いまさら聞けない・・VRって何?簡単な知識とHMD紹介

「2016年はVR元年」、「VRは凄い」、「VR体験して感動」そういった言葉を最近よく聞くようになりましたが、まだまだVRに関する知識や内容を知っている人が少ないように思えます。

日本ではゲームやAVコンテンツによってVR体験をする場が増えてきましたが、全体的な普及にはまだまだ時間がかかりそうな感じはあります。

しかし、今後は家庭用ゲーム機と同等に普及すると言われているVR機器ですから、これからは必ず知っておくべき知識となることは明白です。

ここではVRとは何か?VRデバイスの種類やコンテンツなど簡単に紹介しておくので、VRに関しての知識が乏しい人は是非、覚えておきましょう。

そもそもVRって?

VRに関して全く知識のない人に簡単な説明をしておきますので、なんとなくでも理解しておいてください。

VRはバーチャルリアリティの略称で「仮想現実」を意味し、動画では本来あり得ない実体験を体感できるような感覚を味わえます。「VR MAGAZINE」とうサイトで解りやすく説明されていたので一部抜粋しておきます。

VRとは、「コンピューターの生み出した現実ではない3次元空間」 という意味です。VRをわかりやすく言えば、

  • Virtual = 仮想 とは、「現実ではない別の空間」ということを意味して、
  • Reality = 現実 とは、「私たちが経験するもの」を意味します。

ですから、VRは「現実感のある人工的な空間」と言ってしまうことが出来ます。つまり、VRでは現実とは全く違う空間を体験することになります。より詳しく言えば、AR (拡張現実) などとは、”現実とは全く違う空間”、”体験する”などの意味において違ってきます。

出典:VRをさくっと知りたい人のための基礎知識

これらをもっと簡単に言うとVRの世界とはVR専用のデバイスを装着することで、その空間に入ることができるものであり、少し前からある大型ゲームセンターなどのゲーム機の中にデバイスの装着だけで入れることになります。

オバマ氏も驚いたVR

ドイツで行われた産業技術の展示会の際に、ドイツのメンケル首相と会場に訪れたオバマ大統領がVR体験ブースにて、スマートフォンを使ったGoogle Cardboardタイプのデバイスを体験しました。

その際に「印象的な技術だ」とコメントして、ニュースに取り上げられており話題になっておりました。アメリカやドイツを含む海外でのVR普及は日本よりも進んでいますが、今後は日本の企業もどんどん参入していくようです。

特に日本の開発技術は世界でもトップクラスの技術を誇るので、それに対する期待や注目度も非常に高まっているのが現状です。

注目のVRデバイス

vrデバイス

VRとは何かある程度分かった人が次に疑問に思うのはVRデバイスに関してだと思いますが、一般的なVRデバイスとは画像のようなものになっています。

主に目にゴーグルのようなものを装着し、3次元空間を映像や音響でつくり出したものを投影する機械で、今後は手や足など身体に装置を装着することで、触覚などを味わえるものも増えてくるでしょう。

現在リリースされているデバイスも装着したまま後ろを向けば、頭の動きに合わせて映像を動かすこともできるため、ゲーム映像映画エンターテイメントなどのコンテンツを仮想空間上で体験することで、テレビや映画館で見るよりも「没入感」を持つことができます。

360°の空間を見ることができる為、初めてデバイスを装着して体験する人はそのことに非常に驚くことが多いです。

Oculus Rift

Oculus Rift

まず一つ目に紹介するのはOculus Riftになります。Oculusと聞いて耳慣れない人もいるでしょうが、OculusはFacebookに買収された企業で、VRデバイスを発売している中で現在最も有名な会社といえます。

Oculus Riftの価格は94,600円、解像度は2160×1200 pixelで赤外線カメラ付と高機能を備えています。また、OculusはMicrosoftと提携しており、コントローラーには Xbox Oneコントローラーが利用されています。

しかし、動作のためにはハイエンドPCが必要で、今後はXbox Oneのコンテンツ配信やマインクラフトVR版の開発などが期待されているので、動向には非常に注目です。

使用してみたイメージとしては期待以上といった感じで、とても楽しむことができました。ただ、価格としては決して安い買い物ではないので購入を考えている人は体験してみてからの購入をおすすめします。

HTC Vive

HTC Vive

HTC Viveはコンテンツ配信プラットフォーム「SteamVR」を運営するValve社によるVRデバイスでプラットフォーム初対応のデバイスとして111,999円で発売されました。

2台のトラッキングカメラにより、ユーザーの動きを正面だけでなく360度トラッキングを行うことで、座る・寝る・後ろを向くといったあらゆる動きに対応したゲーム体験が可能となっているのが特徴です。

世界最大規模のPCゲーム配信プラットフォームである「Steam」で絶大な実績があり、Steamではタイムセールなどの割引販売、激安コンテンツなども人気があり、VRコンテンツのセールも期待されています。

HTC ViveもOculus Riftも、動作に関してはハイエンドPCゲーミングPCと呼ばれる映像処理の優れたPCが必要になるため、一般的なノートPCなどでは動作しませんので購入の際は注意が必要です。

更に今の時点ではMacでも動作できないとなっているので、Macユーザーにとっては残念なことになっていますから今後の対応を見ていきたいと思います。

HTC Viveに関しては「VR用ハード「HTC Vive」とは?他社比較と性能紹介」に詳しく書いていますので、気になる方は是非こちらも目を通してみてください。

PlayStation®VR

PSVR

PSVRは日本国内で最も売れると予測されているVRデバイスで、PSVRでVRのことを知った人も多いと思います。PlayStation4の拡張ハードウェアのため、動作にはPlayStation4本体および周辺機器が必要になります。

現在わかっているのは、10月13日に発売予定でPlayStation4対応タイトル以外は遊べないが、シネマティックモードでのBlu-ray やnasneでの録画コンテンツなどを視聴することが可能となっているようです。

ソフトウェアメーカー230社以上が参入しており、160本以上のソフトウェアタイトルが現在開発中でPlayStation 4と同様、PlayStaion Storeからコンテンツの購入、ダウンロードを行うことができまし、店頭や通販で購入したパッケージでも遊べます。

44,980円での発売になりますがカメラなどが別売りの為、周辺機器までを揃えるとなると、そこそこの値段になるのがネックになっていますので、総額などが知りたい人は「【PSVR】に必要なものと総額費用を購入前にチェック!」に目を通してみてください。

尚、7月に再予約がありましたが、それでも人気だったため現在は既に品切れ状態で、国内でも予約はできない状態のようです。

Gear VR

Gear VR

Gear VRはFacebook傘下のOculus社、そしてSamsung社が開発したVRデバイスで、2015年4月に発売されました。中国製のpicoなどと同様に15,000前後で手に入るHMDになっています。

仕様の際はスマートフォンを装着することで映像を楽しむことができ、本格的なゲームや実写の360度映像を楽しむものなど、幅広いジャンルのものを数種類用意する予定のようです。

現在Galaxyのみでの仕様になっているので、所有している人がそこまで多くないように感じますが、それでも現在リリースされているHMDの中では価格や性能ともに満足できるものに仕上がっているのではないでしょうか。

私は個人的にGear VRでの動画も視聴してみましたが、あまりお金をかけずにそこそこのVRを体験するのに丁度良いと思います。価格やスペックではpicoなども同じような製品ですので「アダルトVR・スマホ用HMD【pico1】が店頭販売開始」に目を通すと大まかな情報が得られるでしょう。

体験するだけならハコスコがおすすめ

ハコスコ

体験するだけにしては、ちょっと高価すぎると思った人に私が1番おすすめするのは、ハコスコGoogle cardboardのようなダンボール紙でできている安価なHMDです。

iPhoneやスマートフォンに表示された映像を直接レンズを通して見るものでOculusやPSVRと構造が違いますが、ほとんどが1,000~3,000円前後で手に入るので、体験してみたい人は十分にVRの世界観を感じることができると思います。

amazonなどで販売されていますし、アダルトサイトやゲームサイトでオリジナルのHMD商品を販売しているサイトもありますから送られてきたものを組み立てるだけで使用できます。

是非お試しください!

最後に

少し難しいこともあったので読み疲れたと思いますが、1度体験すれば意外に簡単なことに気づくはずです。

おすすめのアダルトVRサイトを以下に紹介しておくので、気になる方は参考にされてください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします