乳首が黒いコンプレックスを解消してピンクにする方法

乳首の色

女の子にとって乳首の色ってとても気になる事の1つですよね。これまでに何度も相談されたことがあり、元々黒いとか妊娠後など悩みは尽きません。

綺麗でいたいと思うのは女性なら当たり前にもつ感情でしょうし、悩む事で余計なストレスにもなったりすると思います。別に遊んでもないのに「男遊びが激しい子?」と判断されるのも凄く悲しいですよね。

私も調べたり色んな人から聞いてるうちに少しだけ解決方法改善方法が分かったので、多少でも役立つようにアドバイスできたらと思いました。

乳首の色の違い

生まれつきの肌の色に違いがあるのが当然のように、乳首の色にも個々によって違いがあります。肌の色は白いのに乳首が黒いなんて事もあるかと思いますが、基本的には生まれつき肌が黒い人は黒い傾向にあります。

女性ホルモンの分泌が増えると自然とメラニン色素の量が多くなるのですが、これは遺伝も関係しているようです。実は性器の色も関係していて、色素が多い人ほど濃い色になるようです。

基本的にピンク色の乳首というのは白色人種に多く、黄色人種には少ないといわれています。一連の説明を受け入れた上で少しでもピンクの乳首を手に入れる方法をアドバイスしていこうと思います。

なぜ乳首は黒くなるのか?

クエスチョン

生まれつきの色素をのぞいたところで、乳首が黒くなる理由は以下の4つとなります。

  • 紫外線の影響
  • 摩擦
  • 妊娠・出産・授乳
  • 加齢により女性ホルモンの働きが低下している

ほとんどがこの中の理由であり原因です。思い当たるふしがあれば解決策もありますから、自分がどれに当てはまるのか考えてみて下さい。

せっかくの機会ですし、私もできる限り原因と対策を書いていこうと思います。

紫外線対策

紫外線というのは服を着ていても少なからず影響を受け、実は歩いてるだけでも目は紫外線の影響を受けてしまい細胞がダメージを負います。これにより脳が「メラニン色素を生成しろ」と命令を出すことで乳首が黒くなるのです。

対策としては、紫外線の強い日はサングラスをすることで軽減でき、ハットなどを合わせると更に良いです。

摩擦による影響

衣類の摩擦により皮膚を守ろうとメラニンが過剰に生成されてしまい、脳が本能的にサインを出し乳首を守ろうとしてしまいます。

この結果、少しずつ乳首が黒くなってしまいますが、対策としては服の素材を綿100%にしたり、自分に合ったサイジングの服を着ると多少軽減されるようです。

妊娠・出産・授乳

女性が1番悩むのは「妊娠・出産・授乳」ではないでしょうか。妊娠したら乳首が黒くなるから嫌だというのは、男でも聞いた事がある人も多いでしょう。

赤ちゃんが吸うことにより、その吸引力に負けないようにメラニン色素を乳首に集めるようです。摩擦と同じような理由なのですが、ほとんどの人は授乳が終わると元に戻ります。

ずっと黒い・・と思ってるのは思い込みによるものが多いようです。昔はもっとお尻が上に上がってたとか、顔にハリがあったと思ってしまうのと同じですよね。

加齢による黒ずみ

加齢による黒ずみの原因は新陳代謝が悪くなる事にあります。男女共に年齢を重ねごとに代謝は落ち、老廃物を排出する機能が鈍くなるわけです。

肌が再生するときに自然にはがれる古い角質や、メラニン色素が蓄積することで黒ずんでいくことになります。割れた爪が治りにくい、かかとが角質でカサカサというのも同様の理由となります。

どうしたら乳首がピンクになる?

最近はニップルケアというレーザー治療により色素量を減少させる方法や、メラニン生成を抑えるクリームが売られていますが、これでは乳首が不自然な色になってしまう可能性があります。

自然なピンクにするには以下の2つしか方法ないと思います。

  • 1つは代謝を良くしメラニン色素の排出を促す
  • メラニン色素の生成を抑える

この2つになるのですがせっかくなので両方を紹介してみたいと思います。

メラニン色素の排出をスムーズに

保湿

メラニン色素は新陳代謝によって排出されます。代謝が落ちる理由としては加齢・ストレス・運動不足・睡眠不足によるものが大きいです。

生活習慣の乱れや食事のバランスで随分変わりますし、軽い運動を加えると代謝は上がります。代謝が上がると同時にカロリーを消費するカラダにもなるのでダイエットにもなります。

中でも睡眠は大事です。寝ている間に成長ホルモンの分泌や肌細胞の入れ替わりが行われるので、意識して睡眠をとり、肌の代謝には1番欠かせない水分を摂ると良いでしょう。

これは保湿効果にもなりますから、乾燥肌の人も多めの水分摂取はおすすめです。

メラニン色素の生成を抑える

ビタミンC

メラニン色素の生成で色が黒くなるというのは理解してもらえたかと思いますが、生成そのものを抑える方法もあります。

これにはビタミンCポリフェノールが効果的です。女性でしたらビタミンが身肌に重要なことは耳にした事はあると思いますが、さらに抗酸化物質を含む食事をすると効果抜群になります。

抗酸化物質は肌の老化を防ぎますし、シミなどにも効果があります。ポリフェノールが多く含まれる食品だとブルーベリーが有名ですが、カカオや赤ワイン、大豆、リンゴなどもあります。

ビタミンは空気に触れるととても弱いのですが、ポリフェノールは熱にも強いという特徴があります。ビタミンCに関しては言わずと知れたレモンという王様がいますから、摂取するのも簡単だと思います。

ドラッグストアなどで売っているサプリメントも安価ですから、手に入れやすいので試してみる価値はあると思います。

最後に

難しい説明もあったかと思いますが、私なりに乳首が黒くなる理由と解決方法を紹介しました。

カラダの悩みを全て解決するのは難しいですけど、少しでも改善すると気分もよくなり、ホルモンも活発になり健康にも良いです。そして、それが結果的に綺麗になることに繋がりますから是非試してくださいね。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします