IPPAとは?著作権保護やJAEの主催までしているけど…

IPPA

アダルト業界の発展に大きく関わっている「IPPA」という団体をご存知でしょうか?

一般の方にはあまり知れ渡っていない団体ですが、AV業界全体の治安維持や無法地帯となりつつある権利問題を陰で支えてくれています。

私が業界にいた頃にも同じような団体はいくつかあり、海賊版の対策などは一応行っていました。しかし、各団体の足並みは揃わず、実際に活動を続けることはありませんでした。

そんな中、設立されたのがIPPAです。

IPPAとは?

知的財産振興協会(IPPA)とは、違法アップロードサイトの増殖や、海賊版のAV作品を販売する闇業者の取締りを行っており、業界を牽引するAVメーカー・AVプロダクションはほぼ加盟している組織です。

ちなみに、IPPAを普通に読むと「イッパ」となりますが、関係者の方に聞いたら「アイパ」と読むそうです。

知的財産振興協会の概要

名称 特定非営利活動法人 知的財産振興協会
IPPA(Intellectual Property Promotion Association)
住所 東京都新宿区新宿1-30-11 ビル・プランタン3F
設立 2011年5月
理事長 菊田 昌史
正会員 約200社
PS登録会員 約3,300店
電話 0120-558-731
メール copyright@ippa.jp
HP http://www.ippa.jp/
SNS 公式ツイッター

会員名簿は公開されていませんが、誰でも知っている主要メーカーなどは含まれているようです。

活動内容

IPPAの活動内容出典:IPPA公式HP内

IPPAでは主な活動として「海賊版(コピー商品)の撲滅」を行っています。その他にもアダルト業界に関連する以下の活動をしています。

  • 著作権保護
  • 出演強要問題
  • 業界全体の連携及び活性化

公式HPで確認することができますが、これまでの活動実績には海賊版を販売(露天・インターネットなど)している業者の摘発・逮捕、大手違法アップロードサイト(FC2など)への損害賠償請求などがあります。

また、著作権法が厳罰化されたことが後押ししたこともあり、無法地帯と化していた数年前と比べたら少し改善傾向にあると言えます。

そして、当サイトでも何度か取り上げた「出演強要問題」にも関わっています。

複数のAVプロダクションが逮捕され、大手メディアにも取り上げられ大きな社会問題となりました。その際、IPPAはAVメーカーや弁護士と再発防止に取り組み、業界全体でのルール作成を先導して行っています。

逮捕直後に公開された文書があったので興味あれば読まれてください。

⇒AVプロダクション 関係者逮捕について(PDF)

AVOPENを復活させ、JAEを主催

ジャパンアダルトエキスポ(JAE)出典:Japna Adult Expo 2017

IPPAは一般ユーザーにも関係するイベント「AV OPEN」を7年ぶりに復活させた実績もあります。また、AV業界全体の祭典でもある「ジャパンアダルトエキスポ(JAE)の主催も務めています。

以下はJAE(2016)の様子です。

イベントではAVOPENの受賞作品の発表もあり、女優部門や企画部門など各ジャンルでの日本一が決定します。

対象作品を買われた方も多いでしょうが、映像で見た女優さんに会える数少ないイベントです。とはいえ、思ったよりチケット代が高いうえ、半端ない混み具合なのは前年のイベントから想定できます。

JAE2016 会場内

気軽なノリで行くのだけはやめておいた方が良さそうですw

まとめ

IPPAがアダルト業界の発展には欠かせない存在だと分かったはずです。Avgleのような悪質な業者を排除していくためにも、AVメーカーやプロダクションの先頭に立って活動を進めてもらいたいものです。

特に発展途上である「アダルトVR」の違法アップロードだけは食い止めなくてはいけません。日本のアダルトを何としてでも守ってください。期待しています!