AV女優の求人で「バレないよ!」は逮捕される可能性が出てきた

AV女優の求人で「バレないよ!」は逮捕される可能性が出てきた

当サイトでも何度かお伝えしているように、ここ数年の間にAVプロダクションをはじめ、AV女優・メーカー・サイトなど「アダルト業界関係者」の逮捕が続いています。

⇒逮捕関連の記事はこちら

業界に10年ほどお世話になっていたこともあり、非常に残念なニュースです。しかし、一番に守らないといけないAV女優さんたちにとっては、働きやすい環境が整ってきたのかもしれません。

とはいえ、あまり締め付けが厳しくなってしまうと良い作品が少なくなってしまい、その反動が女優さんのギャラ低下に繋がってしまうことも…。

難しい問題ではありますが、今回お伝えする内容は”業界健全化”に向けたとても良い話題です!一部の悪質な人間たちを撲滅するためにも周知すべき情報なので、内容に共感できたらSNS等での拡散お願いします。

AV女優になりたいけどいろいろ不安がある女の子は、以下の相談窓口も活用してください。

取締りの対象に加わる「女優求人」

これまで逮捕されてきた容疑をおさらいすると…

  • アダルトビデオへの出演強要
  • 無修正動画の提供 or 出演
  • 違法なスカウト業務 など

出演強要に関しては賛否両論ありますが、それ以外の逮捕に関しては悪人たちが裁かれる結果となり、真面目にやっている人間たちにはプラスに働いた面もあるでしょう。

ただ、それらの事件が起こってからも無知な女の子は騙され続けており、未だに悪徳プロダクションの存在は業界内でも深刻な問題になっています。しかし、これからお伝えする取締りによって、間違いなく今より健全化されていくはずです。

「バレない!簡単に稼げる!」取締り強化へ

「バレない!簡単に稼げる!」取締り強化へ

アダルト業界に今も携わっている知人から聞いたことなので確かなことですが、今後の取締り内容に「AV女優の求人内容」も含まれていくようです。求人内容と言ってもいろいろあるので要点を説明させてもらうと…

  • AV出演でバレるリスク
  • 簡単に稼げる仕事ではないこと
  • その他、実際とは違った事実

これまでは上記について女の子を安心させるような記載がありましたが、近い将来、AV女優を募集する求人サイト(公式HP含む)で勘違いさせる内容があった場合、それだけでも逮捕される可能性が高くなったようです。どんな容疑なのかは分かりません。

AV女優は昔よりバレやすくなった

昔よりAV出演はすぐバレる時代になった

AVを見るには十数年前までレンタルするのが当たり前の時代でした。しかし、セルビデオ(買う)が主流になってからはショップなどへの流通が増え、レンタルの時より人目に触れる機会が多くなりました。

また、AV女優の身バレする確率が急激に上がった「インターネットの普及」。

一昔前は「企画なら絶対にバレないから!」と不安がる女の子に言うのが決まり文句でしたが、女優名を出さない企画作品でもネット上に晒され、半永久的に出演したAVの画像や動画は残ります。

その為、求人サイトなどで「絶対にバレない」と記載があっととしたら嘘だと思ってください。仮にそのような文言を掲載しているところがあれば除外した方が良いです。

そして、その次ぐらいに必ずある「稼げる」という文言。記載されているギャラをもらえると勘違いさせ、実際に働いたら思っていた半分ももらえない…なんてトラブルが日常茶飯事に起こっています。

只でさえ景気が悪くなってきたAV業界なのに、昔と同じようなギャラはもらえないと思っていた方が無難です。

その他にも「良さそうなプロダクションかも・・」と思ってしまう”偽りの記載”で溢れています。AV関係者に怒られそうですが、女優求人に記載ある内容はほぼ嘘だと思っておきましょう。

女の子には働きやすい業界になってきた

女の子には安心できる業界になってきた

散々、アダルト業界の悪口みたいなことをお伝えしましたが、実はこれからAV女優になっていく女の子には良い時代になってきたと感じています。

おそらく、近いうちに求人サイトに記載されている内容は一新され、偽りの文言に騙されるトラブルは激減するでしょう。また、良いところと悪いところの格差が大きくなり、選ぶ側の女の子が探しやすくなるのは間違いないです。

すると、女の子に選ばれるところは拡大し、悪質な求人をしていたところは潰れていくはずです。結果、アダルト業界は健全化されていくでしょう。

但し、いくら取締りが強化されたとしても悪を根絶するのは無理です。以下の記事で「AVプロダクションの選び方」を紹介しているので、申込み前に必ず目を通しておいてください。

まとめ

このような取締り強化の後は、見せしめで逮捕される人間が必ず現れるはずです。その為、この記事をご覧になっているAVプロダクション関係者の皆様、末永い営業を続けていきたいならすぐにでも対応した方が良い気がします。

引き続き、AV業界の話題については今後も扱っていくので、気になる方はたまに覗きに来てください!役立つ情報をお伝えできるようアンテナを張っておきます。