高刺激オナホ

男が潮吹きする方法まとめ!やり方やコツ・手順まで徹底解説

潮吹きは女性だけでなく、男性にもあります。AVやセックスに対して意欲的な人でないと見たことがある人は多くないかもしれません。

私も実際に経験するまではAVの世界だけで起こる話だと思っていましたが、男の潮吹きは医学的にも証明されており、やり方さえ知ってしまえば誰でもできる可能性があります。

この記事では、男の潮吹きに興味があってもやり方がわからない方に向けて、潮吹きの手順からコツ・注意点に至るまでを紹介します。

1度潮吹きを覚えると、通常の射精では満足できなくなるくらいの快感を得ることができるので、記事を最後まで読み、是非新しい性の扉を開いてみてください。

男の潮吹きとは?

男の潮吹きとは?

男の潮吹きは、その名の通りチンコから大量の液体が出る現象のことをいいます。主に射精後、刺激を与え続けることでより深い快感を得ることができ、経験を重ねると挿入よりも気持ち良くなることが出来ます。

男の潮吹きに関する仕組みや根拠はこれまで詳しくわかっていませんでしたが、日本の研究機関が初めて学術的根拠を発表しました。

潮吹きのメカニズムを学会で発表

男性の潮吹きについて初めて研究、検証をしたのが「川崎医科大学泌尿器科」の研究チームです。

超音波検査を活用し、メカニズムやチンコから出る液体がなにからできているかを発見、2020年におこなわれた「第29回日本製機能学会」で報告しました。

潮吹きで出る液体の正体はおしっこで、被験者によると感覚は「我慢したあとにするおしっこと、イクときの感覚を合わせたような感じ」だったということです。

亀頭が強く刺激することで前立腺が激しく収縮、拡張し、おしっこを噴出するのが潮吹きのメカニズムだと解明されました。この研究派かなり信ぴょう性が高いと思います。

潮吹きのやり方を徹底解説

潮吹きのやり方を徹底解説

ここからは潮吹きしたい人のための手順を説明します。潮吹きをするまでの手順は簡単です。まずはオーソドックスなやり方をマスターしましょう。

今回紹介するのはこの3STEPです。

  1. 事前準備
  2. いつも通りオナニーする
  3. 亀頭に刺激を与え続ける

以上の3STEPになりますので、1つずつ細かく解説していきます。

「STEP1」事前準備

まずは潮吹きをするための事前準備をする必要があるのですが、それは水分をたくさんとることです。水分をたくさんとっておくことで、膀胱に水分が溜まり刺激が増えるので、潮吹きしやすくなります。

具体的に500ml~1000mlを目安に水分を摂るようにしてください。水分に関しての種類は基本的になんでも構いませんが、私の体感上酒類は潮吹きしやすい気がします。

特に「ストロングゼロ」は噴出する量が半端じゃないですw「そんなに水分とれないよ!」と思うかもしれませんが、快感を得るための努力なのでできるだけ頑張ってください。

「STEP2」いつも通りにオナニーをする

水分を充分にとった後はいつも通りオナニーをして射精してください。潮吹きするためには、1度射精をする必要があります。また、ベッドの上でする場合は、汚れないようにタオルなどを敷いておきましょう。

「STEP3」亀頭に刺激を与え続ける

射精後は間を置かずそのまま亀頭に刺激を与えましょう。このとき「くすぐったさ」や「少しの痛み」といった違和感を感じる場合がありますが、我慢して続けてください。

しばらくすると、おしっこが出てくるような感覚になるはずなので我慢せずにそのまま出しましょう。そのときに出るのが男の潮です。

最初は時間がかかる可能性が高いですが、諦めずに刺激を与え続けることが大切です。詳しい亀頭責めの方法を画像付きでしている記事もあるので、合わせて読んでみてください。

男性が潮吹きを成功させるための6つのコツ

男性が潮吹きを成功させる6つのコツ

潮吹きを成功させる、気持ち良い潮吹きをするためにはコツが必要です。潮吹きは、オナニーのように簡単にできるものではないので、コツをしっかりと押さえておきましょう。

  • シャワーを使う
  • 電動のオナホールを使う
  • ローションガーゼを使う
  • 乳首も同時に攻める
  • 風俗へ行く、パートナーに刺激してもらう
  • 羞恥心を捨てる

ここからは1つずつ解説していくので、気になる箇所があればしっかりと覚えておくようにしてください。

シャワーを使う

手を使ってもなかなか潮吹きできないときは、シャワーを使って亀頭に刺激を与えてみましょう。自分の手で刺激するより、シャワーの方が刺激が強いため、潮を吹く可能性が上がります。

射精したあとに勢いの弱いシャワーを亀頭に当てながら、徐々に勢いを強めていってください。潮吹きまでの時間は個人差がありますが、早い人で10秒~15秒、遅い人だと1分程かかります。

シャワーで潮吹きさせる時のコツは「はじめはぬるま湯を弱く当てる」ことです。熱いお湯を強い勢いで当ててしまうと刺激が強すぎるため、途中でやめたくなってしまいますw

普通のオナニーでも使えるので、未だやったことがない人は是非試してみてください。

電動のオナホールを使う

電動のオナホールを使う方法は初心者でも簡単にできるのでかなりおすすめです。先程紹介したシャワーも良いのですが、電動オナホは勝手に動いてくれるので楽ですw

また、片手がフリーになるので空いた手で乳首をいじることもできます。やり方はとても簡単で以下の順番通りにするだけです。

  1. 射精する
  2. オナホをはめる
  3. 弱い刺激から始めて強い刺激にシフトしていく
  4. 潮吹きするまで刺激を続ける

以上の手順でほとんどの場合が潮吹きできるはずです。刺激の強弱を設定してしまえばブレもないので、シャワーと違いなにも考えず潮吹きできます。

おすすめオナホはこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

ローションガーゼを使う

物を使う系で最強の道具は「ローションガーゼ」です。この方法は潮吹きができる風俗店でも実際に使われており、ガーゼの表面が絶妙な柔らかさをしているので射精後の敏感なチンコに最適です。

ローションガーゼを使った簡単なやり方は以下の通り。

  1. 洗面器などにローションを目一杯入れる
  2. 洗面器の中にガーゼを浸す
  3. ガーゼを亀頭に付ける、離すを繰り返す
  4. 亀頭にガーゼを密着させる
  5. ガーゼを左右に動かし、こねくり回す
  6. 潮吹きまで繰り返す

ローションガーゼをする際は、激しくこすりすぎないようにすることも大切で、私が初めて試したときは激しくやりすぎて血が出てしまいました。

使用済みストッキングでも代用可能なので、コスパも抜群です。また、ローションガーゼのやり方を見たい方は実演がyoutubeにあるので参考にしてください。

ローションガーゼを使う

亀頭と同時に乳首へ刺激を与える

亀頭に刺激を与えると同時に乳首にも刺激を与えてみましょう。乳首を同時にいじることによって意識を乳首にそらすことができます。

潮吹き初心者にありがちな亀頭のくすぐったさや痛みを緩和させることができるので、乳首いじりが嫌いな方以外はかなり使えるコツです。潮吹きを成功させるためには我慢も必要ですw

風俗へ行く、パートナーに刺激してもらう

ほとんどないとは思いますが、何度挑戦しても自分で潮吹きができない方は風俗へ行くかパートナーに手伝ってもらいましょう。

1人だと挫折することもありますが、相手がいることでやる気も出ます。潮吹きは勃起している必要があるので、異性に興奮させてもらうことで勃起を維持しやすくなります。

また、潮吹きのプロである風俗嬢に任せることで成功率は格段に上がるでしょう。潮吹きを開発してくれる風俗の種類はあとで詳しく説明するので楽しみにしてください。

羞恥心を捨てる

潮吹きを成功させるのに欠かせないことが羞恥心を捨てることです。初めて潮吹きするときはおしっこが出るときの感覚とほぼ同じなので、パートナーや風俗嬢の前だとどうしてもためらいがあります。

しかし、恥ずかしさを乗り越えなければ潮吹きは達成できません。潮吹きは全く恥ずかしいことではないですし、1度経験してしまえば羞恥心はなくなるのでためらわずに出しましょう!

潮吹きをしてくれる風俗店の種類

風俗店のなかには、男の潮吹きプレイがOKな場所や専門店が存在します。料金やプレイ内容をまとめたので、興味のある方は参考にしてみてください。

風俗種類 料金
回春・性感マッサージ店 12,000円~18,000円
M性感店 12,000円~18,000円
SM・痴女クラブ店 13,000円~20,000円

「回春・性感マッサージ店」特徴とプレイ内容

回春・性感マッサージは女性セラピストにマッサージを受けながら性的なサービスが受けられるお店です。

今流行りのメンズエステと違い、マッサージよりも性的なサービスが主体で、潮吹きを体験することができます。(お店によってはNGな場合もあり)

主なプレイ内容は以下の通り。

  • 一般的なオイルマッサージ
  • 睾丸マッサージ
  • 前立腺マッサージ
  • 乳首舐め
  • 手コキ
  • 潮吹き

価格はメンズエステよりも高く設定されており、プレイ内容はヘルスとメンズエステの間といった感じです。

「M性感店」特徴とプレイ内容

M性感店は男性客が完全に受け身の状態で攻められるサービスです。回春・性感マッサージと違い、女性セラピストは服を全く脱がないお店が多く基本的には相手に触ることもできません。

言葉責めなどを楽しみたいM男に人気のお店で、主なプレイ内容は以下の通り。

  • 言葉責め
  • フェザータッチ
  • 乳首舐め
  • 手コキ
  • 亀頭攻め
  • 焦らし・寸止め
  • アナル責め
  • 前立腺マッサージ
  • ドライオーガズム(射精を伴わない絶頂)
  • 潮吹き

私がよく利用するお店ではプレイ前に目隠しをするのですが、全身の感覚が研ぎ澄まされて快感が増すので、体験したことがない方は是非やってみてください!

「痴女クラブ店」特徴とプレイ内容

痴女クラブはM性感のハード版と捉えておくと良いと思います。より激しい言葉責めやMプレイを楽しむことができます。

主なプレイ内容は以下の通り。

  • 言葉責め
  • フェザータッチ
  • 乳首舐め
  • 手コキ
  • 亀頭攻め
  • 焦らし・寸止め
  • アナル責め
  • 前立腺マッサージ
  • ドライオーガズム(射精を伴わない絶頂)
  • 潮吹き
  • 手足拘束
  • 強制顔面騎乗位

M性感は基本的に女性の体を触ることができず、おっぱいは見えますがマンコは下着を履いているため見ることができません。

その点、痴女クラブは自分からのお触りはNGなのですが、顔面にマンコを押し付けられるサービスがあるお店が多いので、女性の裸とマンコを堪能することができます。

Mっ気が強い男性は痴女クラブを選ぶのがおすすめです。上記の風俗以外でも、オプションなどを使えば潮吹きさせてくれるところもあるので探してみて下さい!

男の潮吹きのリスク・注意点

男の潮吹きにはいくつかのリスクや注意点があります。知っておかないと潮吹きが上手くいかなかったり、今後の性生活に影響を及ぼすリスクがありますので、下記の注意事項を事前に知ってリスクを回避しましょう。

  • 遅漏になる可能性がある
  • 皮膚を傷つけてしまう可能性がある
  • 汚れてもいい場所で潮吹きする
  • 100%潮を吹くとは限らない

細かく説明しておくので、潮吹きに挑戦しようと考えている方はしっかりと把握しておいてください。

遅漏になる可能性がある

潮吹きを経験しすぎると遅漏になってしまう可能性があります。男の潮吹きは与える刺激が強すぎて普通のセックスの刺激では足りなくなってしまうからです。

毎日オナニーをしているとセックスをした際に中々イケなくなった経験がある方はいると思います。その原因は自分で手でチンコを握る圧力に比べて、相手の膣圧が少ないので刺激が足りず、イクことができません。

潮吹きはオナニーよりも刺激が強いので、さらに遅漏になる可能性が高いということです。もしやり過ぎて遅漏になってしまった場合はチンコを握る力を弱くしたり、オナニーの回数を減らしたりして、徐々に与える刺激を弱くしていきましょう。

皮膚を傷つけてしまう可能性がある

潮吹きをしすぎると皮膚を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。チンコに強い刺激を与えることで負荷がかかり、亀頭や皮にダメージを与えてしまいます。

酷いときに亀頭から血が出ることもありますし、ガーゼやパンストを使う方法は気持ち良い反面、チンコへの負荷が高いので注意してください。

チンコが傷つくと傷口からばい菌が入り、性病などの危険性もあるため、傷がついてしまった場合はすぐに病院に行きましょう。

潮吹きする場合は汚れてもいい場所でする

潮吹きをするときは必ず汚れてもいい場所でするようにしましょう。チンコから大量のおしっこが出てベッドや部屋が汚れたら困ります。

個人差はありますが具体的に2~3ml、200ml~400mlくらいの潮が吹きだします。また、少しずつチョロチョロ出るパターンや一気に噴出するパターン、その日の体調や水分量いよっても変化します。

私の場合は小さいコップ一杯分くらいの量が出るのですが、水道の蛇口を押さえて威力を強くしたときのような勢いで噴出しますw

準備をしておかないと悲惨なことになりかねないので、潮吹きにチャレンジする際はなるべく備えておきましょう。

必ず潮を吹くとは限らない

これまで紹介した方法を試しても、潮吹きが必ず成功するとは限りません。亀頭に刺激を与えている途中に痛くなったり、むずがゆくなったりしてやめてしまう人や、短時間で諦めてしまう人もいます。

イッたあとはチンコが敏感になってこれ以上触ってほしくないという感覚になると思いますし、触り続けるとおしっこが出そうな感覚になったりと、それが嫌だという人もいます。

しかし、おしっこが出そうという感覚=潮を吹く感覚なので、怖がらずに衝動に身を任せてしまいましょう。諦めず何回もチャレンジしていれば必ず潮を吹けるときがきます。

前立腺への刺激で潮吹きさせる方法

最後にはなりますが、上級者向けとして亀頭への刺激のほかに前立腺への刺激を与える方法もあります。普通の潮吹きよりも難しいですが、気持ち良さは前立腺潮吹きの方が何倍も上です。

自分ではできないのでパートナーや風俗嬢の手を借りる必要がありますが、より気持ち良さを求める方におすすめです。具体的なやり方を以下の手順。

  1. 前立腺を指の腹を使ってゆっくり一定のリズムで刺激する
  2. 男性が慣れてきたタイミングで強弱をつけながら撫でたり軽く指で叩いたりを繰り返す
  3. ローションを使って亀頭を優しくなでる
  4. 1~3を繰り返し、前立腺が膨らんでくるのを待つ
  5. 前立腺が膨らんできたタイミングで膨らんだ部分を少し強めに押す

以上の行為をすることで、潮を吹きます。前立腺を刺激するときに「エネマグラ」というアダルトグッズを使うと、快感が増します。
興味がある方はこちらの記事を読んでみて下さい。

まとめ

男の潮吹きで快楽を得るためにはさまざまな苦痛を越えていく必要があります。初めは自分でやろうとしてもなかなか上手くいかないものです。そんな時はセフレやパートナーに協力してもらうか、専門の風俗店に行きお任せしましょう。

ただし、やり過ぎると普通のセックスでイケなくなりますし、チンコを痛める危険性もあるのでほどほどにしておいてください。いずれせよ、苦痛も快感に変えてしまえるようなM男の方に向いているかもしれません。