アダルトVR動画の多大なメリットの裏にはデメリットもある

アダルトVR動画の活用方法

男女ともにオナニーのおかずでアダルト動画を利用する時「今見たいのはオッパイじゃなくて挿入のところ!」などと感じることはありませんか?

私も常日頃からAVには大変お世話になっていますが、この悩みだけは撮影しているカメラマンの腕に左右されることで、PCやスマホの画面ではどうすることもできませんでした。

しかし、アダルトVR動画の登場で「見たい部分が自分で見れる」時代へ変わろうとしています。どういう事?と思われるでしょうが言葉の意味そのままです。

それだけだと具体性に欠けるので、アダルトVR動画の視聴はこんなにも凄い!ということをいくつか紹介させてもらいます。

※本題に入る前に・・

業界最大手のDMMがついにアダルトVRを配信開始しました!もちろん、エロい方々は既に体験済みだとは思いますが…

その中でも感動と興奮を最高潮にしてくれた「乙葉ななせ」ちゃんとセックスしているような体験をできるVR動画があったので、同じ感覚を味わってもらおうと紹介することにしましたw

かなりおすすめの作品なので見なきゃ損ですよ!

DMM VRの人気作品

「乙葉ななせ」のエロVR動画ページ

アダルトVR動画のメリット

まずはこれまで視聴してきたAVとどのような違いがあるのか?徐々に注目を集めている裏にはそれなりのメリットが当然あります。

リアリティある臨場感を自宅で

アダルトVR動画のメリット

VR動画とは?』でも詳しく説明していますが、最大のメリットは専用メガネを使うことで、実際に動画の中にいるような感覚を360°見渡せることだと思います。

ただ、コトバだけで感動を伝えるのは大変難しく、実際に体験しないと本当の意味は理解できないはずです。そのうえで説明すると、まさにエッチ動画内の男優が自分のような錯覚に陥ってしまうほどの動画です。

首を動かして上下左右を見ることで、オッパイや挿入など自分の好きな時に自由な部分を見ることができます。視聴すれば分かりますがこの発明は奇跡ですw

上記の画像はVR動画のサンプルですが、実際に視聴するとこんなショボくありません。あくまで参考画像だということをご理解ください。

生身の相手とセックスしているよう

私が体験して感じたのは「AVを観てるではなくセックスをしてる」ような感覚になりました。

しかも、錯覚をしている相手が顔もスタイルも抜群のAV女優。普通の人間では早々味わうことのできない体験が、VR動画を利用するだけでできてしまうのです。

今はまだそこまでサービス自体が世の中に普及してないので動画コンテンツは充実していませんが、数年も経てば現在販売されている有名な女優作品が、当たり前のように購入できる日もそう遠くはないはずです。

そうなれば、男性はタイプの女優さんと、女性は好きな男優さんと毎日「疑似セックス」できるのです。夢のような日々を過ごせるはずです。

アダルトVR動画のデメリット

バーチャル空間で「オナニーに最高のおかず」を得られるメリットがありますが、良いことがあれば必ず悪いことがあるものです。

VR動画を視聴して悪影響となることを理解しておかないと、日本の将来に影響してくるかもしれません。利用するのであればデメリットだけは必ず知っておくようにしてください。

バーチャルの世界より満足できなくなる

アダルトVR動画のデメリット

体験して思ったのは「現実だったら天国」のような感覚を手にする事ができます。生身の相手とセックスしている錯覚になるメリットを紹介しましたが、その事が逆にデメリットとなって跳ね返ってくる可能性があります。

その空間はあくまでバーチャルであり現実ではありません。

辛いことや乗り越えなくてはいけないことが沢山ある現実より、VR動画で現実逃避している方が良くなる人間が増え、今よりセックスする機会が減ってしまうことで「少子化」が進むでしょう。

只でさえ男性の性欲が薄れつつあると言われているのに、「もしアダルトVR動画が主流になったら?」と考えると、ちょっと怖くありませんか?

デメリットは専用の機器が必要なこと

VR動画視聴のヘッドセット

感動体験のできるアダルトVR動画を視聴するには、上記のような専用のメガネにスマホを装着し、専用の動画コンテンツを用意する必要があります。

その為、これまでのように動画をダウンロードすれば手軽に視聴できた反面、今すぐ観るといったことができないことと、多少の出費が嵩むデメリットがあります。また、装着しても両手は使えますが、付けている時は他人の気配に気づくことはできません。

もし、実家住まいで親に見つかると気まずい場合は、ちょっと使いづらいかもしれません。

VR動画の感動は伝えたいが浸透するのは・・

世の中の商品やサービスにあまり感動することはありませんが、VR動画を視聴した時は久々に心底感動したのは間違いないです。率直な感想は「時代はここまで進化したか!」と感じました。

しかも、動画の視聴をする以外にも様々な活用が期待されており、オナニーに限らず社会貢献できそうなことも沢山あります。例えば・・

  • 生涯を抱えていてもバーチャル空間で活躍できる
  • 遠距離でもリアリティある対話ができる

他にも実現可能なことは沢山あるでしょうが、現時点で身体的・物理的に不可能であっても可能となるメリットはすごいことです。

ただ、その発展の裏には「人間同士の接点」がなくなっていくデメリットが存在し、世界に浸透すればするほど崩壊するものがあるのでは?と少し心配になってしまいます。

とはいってもどんどん進化を遂げていき、この記事を書いている今では想像できない商品も発表されているはずです。便利なものは是非使いたいですが、最終的に「生身のセックス」だけは今と変わらず残って欲しいものです。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします