黒い乳首でも平気?黒ずんだ原因と綺麗なピンク色に戻す方法

ブラジャー

黒ずんでしまった乳首の色に悩んでしまっている女性は非常に多いと思うのですが、迷信ともいえるような噂ばかりが行き交っていて、どれが本当に信じて良い情報なのかイマイチ分からないことが多いと思います。

しかし、友達や医師に相談するのも恥かしく、どんどん自分の体やスタイルに自信がなくなっていき、精神的にも悪循環になってしまいます。

近年では乳首用のコスメも続々と発売していますが、乳首が黒くなる原因やメカニズムはどういったものなのか?そして、ピンクで綺麗な乳首に戻すことはできるのか?詳しく紹介していきたいと思います。

ピンク色の乳首が好きな男性の割合

乳首の色・アンケート

男性に乳首の色はどんな色が好きか?とアンケートをとると、表のような結果となるようで、個人的にはそんなにピンク色の需要があるのか?と思ってしまうほど圧倒的な結果でした。

現実にピンク色の乳首が好きな男性は多く、黒いのではないか?と悩んでいる人や自覚がある人は、原因を知った上で少しでもピンク色の乳首になってほしいと思います。

そして、「元々黒いから・・」や「子供産んだから・・」と諦めるのではなく、簡単にできる方法だけでも知って試してみて欲しいと思いますので、まずは原因から紹介していきます。

乳首が黒くなる原因はメラニン色素

泡を立てて洗顔

乳首が黒くなる原因としてよく言われているのは、乳首の色=経験人数(SEXの回数)ということが言われますが、実は経験人数などは全く関係ありません

不確定な情報である上に女性を傷つけるような言葉ですし、非常に嫌な思いをしたことがある人もいるかと思いますが、そういった意見は事実ではないので安心して良いです。

実は乳首が黒くなるの原因についてはメラニン色素というものが原因なのですが、体の中のメラニン色素が増えるる理由を紹介しておきますから、把握しておきましょう。

メラニン色素が増える理由が分かると、自然と対応する方法も見えてきますし、ピンクの乳首になることは無理なことではないと思えてくるはずです。

メラニンの生成が生まれつき多い

よく乳首が黒いのは生まれつきだと思っている人の多くが、メラニン色素の生成が多い人なのですが、メラニン色素の量は先天的に決まっているので元々乳首が黒い人というのは確かに存在します。

生まれつきか・・と落ち込む人もいるでしょうが、先天的に決まっていてもメラニンの生成を抑える方法はあり、それは後でも紹介するので落ち込まないでください。

紫外線と摩擦によりメラニンが生成される

意外と知られていませんが、衣服を着用していても紫外線というのは少なからず乳首に影響を与えるほど進入していて、目が日焼けしても肌が脳に「メラニンを生成しろ!」という指令を出します。

乳首の摩擦も同様の理由で、皮膚を守ろうと過剰に生成してしまうことで黒くなりますから、紫外線と同道に衣服による乳首への摩擦にも気をつける必要があります。

出産・妊娠・授乳など

女性の中では出産・妊娠・授乳なの理由で乳首が黒くなったことを自覚してしまい諦めてしまう人は多いと思いますが、実はこれらは一時的なものであるということをまずは覚えておいて欲しいです。

赤ちゃんがお母さんの乳首を見つけやすいために黒くなるという説もありますが、実際1番大きな理由は摩擦と同じ理由で乳首を赤ちゃんの吸引力に負けない肌にする為にメラニンの生成が多くなります。

授乳期間が終われば徐々に元の色に戻るのが自然で、日焼けして元の白い肌に戻るのに時間がかかるのと似たような感じだと捉えておけば良いでしょう。

加齢による乳首の黒ずみ

年をとると乳首が黒くなるとはよく言いますが、これは肌の代謝が落ちたことで、若い頃にはできていた老廃物の排出をできなくなった結果、乳首が黒いままになります。

年齢を重ねることで、古い角質やメラニン色素が排出されずにだんだん蓄積してしまうと黒ずんできてしまうので、代謝がよく健康的な人は年をとっても黒くなりづらいです。

健康的な体でいることは肌の表面的なものだけでなく、乳首にまで影響を及ぼすということを覚えておくと良いでしょう。

乳首をピンクに戻す方法は

乳首をピンクにする方法

基本的に乳首をピンク色に戻す方法として大事なことは以下の2つになるので必ず覚えておくようにしましょう。

  • メラニン色素の生成そのものを抑える
  • 基礎代謝をあげてメラニン色素の排出を促す

この2つが乳首をピンクにする方法となっていますが、実際にどのようなケアを行えば良いのか紹介しておきます。

メラニンの生成を抑えるクリームを使用する

セルフケアとして1番手軽にできるのは美白成分を配合した乳液やクリームを塗ってケアする方法です。これはメラニンを薄くする成分が含まれているので、黒ずみの改善としてはかなり有効です。

高い効果を得られるものとしては、黒ずみ専用のクリームやジェル、最近ではピーリング剤も市販されているので自分に合ったものを探して使用すると良いでしょう。

美白成分には、ビタミンC誘導体・ハイドロキノン・トレチノイン酸・ルミキシルペプチドなどがありますから、成分を見る際はそこも注目しておきましょう。

皮膚科や美容整形外科でも同様の成分を配合したクリームなどを渡される場合がありますが、大手化粧品会社の化粧品でも大問題になりニュースになったりしています。

商品を選ぶさいは細心の注意が必要で、もしも肌に合わない場合は即刻に使用を中止しましょう。

運動による代謝改善でピンクする

クリーム同様に手軽で日課にしてしまうと良いのは適度な運動による代謝の向上です。これは老廃物や肌の生まれ変わりを活性化させるので何気に効果は大きいです。

普段から運動をしない人や、産後で全く動かなくなった人は是非試してみて欲しい方法で、自分だけで運動するのは苦手だと思う人はマタニティヨガなどもあり、非常に代謝向上に向いているのでおすすめします。

それに加えて食事内容を改善すると更に効果も高く、女性ホルモンも活発化することでより綺麗な女性へとなれるはずですから、努力したら体がなんらかのレスポンスを絶対してくれるはずです。

最後に

乳首が黒くなる原因とピンクにする方法を紹介しましたが、女性のからだや美容に関する悩みや問題は無数にあると思います。

コンプレックスを隠す人が多いですが、少しでも改善することでポジティブな気分になれれば、それだけで美人に見えてきたりもするものです。

最近黒くなった・・とか乳首の色が気になっている・・という人は参考にして、実践してみてください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします