PlayStation VR発表「エロゲー」は発売する?

PlayStation VR

VRの普及でゲームや映画、そしてアダルトコンテンツなどの在り方そのものが変わろうとしているのはご存知でしょうか?

これからは全てのゲームや動画がVRに変化していくとも言われていますが、まだまだゲーム業界・映画業界も対応しきれていない状況です。

しかし、10月13日にソニーからPlayStationVR(税別44,980)の発売が決まり、いよいよゲーム業界も本格的にその波に乗ろうとしています。

PlayStation VRとは

VRというものをよく分からないかたに説明しておくと、VRとは「コンピューターの生み出した現実ではない3次元空間」 という意味です。

Virtual = 仮想 とは、「現実ではない別の空間」ということを意味して、Reality = 現実 とは、「私たちが経験するもの」を略したのがVRとなっているわけです。

そのVR産業に大手であるSONYが進出することで、より一層の注目を浴びているわけです。

PSVRは仮想空間内で視界を覆う巨大スクリーン(最大225型/横幅5メートルのスクリーンが2.5メートル先にあるように感じられる)に、PS VR専用もしくは対応のソフトウェアタイトルを映し出してVRの体験が楽しめるほか、映像コンテンツ、シェアプレイ、Live from PlayStationのソーシャル機能など、PS4のさまざまなコンテンツや機能を映し出すシネマティックモードも備えている。全天球カメラなどで撮影された360度全方向を見渡せる写真や動画の表示にも対応する。

出典:itmedia.co.jp

VRの発売が決まりソニーのHP上では既に予約が始まっておりましたが、現在予約受付再開待ちの状態です。

まだまだこれから情報の公開もされていくでしょうが、現在は謎に包まれた部分も多いのも確かです。

PSVRでエロゲーは発売されるのか?

PSVR

VRの世界は簡単に言うとSFやドラえもんの世界にそのまま入れるようなものなんですが、いわば現実世界とは全く違う空間に入れるということになります。

PlayStationVRが発売されることでゲーム業界の躍進が期待されていますが、ゲームの世界にはゲーム業界が定めるレーティング (年齢制限) 制度があります。

そういったことからも現在、PlayStation4対応ゲームとしてアダルト・ポルノゲームといったコンテンツの販売は厳しいのではないか?と言われている状況です。

ゲーム業界の限界

今後レーティング制度が解除される可能性は少ないでしょうから、PlayStationVRでエロゲーを楽しむというのは難しいかもしれません。

エロといえるのかどうか分かりませんが、現在発売されている中で1番過激なもので「DEAD OR ALIVE Xtreme 3」くらいです。

これではアダルトとは言い難い内容になっていますから、ゲームで楽しむのであれば現状このくらいの動画が限界ということになるのではないでしょうか。

PlayStation VRの機能

アダルトに関しては興奮してしまうようなエロゲーの発売・配信はなく、当面は配信・販売される予定もないということになると、PlayStationVRでは既存の機能で楽しむしかないと言えるでしょう。

しかし、PlayStationVRの機能に関してはまだ不明な点も多く、SONY側としても多機能で世代を問わず楽しめるものを目指しているでしょうから、アップデートも頻繁に行われることになると思います。

開発もこれから進んでいくことだと思いますが、現段階でPlayStationVRに関して分かっている機能を説明しておきます。

シネマティックモード機能を搭載

PlayStationVRにはシネマティックモードという機能がついています。ヘッドセットで映像コンテンツを楽しむ機能で、設定や対応コンテンツなど詳細な情報が順次明らかになっています。

現段階ではその機能を使用することにより仮想空間を使って、まるで映画館のスクリーンのような大きな画面で映画などを鑑賞することが可能と言われています。

この説明では分かり辛いかもしれませんが、イメージ的には映画館の真ん中に1人で座りスクリーンを見ているような感じになるでしょう。

Blu-rayやHuluが視聴できる

Blu-rayだけでなくネットの動画配信などにも対応が決まっており、NetFlixHuluなどの映画やドラマ、アニメなどを大画面で楽しむことができるようです。

特にHuluなどでは海外のドラマや映画が多く配信されていますから、それだけでも十分に値段相応の楽しみかたはできるでしょう。

この手の話になると3Dはどうなのか?という話が出てきますが現段階では3D対応はしていないようで、Blu-ray 3Dを再生した場合には、3Dではなく2Dでの表示になるとのことです。

しかし、3Dコンテンツへの対応に関しては検討中ということで今後どうなるか分かりませんし、開発は今後もしていますから対応される可能性もあります。

最後に

世の中にこういった革新的技術が出たときに、それを爆発的に拡散するのはアダルトの世界と言われています。実際にVHSテープが世に浸透したのはアダルトビデオの存在からでした。

そういったことからもVRの世界もゲームではなく、PlayStationVRではゲームではなくアダルト動画を中心に普及しはじめるのではないか?と言われています。

それに乗るかのように、アダルトのVRそのものが注目を浴びてきていて、先日行われたアダルトVRフェスタはイベント開始前に警察に止められるほど大盛況だったようなので今後も目が離せないことは確かでしょう。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします