるのはわかってもらえたかと思いますが、万能薬のような効果が期待できる為、一部の人は副作用やアレルギーに注意しなければなりません。

お米にアレルギーを持っている人は同じイネ科である、熊笹の摂取は一般的な量よりも少ない量で摂取するか、病院に行っている人は医師に相談しましょう。

副作用に関しては血栓症の治療を行っている人でワーファリンという血液を固まりにくくする薬を処方されている方は摂取を避けたほうが良いです。過剰に摂取しなければ大丈夫でしょうが、念のために医師へ相談しましょう。

美甘麗茶でダイエット効果のある成分

今回紹介した成分だけでなく、美甘麗茶には7つの美容成分をふんだんに配合しています。980円と安い商品ではありますが、失敗したと感じない為にも含まれている成分ぐらいは把握しておきましょう!

美甘麗茶には上記の成分が含まれており、見せかけだけの余計な成分は含まれておりません。購入した女性たちの満足度が高い美甘麗茶を試していないなら、騙されたと思って一度はお試しください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします