漫画村閉鎖!と思いきや”漫画タウン”に。SNSでは賛否両論の口コミ

  • 投稿者:管理人
  • 更新日:2018/04/13
漫画村閉鎖から一転”漫画タウン”へ。日本の文化を壊さないでよ

つい先日、漫画村が閉鎖されたとの報道を目にしましたが、数日後の今日、「漫画タウン」として村が”町(タウン)”になって復活したとのこと。

しかし、こんなにも早くミラーサイトを用意するとは驚きました。おそらく、閉鎖に追いやられることを予め分かっていて、代替えとなるサイトの準備はしていたのでしょう。

その証拠に、漫画タウンのドメイン(manga-town.net)と調べたところ、取得した日が「2017年06月26日」となっていました。

漫画タウンのドメイン取得日出典:SEOチェキ!

ただ、大して知識のない私ではそれ以上調べることができません。もし、フリーブックスや漫画村などの裏っ側を知りたい方は、かなり深く追及している以下サイトをご覧ください。

※全く関係のない外部サイトです。

難しいことは専門の人たちにお任せするとして、違法サイトを野放しにしたくない当サイトとしても何かできることはないか?小さい脳みそで長らく考えた結果・・

漫画村を利用していた人、存在自体を反対している人などの口コミをまとめることにしました。

口コミなんか発信したところで意味ないでしょ?

もちろん、そんなことは言われなくても理解しています。目的は、一連の騒動を少しでも世に広め、違法サイトのブロッキングが1日でも早く発動されてほしいからです。

また、「Avgle(アブグル)」のような著作権を無視した無料エロ動画サイトにも消えてほしいでの、無駄な抵抗だと分かりつつ民衆の声をお伝えすることにしました。

著作権フリーの隣国みたいになりたいですか?日本が好きなら「利用しない・反対する」側の人間になってくださいね。

漫画タウン公式ツイッターが”復活”を報告

上記は漫画タウンの公式思われるツイッターアカウントから、2018年4月12日に発信されたツイートです。リツイートが3,000以上、いいね!が2,000以上とものすごい反響となっています。

まずは、こちらの復活報告に対しての反応を見ていきましょう。

違法サイトの復活を喜ぶ口コミ

同じ日本人としてすごく恥ずかしい気持ちになります。どんなものでもパクってしまう近隣諸国を日頃バカにしているのに、全く同じことをしているサイトの復活を喜んでしまうとは・・

更に、漫画村が閉鎖したことをインタビューされた若者の発言には、残念というより将来の日本が心配になってしまうようなことを言ってました。

漫画村について若者は?出典:AmebaTIMES

「悲しい…悲しいみたいな。え~どういしょうこれから…みたいな」

自主規制で目線を入れましたが、報じているサイトではモザイクなど一切なく公開しています。そのうえで、こんなことカメラの前でよく発言したな、とちょっと感心しちゃいました。これほどおかしな世の中になっていたことにもビックリしましたが…。

こういったサイトを利用し復活を喜んでいる方、あなたを生んでくれた親御さん悲しんでますよ。きっと。

”アンチ漫画村” の多さにビックリ

正直、漫画村の復活を否定的に捉えている方が、ここまで多いとは思っていませんでした。なんか嬉しいですね!

自分が世の中の漫画を潰している…小学生じゃああるまいし…

一番上に紹介したツイートの発言ですが、おそらく小学生でも利用しちゃダメなのは分かるはず。それを、義務教育が終了した立派な大人が分かってないなんてね・・。

漫画・アニメの違法サイトをブロッキング

被害に遭っている著作権者たちにとっては「やっとか…」という想いでしょうが、やっと政府が重たい腰を上げてくれました。

ただ、10年以上前から「エロ動画・エロ画像」の違法サイトは腐るほどあったので、その時に法整備していれば今のような無法地帯にはなっていなかった気がします。

今更そんなこと言っても仕方ないですが、いつものように恰好つけるだけでなく完膚なきまでにやってほしいですね。

ブロッキングについては慎重な意見も…

賛成派だった私も”反対する意見”には頷いてしまう意見も多かったです。

特に考えさせられたのは「アクセス規制を政府の判断ですること」です。簡単にアクセス規制できるようになると、表現や言論の自由は奪われ、隣国のようになるリスクもあります。ただ、無法者たちを野放しにするのも絶対に許せません。

知能指数の低い私には難しすぎる問題です。

理由が何であれ賛成だ!

賛成派の方々は「無法者を野放しにしちゃダメ」いった感情的な表現もあると思われ、決して「言論統制されても良い」と言っている訳ではないはずです。

  • ブロッキングしないと無法地帯は続く
  • ブロッキングすると規制が問題になる

どちらを選択した方が良いのか?そんなこと分かる人間なんていません。

間違いなく言えるのは、グダグタ議論している間にもコンテンツ制作者たちの被害は拡大しています。1つの(AV)作品が出来上がるまでの苦労を知っている身としては、違法サイトの存在が許せない気持ちでいっぱいです。

悪人どものおかげで「漫画・アニメ・アダルト」などが不況なのはご存知ですよね?真面目にやっている方たちだけ被害に遭うのはおかしな話なので、とりあえず規制強化してもらいたい、というのが本音かな。