アソコの締まりを良くする「膣トレ」今すぐ実践できる4手順

膣トレ紹介

アソコの締まりって女の子にとって凄く気になりますよね。カラダの悩みは他人に相談できることと、なかなか恥ずかしいことがあり、悩みでは特に多いジャンルと感じます。

その中でも「締まりの問題」というのはいくら女の子同士でも言いにくい内容ですし、そんなことを話題にしてる女の子たちを想像するのは男としても微妙です。

簡単なチェック方法トレーニングについてお伝えしていきますが、締まりに関しては以下の記事でも紹介しているので、是非参考にしてください。

膣トレとは

女性の締まりを膣圧と言いますが、他人と比較することができません。専門のクリニックに行けば、膣圧計がある所もありますが、産婦人科で普通に置いてるわけでもないです。

雑誌などで見るように、膣でバナナを切るというトレーニングがありますが、そんなことをしている人はいないでしょうし、実際にいたら引いてしまいます。

膣圧を高めるには肛門括約筋骨盤底筋下腹部の筋肉の強化が必要となり、これらを鍛えることで膣圧が飛躍的に高まります。大体効果は3週間くらいで出てくるのですが、1度ついた筋肉は衰えにくいので長い目でゆっくり筋肉をつけた方が良いでしょう。

膣圧チェック

友人医師から聞いたこと、膣圧と締まりをチェックする項目を記載しておきます。以下の3つになるので、自分のはどうなのかチェックしてみて下さい。

  • 膣とお尻の穴を締めたときに気持ち良い
  • 尿をする時、勢いに強弱をつけられる
  • スクワットをゆっくり20回出来る

これかが出来ていればまず締まりがゆるい事はないようです。太ももやお尻付近の筋肉が発達していると全体的に締まりも良くなるようで、そういう女の子は比較的安産が多いという話も聞きました。

重要なのは姿勢と骨盤

姿勢を良くする

膣圧向上のために、1番重要なのが正しい姿勢を保つことになります。

正しい姿勢とは、下腹部とお尻に力をいれて背骨をまっすぐ伸ばした状態です。膣圧にお悩みの方は、まず普段の姿勢から見直してみましょう。

骨盤がしっかりと収まる姿勢で背骨を正すと、お腹も引っ込んで見えるのでスタイルも良く見えます。これはとても大事ですし、第一印象も変わります。

座るときも、きちんと座る。お尻がだら~んと広がらないように、きゅっとすぼめたスタイルで座る。そして、腹筋に力をいれて、猫背にならないように気をつける。これだけで筋肉の弱い方は疲れてくるかもしれません。

膣トレ内容

それでは気になる膣圧向上トレーニングの内容です。どこでも簡単に出来るので、キッチンに立ってる時や仕事の合間とか寝る前の軽い運動でやってみて下さい。それくらいであっても2.3ヶ月で肉体的な変化がわかるようです。

  1. 足を肩幅くらいで開いて、頭が天井から引っ張られているイメージで立ってみる。その時、手はお腹に当てる。
  2. 息を吸いながら膣を締めて、5秒かけてへその裏まで引き上げる。肛門を締める意識も大事です。
  3. 膣全体が上に上がってるような感覚で、お腹の中心部分に位置しているとイメージしながら、そのまま息を5秒間止める。
  4. 5秒かけてゆっくり息を吐きながら膣をゆるめていく。ゆっくりとお腹から膣のほうへ下ろすイメージ。

以上の4つを繰り返すだけですから、とても簡単ですしイメージも持ちやすいと思います。筋肉の収縮ですから軽い負荷の筋トレとしてダイエットにも効果的です。

毎日続けることで確実に変わると思うので、是非実践してみてください!

最後に

簡単で楽な膣トレを紹介してみましたがどうだったでしょうか?他にも膣のゆるさについて紹介している記事もあるので、キツマンを目指す女の子はトレーニング頑張ってください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします