AV関係者「長尺VRは980円で買えなくなる」ユーザーメリット多すぎた?

関係者曰く「長尺VR」を980円で買えるのは”今だけ”らしい

先日、某人気VRメーカーの方と食事する機会があったので、業界の裏話をいろいろと聞いていました。すると、爆発的にヒットしているシリーズ「長尺VR」は今後、今の価格では買えなくなるかも…とのこと。

詳しくは後ほど説明しますが、現アダルトVR市場を牽引しているといっても過言ではない作品たちであり、価格が上昇してしまうと買わなくなる人もいるはず。

絶対にそうはさせない!とは思いつつも、私には全くその権限はなく無力です。しかし、指を咥えて黙って見ているのは嫌だったので・・

一般人には絶対聞けない裏話と、今を生きるオナニストたちのために「コスパ最強の長尺VR」を教えておこうと思います。

長尺VRをまとめた記事も書いてるので合わせてどうぞ!

興奮度10倍のオナニーできます。

無料で見れるアダルト動画はもちろんコスパに優れています。しかし、興奮度だけいえば「エロVR動画」に勝るものは今のところセックス以外ないかもしれません。無料サンプルなどもあるので未体験の方は是非。

※【30%OFFセール中】10月25日まで

長尺VR価格上昇しそうな理由

これからお話しすることは、超売れっ子メーカーの制作リーダーから聞いたことなので、信憑性はかなり高いと思います。長尺VRは将来的にいくらぐらいになってしまうのか?

まずは、長尺VRを知らない人にどれだけすごいのか説明します。

殿堂入り確実の「長尺VR」

アダルトVRを利用している人なら知っていると思うが、国内最大手のVR販売サイトである「DMM動画.R18」で、常にランキング上位を独占している長尺VR作品。

最近は「長尺VR」というワードが流行りすぎて一つのジャンルになっており、ブームを作るきっかけとなった「HHH-VR」以外も作品に採用しています。しかし、なぜか元祖長尺VRの作品だけ販売数が伸びています。

時間の経過でこの情報も廃れていきますが、リアルタイムで確認した際は同メーカーの2作品が1位、2位を独占していました。これです↓

1位 2位
【VR】VR長尺 「ほら!今、先っぽ挿ったでしょう!
価格 980円 価格 980円
収録時間 194分 収録時間 115分
平均評価 4.65点/5点 平均評価 4.38点/5点

※画像クリックで作品ページを確認できます。

どちらも「HHH-VR」の作品で、100分以上収録されている長尺VRです。平均評価は★4つ以上だと上出来のところ、左の作品に至っては「4.65点」とこれ以上ない評価をされています。

そして、忘れてはいけないのが販売価格。現在、30~40分程度の作品が多く、それらの価格相場は980円です。「え、おなじ価格でしょ!」と感じたかもしれませんが、上記作品は数倍の尺が収録され、恐ろしく没入感のある良作なんです。

長尺の分、ヌキどころも他作品の何倍もあり、特定の女優名で作品選びをする人以外はコスパ最強だと思います。

また、同メーカーから発売された第一弾目の長尺VRが記録的なセールスを記録していますが、販売数5万本以上との噂もあり、間違いなく殿堂入りする作品です。

一般的なエロVR動画に比べコスト高

一般的なエロVR動画に比べコスト高

長尺VRを体験した人の評価に対し、販売価格が安すぎるのは理解できたと思います。我々ユーザーにとってはコスパが良く嬉しい限りですが、980円が定着してしまうとVRメーカーはかなり苦しい状況になっていきます。

某AV関係者の方が予想している流れは以下の通りです。

  1. 画期的な「長尺VR」が大ヒット
  2. 勢いに任せて似た作品を投入←今ココ
  3. 他メーカーも便乗して作品を作る
  4. 作品の販売数が伸びなくなる
  5. 利益率低下で価格上昇

現時点は「今ココ」と記載した辺りですが、現状は損益分岐点を超える販売数があるのでしっかりと利益を残せているはずです。しかし、問題はこれから…

次の段階に入ると、HHH-VRの長尺VRがヒットしたことで同じような動画の尺、企画などを真似た作品をいろいろなVRメーカーから出ています。その行為自体、決して悪いことではなく、良いものを参考にするのはビジネスをするうえで当たり前のことです。

ただ、そうなっていくと似たような作品が増えてしまい、個々のVR動画がヒットする可能性が低くなるわけです。

そして、「5. 利益率低下で価格上昇」の最終段階になると、利益が出ないと新作を出せない為、価格を調整したりコストを削る苦渋の決断をするメーカーが現れます。その結果、右へ習えで徐々に元のかたちから変化していきます。

これはアダルトVR市場に限らずどんな商売にも当てはまることです。

エロVR動画の制作コストとは?

エロVR動画の制作コストとは?

業界に携わったことがないと「エロVR動画」を作り上げるまでのコストは以外に知られていません。役立つ情報ではありませんが、把握しているコストを説明しておきます。

  • AV女優のギャラ
  • 制作スタッフの外注費(編集含む)
  • スタッフの人件費

エロVRの場合はDVDパッケージ化されないので、その分のコストは掛かりません。しかし、普通のエロ動画にはなかった「スティッチング」と呼ばれる編集が必要になるため、そこまで大きな差はないと思います。

但し、ここまで説明したのは誰でも知っているような一般的なお話です。

実は、VR市場はまだ発展途上で売上が見通せず、1つのエロVR作品を作るためだけに現場を組むことは少なく、普通のエロ動画作品を作るための撮影にVRも入れてしまうそうです。

そうすることで「AV女優のギャラ」を削減することが可能なうえ、同日撮影にすれば制作スタッフの費用も合わせて減らせますからね!

女優さんやスタッフさんにとっては過密スケジュールになって大変でしょうが、多くの人たちのこうした働きによって感動的なVR作品を980円で買える訳です。が、これはあくまでVR撮影を一緒にできる場合のことなんです…

長尺VRは相乗りが難しい

長尺VRは相乗りが難しい

一般的な尺のエロVRであれば、30~40分程度なので相乗り撮影が可能ですが、長尺VRの場合はかなり長丁場の撮影となることで相乗りは難しいそうです。

そうなった時に問題となるのが…

撮影コストです。

長尺VR用の現場を一から組むと相乗りの時よりコストが嵩んでしまい、その分損益分岐点が高くなってしまいます。

これまではちょっと売れれば利益が出ていたのに、長尺VRではそれなりに売れないと利益が出せなくなる訳です。もちろん、これまで以上に売れる作品を作ることを心がけたり、AV女優のギャラなどを下げることも考えるでしょう。

しかし、ヒット作を生ませるには市場の流れや運にも左右され、ギャラを下げると人気ある女優さんをキャスティングできなかったり・・

そんなこんなで苦渋の決断となる「販売価格の調整」となります。

いろいろな変化があってVR市場は拡大していく

いろいろな変化があってVR市場は拡大していく

文脈を考えず一気に書いてしまったので、内容にまとまりがなくてすいません…。ただ、何となく長尺VRの価格が上がる要因は分かったはずです。

別に業界関係者ではありませんが、理由もなく価格を釣り上げて利益を出そうとしている訳じゃないということ。その事を理解できる方は、仮に価格が上がっても良い作品を生み出す投資だと思って買ってあげてくださいw

こうした市場の変化を何度も繰り返し「アダルトVR」は確実に良くなっていき、最高のオナニーを演出してくれるでしょう。

余談ですが、AV業界の天敵である無料動画サイトについて、人気女優さんたちがとても気持ち良いツイートをしていたので紹介しておきます。

無料サイトを利用していたこともあるので完全否定できる立場ではありませんが、大変な思いをして作った作品をお金を使わず見られる虚しさは分かります。

また、違法サイトがこのまま増え続けてAV業界が崩壊されては困るので、ツイートしている女優さんたちの後押しをできるような記事を今後も書いていきます。彼女たちも出演しているアダルトVRは以下より購入できます!

まとめ

長尺VRの価格が本当に上がったらショックではありますが、980円であれだけの感動体験をさせてもらっている今が特別なのかもしれません。今後はもっと衝撃を受けるような作品も登場するでしょうし、VRゴーグルなどハードも改良されていくでしょう。

無料サイトで大して興奮しないオナニーする時間勿体なくないですか?今日のオナニーは二度とできないので、最高に興奮する「アダルトVR」でイキましょうw