日本のヌケる映画!エロい濡れ場&ベッドシーンランキング20

有名女優多数!エロい濡れ場・ベッドシーンのドラマ&映画まとめ

エッチな妄想だけでオナニーできてしまう女性のためにエロい「濡れ場・ベッドシーン」のある映画やドラマをまとめました。

映画以外では絶対に見ることのできない有名な女優さんが出演しており、ベッドで演技をさせたらAV女優さんには真似のできない圧巻のエロさを感じることができます。

また、妄想が大好きな女性にとってはAVのような単調なストーリではなく、最初から最後までしっかりとのめり込める内容が堪らないはずです。

さすがに濡れ場シーンのある映画を全部見るのはしんどかったので、自分が見たことない作品に関しては他でまとめているサイトを参考にし、はてながーる独自の評価をしてあります。

21作品紹介するので最低21回はオナれると思いますよw

と、その前に・・

有名人つながりでAV業界で人気のある女優さんとセックスしたくないですか?そんな夢のような体験をできるのが「アダルトVR」で、はじめて体験した時は本当に目の前にいるAV女優とセックスしている錯覚になりましたw

ただ、視聴方法など普通のAVとはちょっと違うので、興味ある方は以下の記事もしくは特設ページをを参考にしてください。

 

濡れ場のある「映画&ドラマ」日本の名作

それでは早速「濡れ場・ベッドシーン」のある映画(一部ドラマ)を紹介します。こんなにオナニーコンテンツが沢山あったとは…と思えるぐらい、日本にはエロい名作映画があったことに感激しました。

ひとつだけ忠告しておきますが、同居人がいる方はなるべく一人の時にご覧ください。内容が”ほとんどエロ”の作品もあるので目的がバレますよw

※おすすめ順ではないので、できれば最後までご覧ください。

市川由衣「海を感じる時」

市川由衣「海を感じる時」
作品名 海を感じる時
公開日 2014年9月13日
ヒロイン 市川由衣
出演者 池松壮亮
監督 三浦誠己・中村久美 他
作品の評価 ★★★★★

濡れ場シーンで数ある映画の中でも「海を感じる時」はトップクラスにエロい作品だと思います。

まず、市川由衣がここまで脱いでること自体奇跡なことで、美少女好きの方からすればその辺のアダルトビデオよりよっぽどヌケるはずです。グラビア写真でもおかずにできるぐらいの女優さんなので、おそらくこの作品を超える濡れ場はそうそう出てこないでしょう。

また、脱いでガッカリする女優さんが多い中、市川由衣の全裸は男性なら必ず興奮するエロいカラダです。ネットでも画像は沢山落ちていますが、映像で見る彼女は絶対に拝んでおきましょうね!

沢尻エリカ「ヘルタースケルター」

沢尻エリカ「ヘルタースケルター」
作品名 ヘルタースケルター
公開日 2012年7月14日
ヒロイン 沢尻エリカ
出演者 大森南朋・綾野剛
監督 蜷川実花
作品の評価 エロ度:★★☆☆☆

沢尻エリカがテレビにあまり出演できなかった時期に「おっぱいをさらけ出した」ことで話題となった映画です。おそらく、この作品がきっかけとなり、最近はテレビで良く見かけるようになった気がします。

また、この映画の魅力である沢尻エリカの半裸以外に、彼女を支える豪華すぎるキャストもおすすめしたいポイントです。ただ、期待値が大きすぎたこともあって、体験者のレビューはそこまで高くありません。

普段見慣れないおっぱいを見たい方にはおすすめですがw

門脇麦「愛の渦」

愛の渦
作品名 愛の渦
公開日 2014年3月1日
ヒロイン 門脇麦
出演者 池松壮亮・滝藤賢一 他
監督 三浦大輔
作品の評価 ★★★☆☆

今ではドラマの主役を張るような女優「門脇麦」と、同じく名俳優の「池松壮亮」らが乱交パーティーで愛が生まれるのか?コトバではなくカラダ同士で語り合う感じです。

それぞれに違う人生がセックスを通して混じりあう様は、ヌケるエロさがいくつもありながらも、しっかりと最後まで見てしまうストーリー性があります。三浦大輔さんの作品は総合的に評価が高いので、まだ見てない方は是非!

黒木瞳「失楽園」

黒木瞳「失楽園」
作品名 失楽園
公開日 1997年5月10日
ヒロイン 黒木瞳
出演者 役所広司
監督 森田芳光
作品の評価 ★★★★☆

熟女で最も人気のある「黒木瞳」さんの代表作で、30代以上の方なら一度ぐらいは見たことがあるはずです。濡れ場女王と異名を持つほど、映画とはいえ本気のエロすぎるセックスを堪能することができます。

決しておっぱいが大きい訳じゃないですが、太すぎず細すぎず、男性なら誰しも興奮してしまう裸がやはりヌケる魅力なんでしょうね(笑)

また、失楽園にエロのみを求めるのは間違いです。最終的にハッピーエンドとはならなくても、役所広司と黒木瞳が描く男女関係には少し憧れのような感情を持ってしまう方もいるはずです。

壇蜜「私の奴隷になりなさい」

私の奴隷になりなさい
作品名 私の奴隷になりなさい
公開日 2012年11月3日
ヒロイン 壇蜜
出演者 真山明大・板尾創路 他
監督 亀井亨
作品の評価 ★★★★★

アダルトビデオではない一般映画ではこれ以上ないエロい作品です。元々、官能小説が原作となった本作品は、多くのファンがいる中での映画化だったので期待値も相当高かったようです。

ただ、なんで壇蜜が主演なの?と言う人もちらほら見かけましたが、映画を見た個人的な感想は彼女が適任のように感じました。ここまでしっかりエロを演じられる女優さんは多分いないでしょうから…。

ヌクためだけに見るのもありですが、原作の小説を読んでから見ると更にいいですよw

市川由衣「ラストシンデレラ」 ※ドラマ

ラストシンデレラ
作品名 ラストシンデレラ
公開日 2013年4月~6月
ヒロイン 篠原涼子
出演者 三浦春馬・藤木直人 他
脚本 中谷まゆみ
作品の評価 ★★☆☆☆

皆さんの記憶にも新しいドラマ「ラストシンデレラ」。濡れ場というほどの内容ではありませんが、市川由衣ちゃんのファンとしては見過ごせないベッドシーンです。

別に濡れ場目的でなくても十分満足できる内容なので、イケメン俳優の三浦春馬や藤木直人を見て、目の保養をしたい女性にもおすすめのドラマです!決してヌクためだけで見ないようにしてください。

浜田翔子「ちょっとエッチな生活体験」

ちょっとエッチな生活体験
作品名 ちょっとエッチな生活体験
公開日 2012年6月23日
ヒロイン 浜田翔子
出演者 笠原秀幸・緒川凛 他
監督 田尻裕司
作品の評価 ★☆☆☆☆

はましょーこと「浜田翔子」のちょっぴりエッチな姿を見れる映画です。

あまり見かけなくなりましたが、ロリ好きには堪らないルックスで相当人気があったグラビア女優さんでした。最近は結構きわどいグラビア写真も出回っているようなので、彼女のエロを更に見たい方は検索すればすぐ見つかるはずですw

しかし、浜田翔子がまだウブ?な時の貴重な濡れ場はこの作品が一番だと思いますよ!

三津谷葉子・斎藤工「欲動」

欲動
作品名 欲動
公開日 2014年10月3日
ヒロイン 三津谷葉子
出演者 斎藤工・杉野希妃 他
監督 杉野希妃
作品の評価 ★★★☆☆

ヒロインの三津谷葉子がエロいことに変わりはなくても、昼顔で女性たちの心を鷲掴みにしている「斎藤工」の演技がさすがというしかありません。

男性なら三津谷葉子の舐め回したくなる豊満なオッパイを、女性なら斎藤工の模範となるような男らしさを感じられ、男女どちらでも見ておいて欲しい作品となっています。

本当に挿入してるんじゃ?と感じるベッドシーンは必見ですよ!

吉高由里子「蛇にピアス」

蛇にピアス
作品名 蛇にピアス
公開日 2008年9月20日
ヒロイン 吉高由里子
出演者 高良健吾・あびる優・ARATA 他
監督 蜷川幸雄
作品の評価 ★★★★☆

テレビではお馴染みとなった吉高由里子が主演を務める「蛇にピアス」です。本作品が吉高由里子の初主演作品で今では考えられないようなエロい演技に挑戦しており、こんな淫らな彼女を見れるのは多分この先ないはず…。

「蛇にピアス」は芥川龍之介賞を受賞したことで注目を集めた作品ですが、小説を読ませてもらってから映画を見た感想は、文字の方がいろいろと妄想で来て良かった気がします。

しかし、吉高由里子を脱がすきっかけを作ってくれたことには感謝しないといけませんねw

佐々木心音「フィギュアなあなた」

フィギュアなあなた
作品名 フィギュアなあなた
公開日 2013年6月15日
ヒロイン 佐々木心音
出演者 柄本佑・壇蜜・竹中直人  他
監督 石井隆
作品の評価 ★★★★☆

竹中直人が出演する映画としてはかなりマイナーな部類に入る作品で、非現実的な内容だけにストーリー性を求めて買うのだけはおすすめしません。

ただ、濡れ場女優の中では演技に定評があり、ヌケるかどうかだけで評価するなら見て損はない内容だと思います。AVに出演してくれたら人気出るのに…そう思ってしまうぐらいエロくて興奮するボディです。

菅野美穂「さくらん」

さくらん
作品名 さくらん
公開日 2007年2月24日
ヒロイン 土屋あんな
出演者 安藤政信・椎名桔平 他
監督 蜷川実花
作品の評価 ★★★☆☆

「安野モヨコ」原作の漫画を映画化したもので、主演は土屋あんな、助演に安藤政信、音楽は椎名林檎とそうそうたる面子に成宮くんや木村佳乃といった演技派の俳優人が脇を固めています。

江戸時代の遊郭・吉原を舞台にした作品で、花魁になった女性達の人生が描かれています。映像の華やかさや着物の豪華さが凄くてそれがエロさを倍増させる作品です。

菅野美穂・木村佳乃のギリギリ見えない感じの色気やマダムの魅力全開の夏木マリなど、終始セクシーなシーンが出てきますが、映画としては全体的になんとなく過ぎていきます。

安達祐実「花宵道中」

安達祐実「花宵道中」
作品名 花宵道中
公開日 2014年11月08日
ヒロイン 安達祐実
出演者 渕上泰史・高岡早紀 他
監督 豊島圭介
作品の評価 エロ度:★★☆☆☆

花宵道中は元々R-18文学賞受賞の小説で、後に漫画化され映画化になった作品です。さくらん同様に江戸時代の吉原が舞台となっており、モントリオール世界映画祭でも大きな反響があった作品です。

主演の安達祐実は家なき子以来、20年ぶりの映画主演となりましたが劇中ではオールヌードに挑戦しており、国内でも話題になっていました。

濡れ場も多いのでそういった意味で体当たりの演技が見れますし、安達祐実が犯されるシーンもかなりリアルに描かれているので、昔から好きという人には酷かもしれませんww

宮地真緒「失恋殺人」

宮地真緒「失恋殺人」
作品名 失恋殺人
公開日 2010年04月
ヒロイン 宮地真緒
出演者 柳憂怜 大浦龍宇一 他
監督 窪田将治
作品の評価 エロ度:★★☆☆☆

失恋殺人は宮地真緒主演のエロティックサスペンスで、元は江戸川乱歩の推理小説「妻に失恋した男」をベースに怪奇な愛憎劇が描かれています。

宮地真緒が脱いだという事で話題になりましたが、全体的にはレトロな人妻不倫の映画と言える作品だと思います。

しかし、見た人のほとんどは宮地真緒の裸が綺麗だったということから、宮地真緒の濡れ場は相当インパクトがあります。

真木よう子「さよなら渓谷」

さよなら渓谷
作品名 さよなら渓谷
公開日 2013年6月22日
ヒロイン 真木よう子
出演者 大西信満・鈴木杏 他
監督 大森立嗣
作品の評価 エロ度:★★☆☆☆

さよなら渓谷(さよならけいこく)は、吉田修一の小説で2013年に大森組(ぼっちゃん・せとうつみ等)にとって映画化され公開された作品です。

「ごく普通に見える夫婦。だがふたりは残酷な事件の被害者と加害者だった―。」というキャッチコピーが議論を呼ぶほど問題になりましたが、興行収入としては凄い数字を叩き出しています。

15年前にレイプされた男性との結婚生活ということで、かなりシリアスな内容ですが、真木よう子が独特の演技で演じていまし、昭和風の色気がある作品です。性がテーマの作品ではありますが、真木よう子のフルヌードがないのが残念ですww

鈴木杏「軽蔑」

軽蔑
作品名 軽蔑
公開日 2011年6月04日
ヒロイン 鈴木杏
出演者 高良健吾・大森南朋 他
監督 廣木隆一
作品の評価 エロ度:★★★☆☆

軽蔑(けいべつ)は中上健次によって書かれた小説で、朝日新聞にて連載されまれ1992年に刊行されました。私は文庫で読みましたが、映画化が楽しみで映画館にも行きました。

高良健吾が演じるカズと鈴木杏が演じる真知子(ダンサー)が歌舞伎町で出会い恋に落ちますが、その後色々と展開していくストーリーで、濡れ場では鈴木杏の綺麗なおっぱいが見れます。

ポールダンスシーンでも下の毛まで見えることはないですが、健康的な体が好きな人はかなりムラっとくる映像になっている作品です。

永作博美「人のセックスを笑うな」

人のセックスを笑うな
作品名 人のセックスを笑うな
公開日 2008年1月19日
ヒロイン 永作博美
出演者 松山ケンイチ・蒼井優 他
監督 井口奈己
作品の評価 エロ度:★★☆☆☆

人のセックスを笑うなは山崎ナオコーラの小説で、第132回芥川龍之介賞の候補作にも選ばれています。主演の松山ケンイチの演技力と永作博美の小悪魔的な雰囲気が話題となり人気でした。

年の差不倫と片想いを同時に描いた作品で、見た人によって評価は大きく別れますが、映画としての出来は非常に高い作品だと思います。

エロい!と言える感じではないですが何度もキスするシーンが凄く良く、永作博美の可愛さが際立っています。ただ濡れ場でも露出はそこまでないのでそこは予め覚悟しておいてくださいww

尾野真千子「真幸くあらば」

 尾野真千子「真幸くあらば」
作品名 真幸くあらば
公開日 2009年01月09日
ヒロイン 尾野真千子
出演者 久保田将至 テリー伊藤 他
監督 窪田将治
作品の評価 エロ度:★★★☆☆

真幸くあらば(まさきくあらば)は、小嵐九八郎による小説で2010年に映画化されました。また公開前にはたるるーと君や東京物語で知られる漫画家の江川達也が映画の前編となる漫画を執筆したことでも話題になりました。

婚約者を殺された女とその容疑者の変な関係を描いており、社会派の作品かと思いきやかなり純愛ものの作品ですが、見終わった後にモヤモヤしたものは残りますww

濡れ場というよりは軽いセックスシーンが見れるといった感じですが時間的に2~3分とあり、意外と長くセックスシーンを見ることができます。

池脇千鶴「ジョゼと虎と魚たち」

ジョゼと虎と魚たち
作品名 ジョゼと虎と魚たち
公開日 2003年12月13日
ヒロイン 池脇千鶴
出演者 妻夫木聡・菅野莉央 他
監督 犬童一心
作品の評価 エロ度:★★★☆☆

ジョゼと虎と魚たちは、月刊カドカワにて発表された田辺聖子の短編小説で2003年の映画化され様々な映画賞を受賞したので、見たことがある人も多いかと思います。

足が悪いためにほとんど外出をしたことがないジョゼと、大学を出たばかりの共棲みの管理人・恒夫との純愛とエロティックを描くラブストーリーで、池脇千鶴が大胆な濡れ場に挑戦しています。

まさか池脇千鶴がおっぱいまで見せるとは思いませんでしたが、しっかり見れますし案外長い(5分程)の濡れ場と喘ぎ声が聞ける作品です。

星野真里「さよならみどりちゃん」

さよならみどりちゃん
作品名 花宵道中
公開日 2005年08月27日
ヒロイン 星野真里
出演者 西島秀俊・岩佐真悠子 他
監督 古厩智之
作品の評価 エロ度:★★★☆☆

さよならみどりちゃんは、南Q太作の漫画作品で2005年に映画化され、それまで清純派女優としてのイメージしかなかった星野真理が濡れ場に挑戦したことで話題になりました。

ユタカ役の西島秀俊の筋肉を見るためにこの映画を見たという女性も多く、内容からも特に女性に人気のある映画でした。

濡れ場では星野真理のおっぱいと喘ぎ声が入っているので興奮できますが、激しいものではなくどちらかというとエッチシーンのおまけでおっぱいが見えたという感じです。

本山なみ「うそつきパラドクス」

うそつきパラドクス
作品名 うそつきパラドクス
公開日 2013年09月07日
ヒロイン 本山なみ
出演者 真山明大・戸田れい 他
監督 吉田浩太
作品の評価 エロ度:★★★★☆

うそつきパラドクスは2009年よりヤングアニマルで連載されていた漫画で、2013年に映画化され話題になりました。彼氏がいるヒロインが会社の同僚と浮気をはじめてしまい、そのまま関係が続きます。

そこまで知られた作品ではないのですが、元ミニスカポリスの本山なみが激しい濡れ場に挑戦したということで、コアな層からの人気はある作品です。

濡れ場もキスから脱がして全戯といった感じでクンニから挿入まで見れるので、映画の濡れ場としてはかなり盛り沢山の内容になっていますww

岩佐真悠子「受難」

受難
作品名 受難
公開日 2013年12月07日
ヒロイン 岩佐真悠子
出演者 淵上泰史・伊藤久美子 他
監督 吉田良子
作品の評価 エロ度:★★★★☆

受難は姫野カオルコの同名小説が原作の映画で、性への好奇心に悶々とする清らかな女性・フランチェス子と、彼女の女性器に突然現れた人面瘡の「古賀さん」の共同生活をエロくユーモラスに描いた作品です。

岩佐真悠子が脱いでいるシーンも多く、大胆で奇妙なシーンもあり映画としても面白い作品になっていますが、意外と人気はなかったようですww

5分程のしっかりとした濡れ場もあり、岩佐真悠子のおっぱいも見れて喘ぎ声も聞けるのでエロさも楽しめる作品です。

まとめ

はじめは10作品程度だけ紹介するつもりでしたが、過去の記憶をさかのぼって紹介していたら結局21作品になってしまいましたw

どの濡れ場シーンもそれぞれに違うエロさがあり、知っている女優さんだったら絶対に見ておかないと損する作品ばかりです。公開されてからそれなりに時間が経っているので、レンタルするより買った方が何度も見返せてお得だと思います。

上記の濡れ場・ベッドシーンを超えるものがあればその都度更新していきます。また、紹介しなかったおすすめの作品があったら参考にさせてもらうので教えてください!