ED治療薬のバイアグラとは?薬の正しい飲み方・効果・副作用

ED治療薬のバイアグラとは?飲み方や通販で購入する方法

バイアグラのことを知らない成人男性はあまりいないでしょうが、若い方の多くは服用しなくても勃起するので「名称だけ知ってる」ケースがほとんどでしょう。

ただ、そこまで高齢ではない私でも使用している薬なので、ED(勃起不全)に悩んでいる方はもちろん、そうでない方にもそれなりに浸透しているのでは?と勝手に思っています。

今回はそんなバイアグラを今後使用するかもしれない方へ、薬の服用方法・効果・副作用に至るまで、知っておかないといけないことを分かりやすく説明します。

バイアグラとは

さすがにお薬博士じゃないのでバイアグラの歴史などは知りません。代わりに詳しく紹介しているサイトがあったので、そちらをそのまま引用しておきます。

バイアグラは、アメリカでは1998年、日本では1999年3月に正式販売が認められ、勃起不全治療薬として高い効果が期待できるお薬です。

現在ではED治療薬として幅広く世間に認知されておりますが、元々はアメリカの第一次臨床試験において、狭心症の治療薬として開発されていたお薬です。その開発の途中で、勃起不全治癒の効能が発見され、現在では幅広い年齢層の方々がご利用されております。

出典:バイアグラの正しい服用法

一応、無知な方のためにお伝えしておきますが、バイアグラというのは薬品名であって、ED治療薬の総称ではないですからねw

「そんなの誰でも知ってるわ!」と怒られそうですが、意外に勘違いしている人が多いんです。シアリス・レビトラをバイアグラ内の商品だと思っていたり・・

そんな当たり前のことはさておき、バイアグラという薬を開発したのはどこなのか知ってますよね?そうです、世界的に有名なファイザー製薬です。日本人にもお馴染みの製薬会社であり、他にも沢山の医薬品を日本で販売しています。

しかし、そのような企業が関わっていて、病気とも呼べるEDに悩んでいる人が多数いるのに、なぜか日本の健康保険では適用外となっています。その為、購入すると分かりますが非常に高額に感じると思います。

ただ、国内の医師たちの間では保険適用してもいいんじゃないか!と訴えている人も多いようなので、将来的にお求めやすい価格で手に入るかもしれません。

バイアグラの正しい服用方法は?

バイアグラの正しい服用方法は?

容量だけ守っていれば安全と思っている人が多いですが、一般的な風邪薬などと効果的な服用方法が違う点があります。知っておくだけでかなり違いが出てくるので、正しい方法で服用するように心掛けましょう。

食事前・空腹時に飲むのが鉄則

バイアグラの服用方法で最も大切なのは「食事前・空腹時」に服用することです。

病院などに行って処方箋をもらって飲む薬の多くは、毎食後のように空腹時に飲まないようにアナウンスされると思います。それは空っぽの胃に負担をかけないことが理由ですが、なぜバイアグラはお腹がすいた状態が良いのか?

それは、食事前に服用することで以下のメリットがあるからです。

  • 薬の効果を最大限に発揮させることができる

仮に食事を摂った後に服用した場合、胃の中に入ってから食べ物などに妨げられ、十分な効果を発揮できずに消化されてしまいます。その為、食前に服用することだけは覚えておきましょう。

アルコールが効果を軽減させてしまう

私の実体験に基づいた検証結果となりますが、バイアグラは服用する前後にアルコールを飲んでしまうと、いつもより効果を発揮してくれなくなります。

他サイトでは多少のアルコールなら大丈夫!と書かれていましたが、個人的にはバイアグラを飲むぐらいなら一滴も飲まない方が良いと思います。また、SNSではその他の心配をする声も聞こえてきます。

医学的な根拠はないにしても、勃起させるために服用してる訳なので極力アルコールは避けましょう。

バイアグラはどんな効果?持続力は?

バイアグラはどんな効果があるのか

医薬品にはそれぞれの症状を改善させる効果があり、育毛薬なら薄毛改善、風邪薬なら風邪菌撃退と、その時々で使別けていると思います。

バイアグラも「ED治療薬」として勃起不全を改善させる効果がありますが、あまり周知されていない薬であるため使用を躊躇ってしまう人も多いはずです。

また、ネットなどには誤った情報も落ちていて「興奮させる作用がある」などと勘違いしているケースもあるので、購入する前に予めどのような効果があるのか?正しい知識を蓄えておきましょう。

何気ないことで勃起することができる

バイアグラを服用して得られる最大の効果は「勃起しやすくなる」ことです。それを言葉で言い表すのは難しいですが、ミニスカートの女性を見るだけで勃起するほどですw

但し、疲れが溜まっていたり体調が優れない時に服用すると、そこまで効果を実感できない時もあったので、できればセックスを万全で行える体調の時に服用されるのをおすすめします。

効果が実感できている間はいつも通りの服用で問題ないですが、勃起時間が長すぎたり、逆に不完全に感じる場合は「服用する容量」に変化を持たせてください。それとバイアグラにも種類があるので、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

効果がでてどれぐらい継続するのか

服用される方の体格や体調、バイアグラの容量などによっても大きな違いはありますが、一般的に言われている平均時間を記載しておきます。

効果実感まで 約30分~90分
持続時間 約4時間~6時間

あくまで目安であり、私の知人は19時ぐらいに服用して20時頃にセックスし、そのままホテルで寝てたら朝4時過ぎまで勃起し続けて困った・・と言ってましたw

最近はバイアグラ・シアリス・レビトラなど商品の開発も進んでいるので、どれぐらい持続するかはご自身で試されるのが一番です。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

バイアグラは全く副作用がない薬ではありません。ただ、そこまで重度な症状になった例を聞いたことがないので、そこまで心配することではないかもしれません。

どのような症状になる可能性があるのか

はじめてバイアグラを服用した時「あれ、風邪ひいたかな?」と感じたのを覚えています。しかし、実際は副作用だったようで、数時間後には元通りの体調に戻り、なんら問題はありませんでした。

副作用を全く感じない方もいるようですが、何かしらの違和感はあると思うので代表的な症状だけ把握しておきましょう。

  • 顔がほてっているように感じる
  • 風邪を引いた時のような鼻づまり
  • 目が充血する

頭痛や動悸などといった症状もあるようですが、副作用としては上記の症状があらわれることが多いはずです。

服用してはいけないケース

バイアグラの成分が体内にもたらす効果に「血流を良くする」働きがあります。正常な方ならその効果が勃起へと繋がる訳ですが、ドクターストップとなる方の場合、命に関わる重度の副作用を起こしてしまう可能性があります。

服用される場合は必ず以下に該当しないか確認してください。

  • 肝臓病など肝機能障害を患っている
  • 糖尿病、または糖尿病予備軍
  • 高血圧、低血圧が異常値
  • 過去に心筋梗塞を起こしたことがある
  • 脳梗塞、脳出血を起こしたことがある
  • バイアグラの成分にアレルギー反応がある

バイアグラは重度な副作用がないことは周知の事実ですが、それは服用しても問題ない方に向けたことです。極まれにバイアグラを服用したことによって血管が詰まったりした話を聞くので、少しでも心配なら止めておいた方がいいです。

最後に

バイアグラを開発したファイザー製薬は、勃起不全の人たちのために作っていたのではなく、狭心症患者のために開発していた薬です。言ってしまえば神から授かったED治療薬とも言え、現代の男性たちに多大なる貢献をしている訳です。

そんな有難い医薬品は病院に行き診察して、先生から処方箋をもらわないと購入することができませんでした。しかし、最近は「個人輸入代行業者」を介して、海外のジェネリック医薬品などを簡単に購入でき、面倒な手続きが不必要なのです。

当サイトでも個人輸入代行に関連する記事をいろいろ更新しているので、病院に行くのが面倒な方は是非活用されてください。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします