膣イキしやすい「寝バック」ポルチオ開発にもおすすめの体位

寝バック

男性が好きな体位の中で、必ず上位のほうにくる「寝バック」ですが、経験してる人は多いかと言うと、意外と少ないようです。

女の子からするとあまり気持ちよくない体位だと思われがちですが、実は膣イキやポルチオ開発には向いている体位となっています。

エッチ初心者から抜け出したぐらいで、中級くらいの女の子には是非経験してみて欲しい体位となるので、寝バックの良さを是非学んでおきましょう!

寝バックとは

根バック・敷き小股

寝バックは後背位の中の1つなのですが、48手の中だと敷き小股(しきこまた)という名称がついています。

昔からある体位の1つなので、好きな人も多いのでしょうが、男性からすると締まりがとてもきつく感じる体位でもあります。

お尻方向からの挿入の為、深くは入りませんが、それでも締め付けがきついのが人気の理由でしょう。

女の子にしても、うつぶせのほうが脚やお尻に力が入れやすい子には、寝バックで膣イキ経験したという子も多い体位です。

寝バックの手順

画像を差し込んでいますので大体の形はわかってもらえたと思いますが、簡単な順番だけ説明しておきます。

  1. 女の子がうつぶせに寝ます。
  2. 男性は女の子にまたがり膝をつきます
  3. 挿入します
  4. 男性は、両脚で女の子の太ももを挟み、女の子の脚を閉じたままにします

これで寝バックは完成です。女の子が足を閉じてお尻と膣が力むほどに男性は締め付けを感じます。

注意しておくとしたら、最初から女の子が股を閉じてしまっていると挿入が出来ません。少しだけ開いた状態で挿入してもらい、それから閉じましょう。

寝バックの特長

ポルチオ・位置

寝バックは女の子が後ろから男性に責められる体位ですから、男性が優位だと思われがちですが、実はそうでもありません。

女の子は膣とお尻をつかい締め上げることが出来るので、男性側としても「こんなに締まりよかったっけ?」と思うくらい締まります。

それと奥まで突きにくいという点がありませんが、後ろから挿入するとポルチオあたりに男性の亀頭がこすれる形になりますから、深い快感が好きな女の子には特におすすめです。

寝バックにおける長所

女の子側から考えたときの長所をあげると以下のようになります。

  • うつぶせの方がリキみやすい女性には、尻や脚に力を入れやすい
  • 骨盤の傾きが一定になる
  • 女性が腰を上下に動かしやすい(責めやすい)
  • 感じている顔を見られたくない女性には都合が良い

骨盤の傾きが一定になるというのは何?思った女の子も多いと思いますが、女の子の身体や腰が浮いた状態になる普通のバックは、腰(骨盤)前に傾いたり、後ろに傾いたりと不安定になります。

男性は自然と抜き挿しするピストン運動が主になり、男性器で膣内をまんべんなく刺激することが難しくなります。

これに対して寝バックは、女性の骨盤の傾きが一定になるので、まんべんなく回転運動をすることが出来るのです。それに加えて女の子も腰を上下しやすいので、回転系の動きが好きな女の子にとっては凄く感じることの出来る体位となっています。

Gスポットへの刺激

ポルチオではなくGスポットへの刺激も欲しい女の子は絶対にいると思います。実際に体験してみないことには難しい思いますが、寝バックでもGスポットを刺激することは実は可能なんです。

この場合は、女性がうつぶさになってるのに対して男性が垂直になります。こうすることで膣壁と小陰唇がまとわりつくような感じになります。この状態で女の子が骨盤を前後に動かすと、自分の好きな感じでGスポットへの刺激を得ることが出来るようになります。

最後に

男性が好きな体位として見られがちかと思いますが、実はそうでもない事はわかって頂けたでしょう。ちょっと難しい体位になるかもしれませんが、挑戦してみる価値はあると思います。

寝バックに注意事項があるとしたら、慣れないと男性のペニスが抜けやすいということでしょうか。それに、その締まりがゆえに男性が早くイキやすい体位でもあります。

経験がそこそこある男性なら1度ゆっくりにしたり抜いたりしてごまかせますが、早漏や経験が少ない人の場合気にしながら進めてくださいね!

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします