AVプロダクションが担っている役割

AVプロダクションの役割は?

AV女優として仕事をしようとするとほぼ100%の割合で「AVプロダクション」に所属する流れとなります。でもなぜ所属しなくてはいけないのか?そう感じる女の子もいるはずです。

ちなみにプロダクションに所属してメーカーから仕事を貰った場合、半分の5割程度はプロダクション側に取られ残りがあなたのギャラとなります。

仮に私が女性だったとして何も知識がなければ、自分の手取りが下がってしまうのが嫌でプロダクションには所属しないかもしれません。

しかし、これまでに沢山のAV女優を発掘してきたからこそ分かったのは「AVプロダクション所属は必須」ということです。その理由を分かりやすくお伝えします。

AVプロダクションの役割とは

AVプロダクションに所属しなくてもフリーとして女優をすることもできますが、あなたには到底できないことを代わりに行ってくれるのがプロダクションです。

AV女優という商品の売り込み

AVプロダクションとは、あなたをプロデュースして仕事をとってくきてくれる存在となります。稀に女優兼マネージャーをすることがありますが、私が知っている限りではほぼ失敗に終わっています。

業界を熟知しているプロダクションであれば、あなたの女優人生をどうしたら輝かしいものにできるのか?また、これまでに培ってきた信用で仕事を回してもらえる強みがあり、毎月のスケジューリングを管理してくれる強い味方となります。

よく勘違いしてしまうのは、数えきれないほどAV女優がいるので業界自体すごく大きな市場と思いがちですが、実際はほぼ関東のみで動いておりすごく狭いのです。

そんな業界で一度信用を失った終わり・・その業務を一貫して行ってくれるのがAVプロダクションなのです。

AV女優の精神面のケア

当然、上記で説明した商品の売り込みを行い、あなたを撮影してくれるアダルトメーカーへの営業が最も肝心ですが、それだけに長けているプロダクションだとしたら長くは続けられないでしょう。おそらく早いうちにメンタルがおかしくなるはずです。

AVという仕事をしてきた女の子を沢山見てきましたが、優れているプロダクションに所属させた女の子は、AVの撮影で参ってしまいそうな時でもしっかりとケアしてくれます。食事連れて行ってもらったり、休みの日であろうと長電話に付き合ってもらったり、女優さんの心の友になってくれるのです。

しかし、お金を稼ぐ事しか考えていない悪徳プロダクションの場合だと・・

  • 弱音を吐くと仕事をくれなくなる
  • AV女優を商売道具としか扱ってくれない
  • きつい現場の後も電車で帰らせる

ひとりの人間として扱ってくれないプロダクションがあるのは事実です。実際にそのような事務所をいくつか知っていますが、確かに営業力はあっても次々と女の子が辞めていき、AV女優になったことを後悔してしまう女の子が沢山いました。

著作権・肖像権の管理

AV女優として仕事を続けていくと「著作権・肖像権などの権利物」がどんどん増えていきます。芸能界ではその権利を厳重に管理するのが当たり前となっていますが、アダルト業界ではまだまだ浸透していません。

ただ、最近では女優さんに関わる権利を乱用させないように、組合や団体などもできているようで以前に比べると守られるようになっています。

しかし、あなたがフリーでAV女優としているとしたらどうでしょう?

AVプロダクションという存在のおかげで権利の乱用をしてこなかった連中が、プロダクションの盾がないことをいいことに平気に無許可で使用してしまうようになってしまいます。今はネットに広がると致命傷となってしまう可能性があるので、権利の管理をしてもらうのはとても重要なことなのです。

最後に

AVプロダクションが補っている3つの役割は理解できたでしょうか?優良なプロダクションさえ探すことができれば、AV女優として仕事を円滑に進めていく事ができ、とてもやりがいのある仕事となるはずです。

プロダクション選びに必要な以下の項目も一緒に読んでくださいね。

 

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします