MENU

オナ禁の効果って?おすすめの最適期間とメリット・デメリットを解説!

オナ禁という言葉は知っていたり、疲れや忙しさから自然とオナ禁状態になっていることがある人は多いでしょう。オナ禁によって女性にモテるようになった、体つきが変わったという話はよく聞きますし、ネット上でも議論されたたりしていますが、それは本当なのか?

また、実際に適切なオナ禁の期間はあるのかといった悩みを解決する為に、オナ禁について解説していきます。

オナ禁にはさまざまなメリットがありますが、適切な行い方を学ばないと危険かもしれません。今回はオナ禁のメリットや効果、適切なオナ禁の期間を紹介していくので是非参考にして下さい。

興奮度10倍のアダルトVR
微妙だったら土下座します

エロVRは興奮度10倍

こんな人には強くおすすめします。

・最近、オナニーがつまらない
・低画質の無料動画に飽きた
・初オナニーのような興奮を味わいたい
・AV女優とSEXしたい願望あり

アダルトVRは、AV女優とセックスしているような臨場感を味わうことができ、はじめてオナニーした時の”あの感動”を再び体験することができます。

現状、アダルトVR以上に興奮するコンテンツはありません!

無料サンプルなども充実しているので、まずはお試しください。もし、はじめて利用して全く興奮しなかったらそれ相応の対応します。クレームのご連絡はツイッターもしくは問い合わせまで。

すぐ体験!VR初心者向けページ

合法で5万本のAV見放題

U-NEXT rakuten


合法でAVが31日間”無料”見放題」となる方法をご存知でしょうか?

無料でエロ動画を見れるサイトなんて沢山あるし、わざわざ合法に拘る必要なんてないでしょ。

確かに違法アップロードサイトは沢山ありますが、それらのサイトだと100%パクった動画しかなく、AVに欠かせない「画質・編集」はクソ。すぐ全裸になって挿入するエロ動画ではフル勃起しないはず。

「U-NEXT」or「楽天TV」なら、1分程度の登録作業だけで数万本の高画質エロ動画が見放題となります。

しかも、どちらも31日間以内に利用停止すれば完全無料です。このキャンペーンが実施されている期間中に必ずお試しください。

目次

オナ禁とは?

オナ禁とは文字通り「オナニーを辞めること」です。射精を我慢することで、男性ホルモンの1つである「テストステロン」の濃度を高めることが目的となっています

テストステロンは男らしさを出すホルモンとも呼ばれており、男性にとって欠かせないホルモンになっています。オナ禁に関わる多くのメリットがテストステロンと深い関係を持っているのです。

なんで辞める必要があるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、オナ禁にはびっくりするほど効果があるのでメリットを知っておきましょう。

オナ禁によるメリットや効果

オナ禁によるメリットは?

オナ禁によるテストステロンによって得られるメリットメリットはさまざまなものがあり、具体的には以下の通りです。

  • 肌荒れ改善
  • 精神が鍛えられる
  • 筋肉量が増えやすくなる
  • 顔つきが男らしくなる
  • 集中力が高まる
  • 女性に積極的になれる
  • 時間やエネルギーが余る

これだけでも、結構メリットがあると思うはずです。それぞれの理由についても解説するので詳しく読んでください。

肌荒れ改善

オナ禁によって肌荒れを改善することができます。頻繁にオナニーをしていると、ニキビが出来やすくなったという経験がある人も多いはずです。

オナニーをすることでテストステロン値が下がるので、肌にも影響を及ぼします。

例えば、筋トレをすると肌ツヤが良くなったとかニキビが治ったという話がありますが、筋トレは適度な運動によってテストステロンを高める効果があるので、オナ禁も同様の効果があると言えるでしょう。

精神が鍛えられる

オナ禁をすると間違いなく精神が鍛えられるでしょう。なぜなら、オナ禁は自分の欲求を抑えた自己との闘いです。

自我を抑制することで精神が鍛えられ、射精をしたいけどできない…。そんな葛藤を繰り返すことで、忍耐力が上がり仕事や趣味などにも好影響を与えることが出来ます。しかし、全く逆効果の人もいると思うので、あまりストレスを溜めないようにすることも大切です。

筋肉量が増えやすくなる

オナ禁をすることで、テストステロンが上昇するので筋肉量が増えやすくなります。ここで注意したいのが、ただオナ禁をしたからといって筋肉がつくわけではありません。

オナ禁をするだけで筋肉がつくのであれば、世の中の大半の人はマッチョになっていますw

オナ禁と筋トレを同時進行することで、身体全体の筋肉量がアップして、より逞しく男らしい魅力的な体になります。また、本当に筋肉をつけたい場合は寸前で止めるのも良いという研究結果もあります。

顔つきが男らしくなる

オナ禁をすることで顔つきが男らしくなります。顔つきが男らしくなるのはテストステロンの上昇が理由で、むくみの原因になる「ジヒドロテストステロン」の分泌が抑えられるからです。

むくみが取れることで目や顎の周りがすっきりしたり、顔つきがシャープになったりと嬉しい容姿の変化が起こります。むくみがあるとどうしても疲れた顔つきになるので、むくみが取れるとモテ顔になること間違い無しです。

一般的にもキリッとした顔の男性はテストステロン値が高いと言われています。

集中力が高まる

オナ禁をすると頭の前頭葉という部分が鍛えられるため、集中力が高まります。前頭葉は集中力をつかさどる部位で、鍛えることで集中力が高まり仕事の効率も上げることができます。

また、前頭葉を鍛えることで鬱病予防など病気のリスクも減らすことができます。

女性に積極的になれる

直接的にモテに繋がる部分で紹介すると、オナ禁をすることで女性に積極的になれる点です。オナ禁を開始してから急に女性にモテだしたという話がありますが、オナ禁によって積極的な性格になることで、多くの女性と出会うことが出来るということに繋がってくるからです。

テストステロンの上昇によりオス化するので女性を手に入れたいという欲求も高くなります。よって、女性に積極的にアプローチできるようになり、エッチが出来たり付き合う確率も高めることができます。

ただし、見方によってはただ溜まってるだけの男だと思われるので、あまり積極的になりすぎるのも禁物ですw

時間やエネルギーが余り時間を有効に使える

今までオナニーのオカズを探したり、射精後の賢者タイムにかなりの時間を費やしてきた方も少なくはないのではないでしょうか。

そういった時間やエネルギーを仕事や趣味だったり別のことに使うことができるので、充実した生活を送れるようになります。これは意外と大きなメリットですし、特にエロ動画を探している時間は思ってるより長いものです。

オナ禁に最適な期間はどれくらい?

オナ禁に最適な期間はどれくらい?

先述したようにオナ禁には多くのメリットがありますが、長い期間オナ禁を続けると体に悪影響を及ぼすこともあります。何ごともほどほどにという言葉があるように、オナ禁も例外ではありません。

今回はオナ禁もほどほどにして、適度に射精した方が良い理由をご紹介します。具体的には以下の通りです。

  1. テストステロンの上昇は7日以降はない
  2. 溜まりすぎると性機能が低下する
  3. 途中で欲求に耐えられなくなり、集中できなくなる
  4. 前立腺がんになりやすいなどの病気のリスクがある
  5. 質のいい睡眠が取れて体の免疫力が高まる

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

テストステロン上昇は7日迄

オナ禁をした場合、テストステロンの上昇は7日で止まると言われており、その後は段々と下がっていきます。

28人の被験者を集めて、1週間のテストステロンの濃度を調べたという研究では5日目までは変化なし、7日目にピークを迎えその後は下がっていくという結果です。

つまり、一週間程度で射精を繰り返すサイクルが最も良いという結論付けられています。このことから長期的なオナ禁はあまり意味がないことがわかります。

精子が溜まりすぎると性機能が低下する

精子は男性の体内で3日ほどしか生存できません。3日以上射精しなかった精子は、死滅精子(運動率が低い精子)となりその数が蓄積されていくのです。

また、古くなった精子が新しい精子を傷つけ、精子全体の質を下げてしまいます。さらに運動率が低い精子は卵子に到達できる確率も低くなります。

その結果、受精できる確率が低くなり不妊に陥ってしまうリスクがあるのです。

また、ペニスも腕や足と同じように使わないと機能が衰えてきます。例えば、長期入院をした時に運動機能の低下により満足に歩けなくなったりした場合はリハビリが必要なケースがありますが、ペニスにも同じ原理が働きます。

ペニスが勃起するには勃起を促す「神経」や「血液」、より強く勃起を促す「骨盤底筋群」という筋肉が関係しています。つまり人が体を動かすのと同様に、神経・血管・筋肉の3要素を働かせないと勃起することはできません。

長期的なオナ禁をしていると機能が衰えてきてしまい、最悪の場合は勃起起不全(ED)にも繋がってしまいます。

集中力の欠如・精神的ストレス

オナニーやセックスによって射精をすることは気持ちの良いことです。それは性的行動をすると脳内物質である「ドーパミン」や「エンドルフィン」といった物質が脳内から分泌されるからです。

これらの快楽物質は人を幸せにする効果があります。同時にリラックス効果もあり、オナニーやセックスをする度に人は幸福感を得てリラックスをしているのです。

しかし、オナ禁を続けていると上記の欲求に耐えられなくなり、集中できなくなったりストレスを抱えることになります。

頭の中は射精したいが出来ないことへの葛藤と常に闘っているので、仕事や趣味など日常生活に支障をきたすことになるでしょう。ストレスを抱えるくらいなら、射精してリセットをするようにしましょう。

前立腺ガンなどの病気のリスク

実はオナ禁のしすぎによって前立線がんになりやすいなどの病気のリスクがあることも判明しています。

アメリカのハーバード大学公衆衛生スクールの研究によると、1ヵ月に21回以上射精した人はそうではない人と比べて前立腺ガンになるリスクが20%以上低下するというデータがあります。

研究者達の間では、性行為や自慰行為が前立腺がんの予防になると断言されており、射精回数が少ないと前立腺ガンになりやすいということです。

その為、過度なオナ禁は病気になるリスクも抱えるので控えたほうが良いのかもしれません。

質のいい睡眠・免疫力向上

男性であれば、オナニーやセックスで射精をした時に無気力になる感覚は分かるはずです。通称「賢者タイム」と呼ばれるものですが、これはプロラクチンという脳内物質が原因です。

このプロラクチンという物質は、性欲を低下させると同時に脱力感や眠気を引き起こします。つまり、オナニーをして射精をすることで中々寝つけない男性もぐっすり眠ることができます。

また、射精をすると幸せホルモンと言われている「セロトニン」が分泌され、ストレスを軽減させて精神を安定させる働きもあります。つまり、射精後は質の良い睡眠を取ることができます

質の良い睡眠は体の免疫力が高まり、オナニーによって健康になることができるのです。

まとめ

ここまで紹介した全てをまとめると、オナ禁によるテストステロンの上昇は最大1週間程度なので、1週間おきに射精を繰り返すのがおすすめです。

また、オナ禁自体のメリットは多数あるが、長期的なオナ禁は体に悪影響を及ぼすことも分かっています。

オナ禁をした場合、1番辛い時期はオナ禁開始からの数日間です。今まで定期的にしていたものを断絶するのは根気のいることですが、慣れ始めると素敵な生活が待っているはずです。

ただし、人間本来の欲を我慢することは大きなストレスを生む可能性があるので、オナ禁のサイクルを徐々に伸ばしていくなど、自分のペースに合わせてオナ禁ライフを楽しんで頂ければと思います。

オナ禁後に最高のオナニーを実現したい場合は、臨場感のあるエロVRやオナホを利用すると驚くほど気持ち良いオナニーができるはずです。

目次
閉じる