AV女優というだけで非難されるが本来は賞賛すべき職業

アダルトビデオに出演するAV女優が必要な理由

もしあなたの身内に「AV女優」がいるとしたらどのように感じますか?全員とは言いませんが多くの方が白い目で見るのではないでしょうか。

私もスカウトを始めるまで、アダルトビデオに出演する女の子を差別するような目で見ていましたが、実際にAV女優の仕事を紹介していくうちにそういった感情は一切なくなりました。

現在、女優さんをしている女の子、これから始めようと思っている女の子、AV女優という職業に対して後ろめたさを感じる必要はありません。

その辺のサラリーマンより、よっぽど社会に貢献しているということをお伝えします。悩んでいる子がいるようなら少しでも自信を持ってもらえると嬉しいです。

レイプ犯罪が少ないのはAV女優のおかげ

先進国である日本で、強姦などの犯罪が諸外国と比べて少ないことは知ってましたか?若い女の子たちは夜道を平気に歩いていると思いますが、その安心感をAV女優が体を張って与えてくれているのです。

アメリカやオーストラリアでは数十倍ものレイプ犯罪が起こっており、女性は町中を歩くだけでも常に警戒しなくてはいけないのです。

世界の強姦発生件数

日本はレイプが少ない!と口で言っているだけではピンとこないと思うので、外国では「日本と比較して強姦がどのぐらい発生しているのか」調べてみました。

国名 発生件数(10万人あたり) 日本の何倍?
日本 1.2
アメリカ合衆国  37.0  30.8倍
ニュージーランド  7.46  6.21倍
カナダ 78.08 65.06倍
オーストラリア  81.41 67.84倍
スペイン 14.34 11.95倍

ウィキペディアで「強姦」を調べると出てくるデータとなりますが、真ん中の列が10万人に対しての強姦発生件数となります。そして、一番右側の数値が日本と比較して、諸外国でどの程度発生しているのか示しています。

カナダやオーストラリアが特に多く、レイプ犯罪を少しでも減らすために不特定の人が利用する公衆トイレなどでは、襲われても下から転がって逃げられるように30センチぐらい隙間があるそうです。それだけ常に危険を感じる必要があり、なかなか改善には向かっていないようです。

日本がどれだけ安全な国か分かったと思います。

アダルトビデオが普及してから急激に減った

今でこそレイプ犯罪が少ないように思えますが、戦後の日本では6,857件(1964年)を記録する年もありました。しかし、2000年頃からアダルトビデオが少しずつ普及していき、現在のような治安となったのです。

100%AV女優のおかげとまでは言いませんが、上記のデータから日本にレイプが少ないのは彼女らがいなかったら、今では考えられない国になっていたかもしれません。

最後に

AV女優になって他人の目を気にするかもしれませんが、昔に比べれば理解ある人が増えたようにも感じます。今後、更にAV女優を受け入れていく社会になっていくのは間違いなく、飯島愛のようにテレビ出演なども徐々に増えていくのではと感じています。

女優として有名になりたい子、親や知人にバレたくないといった女の子がいますが、男性の欲求を満たしてくれる女優さんであることに変わりはないので、全面的に協力していくつもりです。

プロダクション探し、ギャラの相場、AVに関することだったらどんなことでも相談してください。あなたを事務所に所属させたい業者とは違い、100%あなたのことしか考えず相談に乗ります。

2チャンネルのような掲示板ではプロダクションの人間も書き込みしているので、いろんなサイトで情報を集めているのであれば当サイトの信頼度は高いと思いますよ!

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします