PSVRに必要なものと総額費用を購入前にチェック!

PSVR

様々なメディアで注目され報道されていますので、ご存知の人も多いかもしれませんが2016年3月15日にプレイステーションVRの価格と発売日が正式に発表されました。

発売日は2016年10月13日、6月18日から予約受付開始しましたが殺到した為に一時中止となりました。更に7月23日に予約再開しましたが一週間も待たずに再度予約不可となってしまったようです。

発売前からどれだけ人気があるんだ?と思うでしょうが、普段からゲームをしてない人にはどこが凄いのか分からない部分も多いでしょう。

そういった事も踏まえて、初心者の方がPSVRで遊ぶには、どのような機器が必要になるのか、そしてどれぐらいの費用が必要になるのか紹介していきます。

PSVRとは

PSVRに関しては「PlayStation VR発表「エロゲー」は発売する?」でも詳しく紹介していますが、PSVRはソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売するVR用HMDヘッドマウントディスプレイ)になります。

ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システムであり、360°全方向で迫力の3D空間を楽しめます。VRが何なのかよく分からない人は下記を参照に把握してください。

VRとは、「コンピューターの生み出した現実ではない3次元空間」 という意味です。VRをわかりやすく言えば、

  • Virtual = 仮想 とは、「現実ではない別の空間」ということを意味して、
  • Reality = 現実 とは、「私たちが経験するもの」を意味します。

ですから、VRは「現実感のある人工的な空間」と言ってしまうことが出来ます。つまり、VRでは現実とは全く違う空間を体験することになります。より詳しく言えば、AR (拡張現実) などとは、”現実とは全く違う空間”、”体験する”などの意味において違ってきます。

出典:VRをさくっと知りたい人のための基礎知識

周辺機器と価格

PSVRと周辺機器

PSVRの内容を見てみると以下のような付属品があり、こちらがPSVR購入時に入っている全てになります。

  • PSVR 本体
  • プロセッサーユニット
  • 接続ケーブル
  • HDMIケーブル
  • USBケーブル
  • イヤフォン
  • 電源コード
  • ACアダプター1
  • VRゲームソフト「THE PLAYROOM VR」

これら全てで定価が44,980円(税別)となっていますから、PS4を持っている人でも44,980円は必要ということになります。

PSVRのみでは遊べないので注意

1番多い勘違いがPSVRを購入したらVRデームやコンテンツで遊べると思っている人が多い点です。しかし、実際にPSVRで遊ぶにはPS4PlayStation Cameraが必要になります。

具体的に言うとPSVRのゲーム全てで使用するわけではないですが、PSVR購入後の初期設定にPlayStation Cameraが必要になります。

PS4の価格はハードディスクの容量が少ない500GBのもので税別34.980円になりますから、更にPlayStation Camera単体の価格5,980円に加えると3つの総額で85,940円となっています。

PSVRで遊ぶのに最低限の価格は?

PSVRはPlayStation Camera 同梱版があり、PSVRと別々に購入するよりはそのほうが安く済みますから覚えておきましょう。

それらを踏まえて、PS4を持っていない人が最低限の価格でPSVRで遊ぼうとすると下記の総額となります。

  • プレイステーションVR【PlayStation Camera 同梱版】: 49,980円(税別
  • PS4(500GB版): 34,980円(税別)
  • 合計: 84,960円(税別)

尚、PS4を既に持っている人がPSVRで楽しみたい場合は最低の必要金額は49,980(税別)~と思って良いでしょう。

最低限これでPSVRで遊べるようにはなりますが、ソフトやその他のゲームに必要なコントローラーなどを考えるとこれだけで十分に遊べるとはいえないでしょう。

PlayStation Move(コントローラー)の購入

PlayStation Move

必ずしも必要ではないですが、あると便利でよりPSVRの面白さを引き出してくれるのがPlayStation Moveというコントローラーがあります。

PlayStation Moveは画像のようにスティック状のフォルムで手で掴んだり回したりするコントローラーですが、ゲームによってはこれを2本使用するものもあるようです。

価格は1本で3,790円(税別)ですが、必ずしも必要ではなくPS4のデュアルショックコントローラーでもPSVRを動かすことは可能です。

VRゲーム専用ソフトの購入

VRゲームを楽しむのに必要なソフトですが、現時点での価格は未定となっており予想される販売価格は2,200~6500円あたりではないかと言われています。

しかし、これは他のデバイスを使用したVRゲームソフトの価格を見る限りはこれくらいというだけで、VRゲームの開発費やこれまでPlayStationで発売されてきたソフトの価格からすると、もう少し高額になりそうな気もします。

どちらにしても10月13日の発売まであまり期間もないですから、追々ソフトの価格も発表されていくことでしょう。

最後に

PSVRで遊ぶのに必要な価格や周辺機器などを紹介しましたが、今現在安価で最もVRの良さを体感できるのはアダルトVRだと言えるでしょう。

HMDも安価なもので良いですし、VR専用のアダルト動画も1000円~購入できます。そう考えるとVRの世界を体験するのにまず手を出しやすいのはアダルトになるのではないでしょうか。

VRに関しては他にもコラムで触れていますので、是非興味がなかった人は読んでみて欲しいと思います。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします