100%騙されない!優良なAVプロダクションの選び方

AVプロダクションの選び方

AVプロダクション選びで失敗しない為に、様々な視点からアドバイスしてきましたが本記事は本題となる「プロダクションの選び方」について教えていきます。

検索でこの記事に辿り着いた女の子は『AVプロダクションの選び方次第で9割の女優人生が決まる』で紹介しているものも一緒に読むと、よりお役に立つことができると思います。

もし、読んでいて書いてある事の意味が理解できないのであれば、LINEの無料相談窓口があるのでそちらまでメッセージください。

顔バレは?単体・企画?AV女優像は?

顔バレは?単体・企画?どのようなAV女優になりたい?

AVプロダクションを選ぶことからはじめるのではなく、まずはあなたがどのようなAV女優になりたいのか考えることが先決となります。

仕事した事がないと想像できないかもしれませんが、既に活躍している「あの女優みたいになりたい!」というぐらいで大丈夫です。

単体女優・企画女優のギャラ』で伝えている通り、はじめにどう売り出すのか?これ選択であなたの女優人生は全く違うものとなっていきます。

仮に何も考えていない状態でプロダクションに所属してしまうと、事務所の独断と偏見で事が進んでしまいます。しかし、あなたの未来予想図が少しでもあれば、それに近づけるための戦略を立てていくのであなた自身のやる気にも繋がります。

大きな分かれ道「顔バレOK・顔バレNG」

スカウトをしていた時の目線だと「顔バレ」がOKか?NGかでAV女優として仕事をしていくうえで、販売方法や1本あたりのギャラにまで影響してきます。参考程度に比較をご覧ください。

メリット デメリット
顔バレOK
  • 販売数が伸びギャラ増
  • メディア露出で知名度アップ
  • 出演依頼増でギャラ増
  • 引退後の芸能活動がしやすい
  • なし
顔バレNG
  • 親や知人にバレにくい
  • 販売数が伸びずギャラ減
  • 露出が制限され知名度なし
  • 出演依頼減でギャラ減

上記の比較はあくまで私なりの考えなので、実際に違った結果となることも考えられます。

プロダクションごとの強みを知る

あなたに合ったプロダクション選び

顔バレやなりたい女優像がある程度固まったら、次は「あなたのパートナーとして適したプロダクション選び」となります。

コトバで書くだけだと簡単ですが、このポイントが最も難しいかもしれません。ただ、全て分野において100%適したプロダクションはなく、それぞれに強みとなるものを持っています。

一応、見分ける方法をお伝えしますが、あなた一人でこの問題をクリアするのは難しい場合や、行き詰った時などはお気軽に相談してください。

所属している女優を確認する

小規模なプロダクションの場合は見分けるのが難しいですが、大手プロダクションであれば所属しているAV女優を確認して、どういったプロデュースが長けているのか見分けることができます。

では、実際に存在するプロダクションを例に調べてみましょう!今回、検証させてもらうのは「ファイブプロモーション・ティーパワーズ」の2社とさせてもらいます。

※単体・企画単体・企画と分かれていますが、人によってその区分け方に違いがあります。これから説明するのはあくまで私の意見なので、プロダクションが公表しているものではありません。

 

▼ファイブプロモーションの一押しAV女優

初美沙希(ファイブプロモーション)
  • 女優名:初美沙希
  • 区分け:企画単体・企画
  • タイトル数:689(DMM)
蓮実クレア(ファイブプロモーション)
  • 女優名:蓮実クレア
  • 区分け:企画単体・企画
  • タイトル数:357(DMM)
AIKA(ファイブプロモーション)
  • 女優名:AIKA
  • 区分け:企画単体・企画
  • タイトル数:222(DMM)

画像の出典元:ファイブプロモーション公式HP

AV女優の在籍数が多くて有名なファイブプロモーションですが、企画単体・企画の女優が多く感じるので「単体より企画のプロデュースが強み」と判断できます。

 

▼ティーパワーズの一押しAV女優

RIO(ティーパワーズ)
  • 女優名:RIO
  • 区分け:単体
  • タイトル数:590(DMM)
小澤マリア(ティーパワーズ)
  • 女優名:小澤マリア
  • 区分け:単体・企画単体
  • タイトル数:397(DMM)
RION(ティーパワーズ)
  • 女優名:RION
  • 区分け:単体
  • タイトル数:222(DMM)

画像の出典元:ティーパワーズ公式HP

私がスカウトの時から有名なプロダクションでしたが、RIOや小澤マリアがデビューした頃から一気に知名度が上がりました。所属タレントから分かる通り「単体のプロデュースが強み」と判断できます。

プロダクションの公式HPを確認する

それぞれのプロダクションの公式ホームページを確認することで、様々な情報を取得することが可能です。気になるプロダクションがある時は、まず公式HPをチェックして以下の情報を仕入れましょう。

  • 会社規模
  • 所属女優
  • イベント情報
  • その他の活動

当たり前の情報のように思えるかもしれませんが、上記のことからあなたが所属したと仮定した時に、どのような扱いをしてくれるかある程度想定する事ができます。

更新頻度が低いプロダクションであれば、女優のプロデュースにあまり力を入れていないことが分かりますし、テレビや写真集の情報が沢山あるのであれば、そういった取引先とのパイプがあることも把握できます。

意外に見落としがちなことですが、気になるプロダクションがあればしっかり確認しましょう。

プロダクションの評判は気にしない

ほとんどの女の子がスマホを所持する時代なので、プロダクション探しに最も利用されるのが「SNSや掲示板の口コミや評判」です。私もたまに閲覧することがありますが、正直、業者と思えるような書き込みが多く、あまり参考になるような情報は得られません。

また、評判サイトには以下のような習性があります。

会社規模が大きくなれば悪評も比例して増える

AVに限った事ではありませんが、芸能人などでも有名になればなるほど叩かれる確率は増えていきます。逆にHPを見て会社規模がそんなに大きくないのに、悪評ばかり多いのであれば本当かもしれません。

電化製品などの評価サイトは役に立ちますが、AVでは基本的に参考になりません。

プロダクション2.3社を選定する

プロダクションの選択

どういった女優になりたいか?自分に合ったプロダクションはどこか?この2点をクリアできたら、所属前の最終段階となります。ただ、この時点で焦って電話して面談などは行わないでください。

もし、プロダクション事務所に面談に行ってしまうと、プロの面接官に良いように丸め込まれてしまい、しぶしぶ所属契約を結ばされてしまう恐れがあります。

面談する前に電話で確認する

とりあえずプロダクションごとに募集専用もしくは会社の電話が設置されているので、不安に思っている内容をメモ帳などに書き留めて、直接電話で確認するようにしてください。この時に注意することを教えておきます。

  • 質問した事にしっかりと答えてくれる
  • 募集専任の担当者がいる
  • 調べた情報と大きな違いがない

仮に電話したプロダクションが上記に反している場合、個人情報などは伝えずにお断りしてください。

電話して数社に絞り込む

直接プロダクションに電話で確認をして、対応など不満に思う事がないところを数社に絞り込みます。電話しているうちに気づくとは思いますが、良いところ悪いところの区別ができるようになるはずです。

そうして絞り込んだところから1社を選ばなくてはいけませんが、大げさに言えばあなたの人生を任せるAVプロダクションを選ぶことになるので、「あそこが良さそうだった」程度で選ぶのはやめておきましょう。

では、最終的な決断はどうすれば良いのか?

その決断する悩みを当サイトに相談してください!間違いなくあなたより知識があり、業界の隅々まで理解しているので絞り込んだプロダクションへのアドバイスはできます。私からおすすめすることはないので、検討しているところの裏情報なども合わせてお伝え出来ると思います。

もし、私のアドバイスで最高のプロダクションに所属でき、AV女優になって良かったと思えたのであれば、同じような悩みを持った女の子を一人でも救うために「SNSで紹介」などしてもらえるだけで充分です。

以下の画像をクリックすればLINEの登録ができるので是非お待ちしています。

悩める女の子の為の無料相談所

最後に

選び方次第でこれからの人生にも影響することなので、長ったらしい文章で紹介しましたが全て大切なことであり、長年関わってきたアダルト業界にいたからこそ得られた知識です。

「プロダクションの選び方」に関連する記事は5本立てで紹介しているので、まだ他を見ていたない子は必ず見てくださいね!

  1. AVプロダクションの役割とは
  2. AVプロダクション選びを間違えてしまうと?
  3. プロダクションの規模は「大きい・小さい」どちらがいい?
  4. AV女優求人・高収入募集サイトはおすすめしない
  5. AVプロダクションの正しい選び方

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします