遅漏を女性のせいにする男性に身の危険を伝えてあげよう

彼が遅漏

男性の大きな悩みでもある早漏・・これは昔から変わりませんが、逆に女の子にとっては遅漏よりも早漏のほうがマシだという意見のほうが多いように感じます。

「長過ぎると疲れる・アソコを舐める時間が長くて顎が・・」といった女性が多く、男女では悩みが違っているようです。

今回お伝えするのは「遅漏」についてですが、彼がなかなかイッてくれない場合あなたはどう思いますか?もしかして自分のカラダやテクニックに問題が・・なんて感じているのではないでしょうか。

そんな悩みで本来楽しいはずのセックスがつまらなくなるといけないので、少しでも解消してもらう為に「遅漏のすべて」を紹介していきます。

遅漏とは

一般的に女性目線で考えると「私の膣内が気持ち良くないのかも・・」と考えがちですが、そもそも遅漏とは何なのか?説明していきたいと思います。

自慰行為のし過ぎによる男性性器の感覚低下だといわれている。メイルレイプをされた等の性的なトラウマを抱えている場合や、子供の頃に行き過ぎた純潔教育を受け性行為を不浄なものと考えて深層心理でブレーキをかけている場合が多いといわれる。

また、抑鬱状態や神経症あるいは薬物(アルコールその他)によって、または糖尿病などによる皮膚感覚の低下によって起きることがある。

出典:ウィキペディア

科学的に解明されてはおらず、オナニーなどとの因果関係も100%正しいかどうかは誰も分かりません。

遅漏の原因は女性に関係ない

「あの女だったからイケなかったよ」という男が多く感じますが、そのほとんどは自分の遅漏が原因でオーガニズムに達していません。

男女ともにあまり知られていませんが、遅漏の男性は「膣内射精障害」という病気である可能性があります。この病気は通常の男性よりセックス行為での感度が悪く、挿入してもフェラしても気持ち良くない・・といった症状のようです。

悩んでいる数だけで言えば「早漏」の方が明らかに多いでしょうが、膣内射精障害は不妊などに繋がる病気の為、早漏より深刻化するケースは多くなります。また、この病気の症状が見られるのは日本人に多く、オナニーをするためのアダルトビデオが充実しているからだとも言われています。

したがって、彼とのセックスで頻繁にイカないことが多い場合、自分のせいとは思わず「治療を勧めてみる」のも愛情だと思います。

女の子が出来ること

遅漏の解決方法

いつもはそんな事ないのに、今日は元気がない・彼が全然イカないといった状況なら、体調による原因である可能性もあります。

女の子も毎回濡れ具合が違うように、男性も微妙な体調の変化が出るときがありますから、疲れがたまっていたり睡眠不足だと、どうしても下半身の調子というものは悪くなるものです。

もしも最近イクのが遅いとか、硬さが感じられないというならば、普段とは少しシチュエーションを変えてみたりだとか、下着を変えてみるなんて事も良いと思います。

ほとんどの男性は「早くイク」という事がダメな事だと思っています。ですが、度を過ぎると女性側もキツイですし、身体的な負担も相当かかります。ですから、「気持ち良いなら我慢しないでイッていいよ」という雰囲気を出してあげると、男にとっても気楽にセックスが出来るようになると思います。

医療機関での対処法

遅漏で悩む男性は精神科心療内科に行く場合が多いです。精神的に何かトラウマを抱えてたり、女性に対して過度の潔癖性だったりと原因は様々で、早期に改善するのは難しいようです。

対処法は医師によっても違い、投薬が必要な場合もありますので信頼できる機関に相談出来るのが良いでしょう。特に男性は行きつけの病院や信頼できる医師などがいる人は少なく、評判などから良い病院をアドバイスしてあげるのも助かるはずです。

最後に

男にとって生殖機能が異常かも?というのはやはりプライドに関わる問題であり、中々現実を受け入れることは難しい事だと思います。

実際に私がその立場になった場合は「本当か?」「まさか俺が?」といった気持ちになるでしょうし、そもそも遅漏が病気と関連していることを認めないかもしれません。

もし、彼がイカないことが多いのであれば、普段と変わったプレイなどすることも大切なことですが、まずは医療機関で診察してもらいましょう。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします