デリケートゾーンが痒かったりニオイがあると性病の可能性大

デリケートゾーンの悩み

女の子の悩みには季節によって変化することもあります。冬は乾燥が気になりますし、夏は蒸れるし・・男でも肌トラブルはあったりしますが、女性はその何倍も気を使っているはずです。

私も出来るだけ若々しくいたいので、サプリを飲んだりお風呂を出た後の乾燥対策にも気を使ってますが、デリケートゾーンに関して気を使ったことはほぼありません。

アソコの問題は女性特有の悩みですあり「男性にはない悩みの1つ」ですが、もし、かゆみや臭いなどがあってほったらかしにしているのであれば、大きな病気になる前に読まれることをおすすめします。

デリケートゾーンとは

デリケートゾーンとは、分かりやすく言えば「マンコ付近(女性の外陰部)」のことを指しています。

かけない気にしているそぶりを見せられない、非常に「デリケート」な部位であり、また実際に粘膜が多くて敏感な部位ということもあり、そのような呼び方をしているのだと思います。

かゆみという点では、女性より汗をかく男性の方が悩んでいそうですが、実際は女性が悩んでいる方が圧倒的に多い実情があります。

女性のほうがデリケートな理由

分かりやすく言うと、単純に女性のほうがトラブルになる要因が多いことにあるのですが、その理由として最大の原因は生理現象にあります。

生理によりおりものが増えたり、蒸れたりすることがトラブルの原因になるのですが、そこから感染症を引き起こしたり完治しても再発しやすい病気になることがあります。

皮膚が薄く外部からの刺激に弱いという特徴もあり、特に夏場は蒸れやすく注意が必要です。

デリケートゾーンの悩みランキング

女の子の悩みが多いデリケートゾーンのランキングを作りました。いくつかのサイトでアンケートを見て統計をとった結果となります。

1位 ニオイ
2位 黒ずみ
3位 かゆみ
4位 かぶれ
5位 湿疹

おそらくどの悩みも体験したことがあるのではないですか?皮膚が薄く、構造も入り組んでいるため、分泌液がこびりついた「恥垢(ちこう)」という垢が溜まることでニオイを放ちます。

大陰唇にはアポクリン腺という汗腺も多く分布しているので、ワキと同様放っておくとニオイを放ちます。そのくせ、デリケートなので洗いすぎると赤みが出たりかぶれたりするから厄介です。

知り合いの産婦人科医に聞いたところ、石鹸やボディソープを直接よりは、洗顔同様に泡立てネットで泡立ててから指の腹を使って洗うのが良いそうです。それでもニオイが気になったり、かゆくなるという敏感な女の子はデリケートゾーン専用の石鹸を使ってみるのも良いと思います。

気になる感染症

女の子が1番気になるのは、何か病気になっているんじゃないか?という心配でしょう。1番多いのはカンジダ膣炎だと思いますが、他にもクラミジアバクテリア感染などがあります。

ニオイを放つ病気としては子宮頸がん・子宮内膜症・淋病・細菌性膣炎・トリコモナスなどがありますが、これらに関しては自覚症状もあることが多いので、身体に明らかな異常が出てくるでしょう。

デリケートゾーンは体調やホルモンバランスの崩れが敏感に出る場所ですから、トラブルが置きやすく病気にもなりやすいです。

カンジダ膣炎の症状と対策

カンジダ膣炎は性交渉がなくてもかかる病気で、女性の膣内にもともと生存する「カンジダ菌」というカビが異常に増殖することによって発症します。

血糖値の高い糖尿病の人はなりやすく、更にストレスや過労による免疫力低下でも菌が増殖します。風邪などの病気による抗生物質でも善玉菌が除菌され、結果的にガンジダ菌が増殖することもあります。

カンジダ菌が増えるとニオイもあって膣が炎症してしまいますが、男性に感染することはほとんどありません。ただ、自身の身体に負担をかけるのでセックスは避けたほうがいいでしょう。

フェミニーナなどの市販の錠剤や塗り薬もあり、比較的対処しやすいですが、完治しても再発しやすく何度も発症することがあるので、出来るだけ快適にしてストレスをためない事が再発防止となります。

デリケートゾーンの悩みは相談しよう

清潔な下着

デリケートゾーンの悩みは男では分からない事のほうが多く、分かる事といえば暑くて蒸れてかゆいというくらいです。

セックスしている時に明らかに臭ったりする以外、男がその悩みに気づくことはほとんどないので、大切な人であれば打ち明けることが悩み解消に繋がることもあります。

彼が認識することでセックスする時に配慮してくれたり、臭いを感じた時の理解度には大きな違いが生まれてくるはずです。

もし、相談することがどうしてもできない時は、当サイトの『LINE相談窓口』や病院などに相談してください。一番いけないのは放置することなので、必ず解決するようにしてくださいね!

最後に

女性特有の悩みで男性には分からない事が多いですが、ニオイやかぶれであれば見て気づくことができ、それがセックスの時であれば少し抵抗を感じてしまいます。

体調やホルモンバランスの崩れで起きることでもありますから、全ての原因を絶つのは難しいかもしれません。しかし、清潔に保つことで極力トラブルを避ける事にも繋がりますので、日頃から気を使っておくことが大事でしょう。

あまり悩みすぎてもストレスになりますから、洗顔や化粧のように日常のケアとして心がけておくと良いかと思います。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします