エロVRでオナニーしたい!でも、自宅に嫁がいてバレが怖い

エロVR動画を視聴するには専用のゴーグル(HMD)とヘッドフォンを装着するので、嫁や彼女がいるとバレるリスクが高いVRオナニーとなります。

「もしオナニーしているところを見られたら…」

正直、VRオナニーしている姿は客観的に見て相当恥ずかしく、仮に私が見られてしまったら恥ずかしすぎて泣いてしまうかもしれませんw

今回はそういった”ビビり”によってエロVRを体験されていない方に、そのビビりがが無駄だということを教えておきます。これから初体験の方には役立つ情報となっているので是非覚えておくように!

※そもそもエロVRをあまり知らない方は…

興奮度10倍のオナニー

DMM VRであなたが男優になれる

↑この男性になった気分になれます。

冗談抜きで”アダルトVR"はエロいです。文字では表現できませんが、普通のエロ動画では興奮しなくなるほどです。

生身の女性とセックスしたことがあるなら、きっとその時の快感を味わえるはず。お試しなら1円も使わずに体験できるので、絶頂オナニーの世界を是非味わってください。

※7月限定のキャンペーンをお見逃しなく!

DMM アダルトVR特設ページ

嫁がいてもエロVRはできる!3つの理由

嫁や彼女を気にせずエロVRオナニーをできる理由を紹介していきます。

 HMD・VRゴーグルの存在

エロVRを視聴するには上記画像のようなVR専用ゴーグルが必要となりますが、同居する女性からすると「オナニー用?」と感じてしまうケースも多いでしょう。実際、ネットでVRゴーグル(HMD)のことを調べるとアダルト寄りの情報が多いです…。

ただ、このVRゴーグルで視聴できるコンテンツは幅広くあり、最近ではユーチューブにも沢山のVR動画がアップされています。

  • ジェットコースターのVR動画
  • ホラーのVR動画
  • 飛行機を運転しているVR動画 etc…

その他にもゲームやアーティストのコンテンツまであり、それらのVR動画を見るにはゴーグルが必要です。

その為、自宅にVRゴーグルがあっても違和感を感じさせない市場になってきたので、その事を理解させればこの問題は難なくクリアできるでしょう。ちなみに、私もたまに一般コンテンツを同居女性に見せてますw

PSVRの普及でVR市場は変わる

PSVRを手軽に入手できる!追加販売するサイトや店舗一覧』の記事でも紹介しましたが、国内で入手困難だった「PlayStation VR(PSVR)」がようやく買いやすくなりそうです。

現在はエロVR動画をPSVRで視聴できる環境は整っていませんが、ソニーが本気で販売しようとした時に”アダルトコンテンツ”だけは絶対に無視できない市場となります。

上記はDMMのVR特設ページですが、既にPSVRの体験版動画が見れるようになっています。DMMが対応に向けて動き出していることは間違いなく、ソニー側も販売を伸ばすためには必要不可欠だと認識しているはずです。

近い将来、一般家庭にあるゲーム機でエロVRを視聴できるようになり、自宅に嫁や子供がいる方であっても難なくVRオナニーできるようになるでしょう。

 アダルトVRコンテンツの保管方法

最近のアダルト動画はストリーミング方式で見れるので、エロ本が主流だった時代よりはバレるリスクは少なくなりました。とはいっても、ブラウザや検索履歴に残っていると見ていることが筒抜けかもしれません。

しかし、エロVRではサイトによって独自開発の「VR再生アプリ」があり、配信サイト側をログアウトしておけばバレない仕組みになっています。

今後は上記サイト以外でもアプリ開発はされていくので、利用するユーザーのセキュリティーは強化されていきます。これでダウンロード購入したエロコンテンツはあなたしか見ることができなくなります。

まとめ

某大手エロVRサイトの責任者から聞いたことですが、エロVR動画などのソフトはもちろん、HMD・VRゴーグルといったハードの開発が進み、2019年頃にアダルトVR市場の黄金期が来るそうです。

今でも十分すぎるほどの感動をさせてもらっているので、その時代のエロVRがどうなっているのか?考えるだけで勃起しちゃいそうです(笑)

すぐにVRオナニーをしたい方は以下の記事が役立つので合わせてご覧ください!