旦那デスノートに利用価値ある?ウザいと感じるのは私だけ?

旦那デスノート

自殺して欲しい、今すぐ死んで欲しいなど旦那への不満を書き込む掲示板サイト「旦那デスノート」。

2015年にサイト開設されて以降、急速に利用者数を伸ばし、先日確認した時点では1日のアクセスが5万ほどのマンモスサイトになっていました。

背筋の凍るような書き込みがほとんどで、旦那への不満がある主婦たちにとっては見応えのあるサイトだと思います。しかし、旦那デスノートを利用することによって何か得るものはあるのか?

男ではありますが、私には利用価値があるようには感じられませんでした。決して誹謗中傷する訳じゃないですが、利用前、利用中の主婦たちに伝えたいことを記しておきます。

興奮度10倍のオナニーできます

無料で見れるアダルト動画はもちろんコスパに優れています。しかし、興奮度だけいえば「エロVR動画」に勝るものはセックス以外ないかもしれません。無料サンプルなどもあるので未体験の方は是非。

※お試し無料動画あります。

旦那デスノートとは?

旦那デスノートとは、少年漫画で人気となった「DEATH NOTE」の内容を模した掲示板サイトです。デスノートに見たてた掲示板に旦那への不満を投稿する仕組みで、投稿内容は「死んで欲しい」など過激なものばかりです。

サイト開設は管理人のトラウマから

旦那デスノートとは?出典:旦那デスノート

旦那デスノートの運営者にインタビューしているサイトがあったので、まずはそちらの内容をそのまま引用しておきます。

サイト運営者の“死神”さんは、30代半ばの独身男性だ。

「現在、サイトに登録している会員は約1万人。投稿を含む1日のアクセス数は5万ほどです。投稿に対するコメントは、誹謗中傷やネガティブな内容のものについては、ぼくが全部削除しています」

子供の頃、母から父の悪口を聞かされて育ったトラウマとホスト勤務の経験から妻向けサイトを立ち上げたという。(以下省略)

出典:NEWSポストセブン

サイト運営者は30代の男性で、幼少期に受けたトラウマが理由でサイトを立ち上げたそうです。

しかし、悪口を言っていた母親がトラウマになっているのであれば、逆にそのようなことを無くしたいと思うのでは?と感じましたが、管理人さんはそのトラウマを他人にも広めるかたちをとったのでしょう。

テレビで放送できないほど過激な投稿

テレビで放送できないほど過激な投稿

先日、旦那デスノートが話題になっていると地上波のニュース番組で放送していました。ただ、内容が過激すぎて地上波では放送できない旨が説明され、唯一控えめな投稿だけが紹介されることに。

放送できないってどんだけ?っと確認してみると…

「嫁を風俗で働かせる夫」

あなたと出会って2年6ヵ月
私は風俗嬢2年目になりましたね。中3小4小1と子供が3人。私と前の旦那との子供の小学生二人と過ごせる時間なんて全然ないよ。それに3月に生んだ女の子は里子にだしましたね。私は生まれる2日前まで風俗で働いたんだよね。あなたに私の気持ち分かる?一人で生んで、退院と同時に里親に託して一週間でまた風俗に戻る。月に25日は風俗店で勤務。(以下省略)

「永眠」

2016年4月28日
やっと旦那が死んでくれました。
お酒を飲み、そのまま倒れ、そのまま逝きました。

上記以外にも更に過激な投稿が沢山あり、確かにこの内容を地上波で放送するのは無理ですね。というか、それらの投稿をしている主婦がこんなにもいるのか?とちょっと恐ろしくなりました。

旦那デスノートを見た人の感想

はたして「旦那デスノート」を利用したことがある人はどのような感想を持ったのか?リアルタイムの意見を聞けるツイッターで確認してみました。

ショックを受けている男性(女性含む)が多い

私もいくつかの投稿を見ていて「怖さ」と「悲しさ」を覚えました。全員じゃなくてもほとんどの夫婦が愛し合って結婚したのに、なぜ殺意が芽生えてしまうのか?

これから結婚していくカップルたちにはエグイ内容ですよね…

旦那デスノートに否定的な意見

旦那デスノートの存在に対して敵意むき出しの方が沢山いました。家庭や奥さんのことをちゃんと考えている男性にしてみれば、サイト自体の存在がウザったいのは当然のことでしょう。

それを分かっている女性であれば問題ないでしょうが、投稿されている内容に感化されてしまうことだってあるでしょうから。

旦那デスノートに必要性を感じない

「旦那は死んで欲しい」などと投稿している女性には申し訳ないですが、この世の中に旦那デスノートの必要性を1mmも感じません。

男女どちらにもメリットなし

旦那デスノート 男女どちらにもメリットなし

投稿している女性は本当に死んで欲しいと思っているんですかね?仮に本当に思っているならすぐに離婚した方が良いのではないでしょうか?

子供の問題とかあるから嫌でも我慢してんだよ!

そのように反論されそうですが、旦那さんことを必要としていない態度を子供に見せ続けたり、このサイトの管理人さんのように子供の時に受けたトラウマを抱かせてしまう…そうやって負の連鎖にしかならないと思います。

子供の頃、母から父の悪口を聞かされて育ったトラウマとホスト勤務の経験から妻向けサイトを立ち上げたという。

インタビュー記事からの抜粋ですが、旦那デスノートを開設した理由は母親の影響と言っています。この管理人さんと同じトラウマを子供にも負わせ、大人になった時にまた利用者のような投稿をしてほしいですか?

また、男性が利用することはなくても「自分の嫁さんが見てたら…」と不安が募ってしまうため、サイト自体ない方がお互いのためです。

利用価値が見いだせない

ネットにあるサイトを利用するのは何かしらのメリットがあるからです。ヤフーであれば最新ニュース、アマゾンならお買いもの、当サイトであればエッチな情報など、サイトそれぞれに必ず役割のようなものがあります。

しかし、旦那デスノートはユーザーに何を提供したいのか全く理解できません。

もし、投稿している女性が本当に抹殺したいと考えていたとしても、掲示板に投稿された内容を見て得する人はいません。

というより、その情報を見て無駄な共感をしてしまうデメリットしかないため、信憑性の低い2チャンネルのような存在だと思っていた方が良い気がします。

加藤浩次の発言が注目されているが…

マルチタレントの「加藤浩次」さんが、旦那デスノートについてニュース番組で以下の発言しました。

これ、よくよく考えたら旦那のほうが悪いんですよ。男って、無自覚な加害者であることがあるんです。自分では自覚していないのだけど、相手を傷つけたり、嫌な思いをさせてしまうことがある。

そのときに『結婚したんだからしょうがないだろ、お前もついてこい』って言ってしまうことが、こういった不満に繋がっている。旦那が変わらないとダメですよ、結局は

このような発言をすれば当然、好感度が上がることぐらい本人も理解していたはず。まんまとそのニュースを見た視聴者からは…

確かに、加藤浩次さんの言っていることは正論だと思います。もちろん、旦那さんが無神経なところは改善すべきだし、奥さんのことをもっと敬うべきとも感じます。

ただ、だからといって「旦那デスノート」の存在とは全く関係のないこと。

そもそも、マスメディアが取り上げるような話題ではないし、2チャンネルのようなサイトに対して加藤浩次さんが真面目に発言する意味が分からない。「死んでくれ、自殺しろ」などと投稿されているような悪影響しかないサイトなのに…

ほんと最近のテレビは情報操作が酷過ぎる。

まだ「俺の嫁が可愛い」を見た方がいい

旦那デスノートが話題になったこともあり、旦那さんや嫁さんの良いところを褒めるサイトが登場しました。便乗商法であることは確実でしょうが、個人的な意見としては旦那デスノートを利用するよりよっぽどメリットはあると思います。

誹謗中傷が大好きなネットユーザーには面白くないので、そこまで盛り上がることはない?と予想してますが、利用して嫌な気持ちにはならないので是非w

まとめ

要は「旦那デスノート」が注目されるのは非常に不愉快です。投稿しているのはごく僅かな女性であり、アクセス数が微妙になってきたら”サクラ”の投稿も増えていく可能性だってゼロではありません。

旦那さんに死んで欲しいと思っている女性も中にはいるでしょうが、いちいち不特定多数の人に公開せず自分で解決してください。

最後に、今回述べたことはあくまで個人的な意見なのでノークレームでお願いします。