前戯や愛撫で感じにくい女の子は成熟度と性感帯を理解しろ!

エッチの最中、彼は真剣な顔で色々としてくれるけど、実はそんなに気持ちよくないって事はありませんか?

気持ち良くないだけならまだしも、痛いとか不快になると気分が落ちるばかりで全く楽しいと感じることができないはずです。しかし、彼は「私が感じてくれている」と思っていて、それを思うと言えない・・という人が多いようです。

そんな悩みの相談を受けることが多く、正直に言っていいのか?それとも今のまま演技をしていれば良いのか?と考えている女性は多いようですので、私なりのアドバイスをさせてもらいます。

感度は慣れや成熟度による

感度は慣れや成熟度による

「気持ち良くない・セックスの良さが分からない」という事を考えたときに、1番多い理由は慣れカラダの成熟度だと思います。

女性はセックスに対しての慣れや経験を得ることで感度がどんどん上がっていき、年齢的に一番ピークをを迎えるのは30代後半とも言われています。

その為、まだ不慣れな10代や20代のうちはできるだけ経験を積み、早く自分のカラダを理解することが気持ち良いセックスをする為の近道となっています。

逆に男はどうでしょうか?30代後半になると10代の時のような勢いや性欲はなくなり、徐々に衰えていきます。そういった意味では徐々に増していく女性の方が羨ましく感じます。

オッパイが感じない

オッパイが気持ちよくない

昔、セフレのオッパイを愛撫しているときの話ですが、あまりに反応がないので、「気持ちよくないの?」と聞いた事があります。彼女は胸はあまり気持ちよくないと返事をしてきました。

クリトリスやGスポットは敏感だし、不感症ではないのになぜ?とその時は思ったのですが、調べたり聞いたりしているうちに何となく原因がわかってきました。

そもそも女性のオッパイは赤ちゃんに授乳させる為のものであって、男性が触る為に作られてるものではありません。乳房というのは脂肪に覆われていますし、神経も少なく感度が悪くて当然です。

ですから、性感体として比較的敏感ではない部位になるのです。ですが、乳腺の先である乳首はとても敏感でデリケートな場所であることは変わりありません。

周りから攻めて体温や気分が高まってから乳首を攻めると気持ちよくなるはずです。くすぐったいと思う女の子はまだカラダが慣れてないので、少しずつ慣れていく必要があります。

性感帯としても成長していくはずなので、私はそうしてセフレをオッパイの感じる女の子にしてみせましたwwですので、焦らずゆっくりと感じる身体にしていきうのも非常に大切なことです。

膣内が感じない・気持ち良くなれない

大陰唇や小陰唇・クリトリスは気持ち良いけど、挿入時は気持ち良いと感じない・・こういう女の子も多いはずです。実際にチンコを入れてみたら思ったほど感じてくれてない?という経験をしたことがある男も多いでしょう。

実は女性のアソコ付近は神経が多く、外側は敏感に作られているのに膣の中は神経が少ないのです。

出産時の大拡張にも耐えられるように作られているので、鈍感で当たり前だと思ってください。慣れるまで時間がかかるものですが、1度気持ちよくなり始めると凄い快感を得る事が出来るようです。

性感帯はカラダだけではない

感度の悩み

人間はカラダは感じなくても心が感じることは出来ます。キスをする時にドキドキしたり、付き合いたてなら手を繋ぐことさえドキドキしてしまうものです。

そういうときは脳内物質であるドーパミンが分泌されているので、快楽的な気持ちになっています。これだけでも女性ホルモンの分泌により肌が綺麗になる効果があります。

心が感じてるなら次はカラダが感じるようになるのは時間の問題です。焦らずゆっくりと自分のカラダを開発していきましょう。

より感じるカラダになる為には

上記で心でも感じることが出来ると述べましたが、カラダが気持ちよくなる為に努力することも大事です。この方法も人によって色々あると思うのですが、ムードを作ったりするのも大事ですし、性感体以外の部位を触ったり、長くキスしたりすることで気分を高めるのも大事です。

女性の場合は濡れ具合だけを見ても、体調や気分が反映してくるものです。今気持ちよくないからといって悩まないようにしましょう。

最後に

カラダは敏感に心の状態をキャッチして反映させます。それに女性の体はとてもデリケートに出来ているので、じっくり時間をかけて自分のカラダを理解していくが重要となります。

オナニーなども1つの方法ですし、好きな人と色々試してみるのも良いでしょう。無理せず焦らず気持ちの良いセックスができるように努力していきましょう!