「潮吹き=イク」と「潮=おしっこ」が同じと勘違いしてない?

潮吹き・解説

セックスにおいて1番大事なことって何でしょうか?男性が気持ち良くなるこなのか、それとも女の子が「イク」ことなのか・・

気持ちの良いセックスといっても、子作りを目指す人と浮気相手とのセックスでは全く違うでしょうし、目的や相手によって変化するのは当然でしょう。

男性にとって「潮吹き」をさせることもその一環ではありますが、女性にとってもカラダが敏感になったからこそ起こる現象です。

ただ、「潮吹き=オシッコ」と勘違いしている人が多いように感じるので、今後のためにも正しい知識を身に付けておきましょう。

潮吹きとは

特に男性が勘違いしていることが多いですが、潮吹きを「イク」現象の1つだと思っています。視覚的にも女性器から潮が噴出される為か、男性が潮を吹かせたと満足してしまうものです。

女の子としても、初めて潮吹きする前の感覚にはビックリするはずですし、抵抗があるのも分かります。しかし、それがより深い快楽の妨げにもなる確率がありますので、潮吹きに関して詳しく紹介したいと思います。

潮吹きとは

オルガスムの前または最中手でGスポットを刺激されて、女性の尿道から液体が排出される現象。AV界では尿失禁とは区別される。

出典:ウィキペディア

これを読んでもらうと解るように、イク=潮吹きではないのです。

基本的にはオーガズムとは別であるという考えがあり、潮吹きによってオルガズム以外の新しい感覚が得られたり、より強いオルガズムが得られると言われています。

潮吹きと尿意の関係

クリトリスとGスポットへの刺激を続けて潮吹きが近づくと、女性は尿意を感じるようになります。経験が浅い女の子がセックス中に感じる「おしっこしたい」というのがこの感覚です。

基本的に潮吹きをしたい気持ちは尿意とよく似ていて、この尿意が心理的な抵抗となって、刺激をやめてしまい潮吹きまでに至らないケースがほとんどです。

もし、まだ経験がない子で新たな新境地を味わってみたい場合、クリトリスやマンコをイジられて小便に行きたくなっても我慢してみてください!そうすればオシッコではなく「潮吹き」を体験できるはずです。

潮吹きの方法

潮吹き・失尿説

潮吹きの前には、女の子の膣内に入れた指が明らかに分かるほど、女の子のGスポットが膨らんできます。指で表面を擦るのではなく、入れた指の腹で優しく押したり揉んだりするようにほぐしていくほうが、効果を得やすいです。

どうしても吹いてみたいと思うのであれば、水分を多めに飲んでおくと良いでしょう。潮は身体の水分から出ますので、体内多くあると吹き易くなります。

また、上記でも少し説明しましたが、刺激してくれている時に尿意のようなものを感じたら身体を力ませることも大事です。

どちらにしても、男性の知識と頑張りがまず必要となるので、カラダの問題の前に男性の雰囲気作りやテクニックが大事になります。上手な男性であれば優しくリードしてくれるので、潮吹きには巡り合いの運も必要かもしれません。

潮は尿ではない

具体的には、尿道から噴出するものの、尿とは異なる液体であると発表されていて、尿より汗に近い液体だと言われています。

そして、普段の愛撫や挿入中に出ているトロトロとした愛液と違い、潮吹きの液体はサラサラした成分で、体調や月経周期により違いはありますが、ほとんどの場合が透明に近い色です。

こういった事からも、尿と潮は違う成分であるというのが主な説となっているので、おしっこと勘違いしている人は現時点から認識を改めてもらい、汚いものといった考えを捨てましょう。

最後に

潮吹きについて紹介してきましたが、人生1回ですしどうせなら気持ち良い体験は進んでした方が得です。セックスでイクことは出来ても「潮吹き」は出来ないケースが多いので、今回紹介したことを是非実践で試してみてください。

また、イク感覚と似ているとも言われているので、その違いを詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします