おりものが白く量が増えるのは異常?まさか性病?

おりもの・女の子の不安・悩み

セックス後に怖くなったり不安になるのは、望んでいない妊娠性病でしょう。男性が性病になった場合は、性器に何かしらの異変や痛みを伴うことが多いですが、女性の場合はあまり症状がない場合もあります。

「おりもの」の量も一時的なものなら良いですが、長引く場合は性病や感染症を疑ったほうが良いかもしれません。。

その為、原因や症状を知っておくことで不安も少なくなり、もしものときに対処も早くなりますから、最低限の知識は知っておく必要があります。

おりものとは

おりものと膣液の違いなどが分かってない女の子もいるようなので、「おりもの」とはどういったものなのか簡単に説明をしておきます。

おりものとは、子宮頚部や膣からの分泌物や、子宮や膣からはがれた古い細胞などが混ざり合ったものです。

通常は無色透明から白っぽく、少し粘り気があります。月経前後や排卵日などに量が増え、少し臭いがする場合がありますが、それ以外はあまり臭いがないのが正常です。

下着の汚れの原因になるなど、ネガティブなイメージのあるおりものですが、女性の身体を健康に保つために大切な役割をしています。

月経終了後に増えていき、排卵期に最も量が多くなって、白っぽい色から透明なゼリー状になっていきます。

出典:スキンケア大学

基本的な役割は膣内の洗浄作用ですから、分泌されることがおかしいことではありません。むしろ、正常に体が機能している証拠だと言えるので、おりものが出ているからと不安になることはありません。

セックス後におりものが増えた

不安な女性

セックスの後におりものが増えたという女の子は多いです。普段より多いことで不安になるかもしれませんが、上記で説明したとおり、おりものが出ることの役割は洗浄作用が主です。

では、どのような理由でおりものが増えることがあるのか?それらの理由を紹介していきたいと思います。

いつもより量が多い気がする

彼の手や指が清潔ではなくばい菌が入ったり、膣内が少し傷ついたなどの場合は一時的におりものが増えることがあります。特にセックス前に手洗いなどをしていない場合はこうなることが多いです。

20台前後の女性だと、卵胞ホルモンの分泌がピークを迎えおりものの量も増えてきます。それによりセックス後に増える場合があるので、余計に多いと感じることもあるかもしれません。

白い泡のようなおりものが出る

セックス直後や最中に、見たこともないような「白く泡立ったようなおりもの」が出ることがあります。はじめて見た人はとてもビックリするようですが、これは激しいピストン運動や指マンによって起こることが多い現象です。

通常は透明に近い色のおりものや愛液が、膣内で激しくかき混ぜられることにより、空気と触れ合うことで白く泡立つのが原因です。

久しぶりのセックスしたら翌日から増えた

ばい菌やちょっとした傷などによるもので、色や痛みがなければ問題であることは少ないですが、まれに淋病やトリコモナスの場合があります。

こういった場合は白いおりものではなく、色や臭いが多少違ってきますから自分でも気付きやすいでしょう。もちろん、その場合はすぐに診察を受ける必要があります。

おりものが「性病・異常」と見分ける方法

基本的に「おりもの」の異常は色と量で見分けるのですが、個人差もありますから一概には言えません。気になる状態なら病院に行くことが一番ですが、見分け方を知っておくだけで判断材料になるので覚えておきましょう。

心配する必要のないおケース

おりものが増える主な時期は排卵期セックスの後です。排卵期は少しドロッとしたおりものや、血が混じることがありますがこれは排卵期特有のものです。

セックス後も性的興奮により分泌量が増えることがあります。これは膣内の自浄作用が一時的に高まる為に起こる現象なので心配はいりません。その他、気にするほどではない範囲のおりものは以下の通りです。

  • 少しとろみがある
  • 卵の白身ほどのの硬さ
  • 少量の血が混ざったもの
  • 下着が黄色っぽくなったもの

記載したような特徴のおりものが出た場合でも「酸っぱい・悪臭」がするなどの異常がない場合は正常の範囲内であることが多いです。

注意したほうが良い症状

以下のような症状が見られる場合は、できる限り早く病院へ行き診察してもらいましょう。放っておくと妊娠できない体になってしまったり、完治までに時間がかかってしまうのでかなり危険です。

  • おりもののに血が混ざっている
  • 生理用ナプキンが必要なほどの量が出る
  • ヨーグルトのような色や、カッテージチーズのようなポロポロした状態
  • 緑黄色や膿みのような色をしている
  • 痒みが異常にある

出血は少量であれば良いですが、不正出血の恐れもありますから気をつける必要があります。多少の蒸れなどによるかぶれであれば、デリケートゾーンのケアで済むこともありますが、他にも異常がある場合は性病の疑いが強いです。

最後に

女の子の体というのは男性よりも敏感にできており、命を宿すことのできる機能を備えています。基本的には清潔にしておけば問題はありませんが、生活習慣や疲れ、風邪などによる免疫低下で異常が出たりします。

こういった場合も放っておくことはせずに、恥ずかしさを少しだけ我慢して詳しい人に相談するか、病院で診察してもらうようにしましょう。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします