AV女優・プロダクションの求人で騙されないための7カ条

AV女優求人の確認方法

一昔前に比べると「AV女優の数」は何倍も増えているように感じますが、プロダクションの増加と、女優求人情報が手軽に見れるようになったのが大きな要因でしょう。

最近では20~30代の女性ならほぼスマホを持っており、パソコンを持ってなくても電車の中や仕事中など、時間や場所に関係なくサイト閲覧ができます。

しかも、プロダクションへの問い合わせも電話でなく「LINE」などで手軽にでき、AV女優になることが以前より容易になった気がします。

ただ、女性にとって便利になった反面、悪徳業者の数も日増しに増えており、高額な違約金を請求されるなどのトラブルが社会的な問題となっています。

そのような被害に遭いたくないのであれば、AV女優求人を閲覧する際にあなた自身が見極める知識が必要です。求人募集をしている業者たちから文句を言われそうですが、業界のタブーとも言える見極め方を紹介します。

女優求人で騙されない7つのポイント

注意したい求人内容

まずは、騙される可能性が高い求人とはどういったものなのか説明します。求人募集をしているプロダクションや業者たちは、様々な手口であなたに興味を持ってもらおうとしてきます。

以下で紹介する7つに該当する場合は、問い合わせしないことをおすすめします。

面接当日にお祝い金など現金支給がある

あなたがどういった女性なのか確認していないのに、面接当日にお金をくれるプロダクションなんて存在しません。また、契約金をもらえるような記載もたまに見かけますが、長年業界にいた私は一度もそういった事務所を見たことがありません。

しかし、AV業界の知識が全くなく「今日お金が必要・・」といった場合だと、業者のワナにまんまと嵌ってしまうことがあります。そこまで甘い業界でないことだけは覚えておきましょう。

他のプロダクションよりギャラが高額

基本的にAVに出演してもらえるギャラには「企画・企画単体・単体」によって上限があるので、相場より少しでも良く見せるような事務所は信用できません。

一番給料が高いのは「AV女優・風俗・キャバクラ」どれ?』でも説明していますが、求人募集を見る前であれば「どのような子がどれぐらいのギャラか」大体でいいので把握しておくように。

100%採用している

見た目などに自信がない女の子だと「100%採用!」の文字はとても安心できるでしょうが、100%採用をうたっているプロダクションの多くは「放置」されることが多い傾向にあります。

AVというのはメーカーや出版社から仕事の依頼をされることでギャラが発生します。仮にあなたの営業をしてくれない事務所に所属してしまうと、移籍したくてもできなかったり違約金を請求されることもあります。

会社情報の詳細な記載がない

以前より真面な業界になってきたのは間違いないですが、未だに事務所も構えず2、3人で細々やっているところがあります。大小だけでは正確な判別できなくても、実態がないようなところだけは避けなくてはいけません。

AVプロダクションといってもほとんどが会社として活動しており、情報をすべて開示することは企業としての役割なはずです。その部分を隠しているようなプロダクションは信用できません。

美容整形外科と提携

提携していること自体は決して悪いことではないですが、「提携している=信用」と勘違いしてはいけません。

また、美容クリニックからしても客(あなた)を紹介してもらうのは有難いことで、プロダクションに紹介してもらったからといって安くなることもないと思っていてください。逆にマージンが事務所サイドに渡るだけです。

在籍数や所属モデル

大手の一部プロダクションを除いて、求人やHPに記載されている女優さんの在籍数や所属は信用しないでください。私の感覚ではリアルタイムに情報を更新している事務所は5%ほどしかおらず、5年前から更新されていないところも多いです。

また、求人でよく見る「200名以上在籍!」というのは基本的に嘘です。また、在籍数と信頼度は結び付かないので、その部分で誇大表示しているようなプロダクションは逆に勘ぐってください。

高収入アルバイト情報サイト

女優求人や高収入募集でAVプロダクション探しはおすすめしない』で詳しく説明していますが、AVプロダクション探しに複数の事務所が載っているサイトは利用しない方がいいです。

そういったサイトは掲載料を払って紹介するモデルなので、偽りの情報が多く知識のない子では判別が難しいです。そのうえ、膨大なプロダクションが掲載されており、その中からひとつだけ選択するのは非常に効率が悪いです。

人生を左右するプロダクション選びは慎重に

AVプロダクションの選び方

「そんなに注意点があるの?」と感じているかもしれません。確かに面倒なので「そこまで気をつけなくても大丈夫でしょ!」と安易な気持ちで選ぶ子もいるでしょう。

AV女優になった女性の中には多額の違約金を請求されたり、最悪の場合は自殺してしまうケースもあります。

プロダクション選びは人生を狂わしてしまうほどの選択なので、絶対に失敗しないと思えるまで知識を身に付けるぐらいでいいのです。

ただ、注意点だけ知っていても「選び方」を知らないと探せないと思うので、10年以上業界にいた私からプロダクション選びのコツを2つだけ教えておきます。

プロダクション評価はネットの口コミ必須

最近は、数分あれば企業の評判を確認できる時代となり、AV業界においても同じことが言えます。あまりにも小規模なプロダクションだと口コミ自体がないですが、中規模以上であれば大体の評判を把握することができます。

求人に記載されている情報はあまり有益なものが少なく参考にならないので、「関係者・所属モデル」などのリアルな口コミを確認するのは必須と言えます。

しかし、自分の事務所のことを書き込みすることもあるので、掲示板の特性を知らないと迷子になる恐れもあります。その場合は「プロダクションごとの評判」をまとめてあるので是非活用してみてください。

プロダクションと無関係な人に相談

当サイトの運営をはじめてから、AV女優になりたい100名以上の女の子から相談を受けており、もしかしたらその辺の求人サイトより問い合わせは多いかもしれません。

プロダクションの関係者なら自分のところへ誘導するだけですが、業界を離れている私だからこそできるアドバイスがあります。100名いたら100通りの悩みがあり・・

  • おすすめのプロダクションを知りたい
  • ○○プロダクションは実際どうなのか?
  • 単体になれるか判断してほしい
  • 事務所の移籍の相談
  • AV女優になるか迷っている

解決してあげられた女性からお礼の連絡なども頂けるようになり、最近ではおすすめのところを紹介して、所属後に出演した作品情報を送ってきた子もいました。

決して良いことをしているつもりはありませんが、その子にとっては少しだけ役立てたのかもしれません。

私でなくても業界に詳しくて「利害関係にない人」への相談が一番信頼できます。もし、そのような知人がいれば求人情報なんかよりそちらを頼ってくださいね!

ちにみに当サイトへの相談は『LINE無料窓口』から気軽にください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします