海外医薬品を個人輸入代行で購入する違法性やリスク

海外医薬品を個人輸入代行する違法性は?

ダイエット、育毛剤、精力剤など男女の「コンプレックス」に関わる、医薬品やサプリメントを購入している方は多いと思います。

しかし、世界的に見ても薬事法で制限が厳しい日本には、そこまで効果を期待できる商品は販売されておらず、半分気休めで服用し続けているのではないでしょうか?

そんな方々におすすめなのが「医薬品の個人輸入代行」であり、本来は処方箋がないと入手できない薬や、日本では配合成分に規制がかかって売っていないものが手に入ります。

ただ、普通に考えたら「薬事法違反で逮捕されるんじゃ・・」と感じてしまうでしょう。そんな方に役立つ情報をお伝えするので、利用を検討している方は覗いてみてください。

医薬品を輸入する違法性

ダラダラと説明をしても面倒だと思うので、まずは海外の医薬品を輸入することに違法性がないのか?結論から説明させていただきます。

個人で使用するなら問題なし

医薬品を輸入する違法性厚生労働省のオフィシャルHPを見る限りでは「個人の使用に限り違法性なし」とされています。説明されている一文を抜粋しておきます。

医薬品などの輸入は、薬事法でどのように規制されていますか?

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており・・

出典:厚生労働省HP

上記のように個人で使用する医薬品であれば輸入でき、国内で規制されている薬であれ使用することができます。はじめて知った方は意外に感じたかもしれませんが、一般の個人が医薬品の輸入が可能となったのは以下の配慮からです。

外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合など

さすがに全面禁止してしまうと、海外の薬を服用している人たちが来れなくなる可能性が増えますからね。

購入するのに条件はないのか?

でも、気になるのはこの条件に見合わない日本人の輸入はどうなのか?その事に関しては記載がなかったので、確かな情報をお届けするために厚労省に直接電話して確認することにしました。

海外の医薬品を個人輸入することについてお伺いしたいのですが
担当の者に変わりますので少々お待ちください
麻薬対策課××です。どのようなご用件ですか?
海外の医薬品を個人で使う目的で購入したいのですが、HPには海外の薬物治療を継続する場合や、旅行者の常備薬に配慮すると書いてあったので、それ以外の目的では法的にどうなのか気になって・・
基本的に日本で承認されていない医薬品の使用はおすすめしません。
ん、購入して輸入してはダメということですか?
もし、海外の医薬品を使用してあなたのカラダに悪影響があっても、一切の責任は保証されません
・・・

そうではなくて、私が個人輸入代行サイトで購入することが、国内の法律的に罰則の対象になるのか教えてもらいたいのですが

購入はおすすめしませんが、法律的には問題ないといった回答になります。ただ、輸入には数量や薬品によって認められないケースもあるので、詳しくはホームページなどをご覧ください
分かりました。ありがとうございます!

結果、厚労省の担当者はだいぶ言葉を選びながら教えてくれた通り、公的な立場としては推奨していないけど、薬事法には触れるような違法性はないそうです。

但し、いくつか注意しなくてはいけないこともあるので説明しておきます。

医薬品、数量など輸入には規制がある

医薬品、数量などに規制がある

個人の使用に限り、海外の医薬品を輸入することは問題ありませんが、当然のように内容物や数量などに規制があります。購入する方は絶対に覚えておかないと、購入しても税関で没収となってしまうので注意してください。

法律の違いを理解しておく

日本と海外では法律の解釈に大きな違いがあるので、海外の医薬品を輸入するうえで認識しておいた方が良いことがあります。

  • 日本の薬事法では、養毛剤、浴用剤、ドリンク剤など、人体への作用が緩和なものについて、医薬部外品とみなされる場合もありますが、個人輸入に関しては医薬品と同様の取扱いとなる。
  • 外国では食品(サプリメントを含む。)として販売されている製品であっても、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効能・効果が標ぼうされていたりするものは、日本では医薬品に該当する場合がある。

まず、薬事法などに対する決まり事には、海外ではOKでも日本ではNGということは沢山あります。その為、勝手な先入観だけは捨てて、全ての確認は慎重に行ってください。

医薬品別の輸入制限数量

厚労省のHPに記載のものをそのまま記載しておきます。

医薬品の種類 数量や制限
外用剤 標準サイズで1品目24個以内
  • 外用剤:軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
  • 処方せん薬・・・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
毒薬、劇薬など 用法用量からみて1ヶ月分以内
上記以外の医薬品 用法用量からみて2ヶ月分以内
化粧品 標準サイズで1品目24個以内
医療機器 一般の個人が、医家向けの医療機器の輸入できない

1ヶ月分、2ヶ月分と言われても数え方が分からないと思うので、どのように算出すれば良いかも説明しておきます。

<1ヶ月分の数量の算出方法>

①1日3回2錠服用する錠剤の1ヶ月分数量

  • (2錠×3回)×30日×1ヶ月=180錠まで1ヶ月分の用量

②2日間使用可能な使い捨てコンタクトレンズの2ヶ月分数量

  • (30日×1ヶ月)÷2日分=15ペアまで1ヶ月分の個数

③1日1回使用する排卵検査薬の2ヶ月分数量

  • 30日×1ヶ月=30個まで

上記以外にも細かい制限があるので、心配な方は『医薬品等の数量について(厚労省)』をご覧になってみてください。

最後に

実は個人的に、海外の勃起薬や処方箋が必要な薬を購入していて、あまりにも周りの知人が知らなかったことで今回の記事を更新する運びとなりました。

今後の反応にもよりますが、個人の輸入代行を仲介するサイトや、おすすめの医薬品などの情報もお伝え出来ればと思っています。国内の医薬品やサプリに満足していない方は、また暇な時に覗いてみてください!

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします