エッチ初体験の挿入はなぜ痛いの?3つの原因とその対処法

初体験・挿入の痛み

初エッチ=痛い」というイメージがあるでしょうが、そういった体験をした経験者から伝わってきていることなので、そのイメージはあながち間違いではありません。

でも、バージンであっても経験者であっても同じ穴に挿入するのに、なぜ感度や痛みに違いがあるのか?穴が大きくなっているのか?

知人の産科医に相談したら真面目に回答してくれたので、初エッチの挿入で痛みを伴う原因と、その時の対処法を紹介させてもらいます。

もし、まだ経験なくて近いうちにその日が来そうな女の子は、特にしっかりと読んでおくと初エッチが良い記憶となるはずです。一生に一度しか経験できないことなので大切に扱いましょう。

初エッチで挿入が痛い原因

はじめての挿入で1番痛いのは挿入するときです。もちろん挿入後の方が痛い場合もありますが、世間一般的に痛いと言われている挿入時であるのは間違いないです。

少しでも痛みがなく気持ちいセックスにするために、まずは痛いと感じてしまう原因を確認していきましょう。

入れるときの痛み

1番気になるのは入れるときにどれくらいの痛みがあるのか?といったとこでしょう。これは人にもよりますが、痛いと感じて2、3秒でなくなるといわれています。
要するに挿入時に我慢してしまえば、入りきったときにはもう痛くないくらいのものなのです。出産のようなイメージを持っている子も多いようですが、大したことではないことだけ覚えておいてください。

緊張による痛み

初体験が痛い大きな原因は、緊張によって筋肉で膣が閉まっている時に無理に入れるからです。

人間は緊張によって自然と力むようにできているので、普段は小便するところに男性のペニスが入ることには慣れていません。カラダと脳みそはビックリするので、収縮することで挿入しづらくなります。

ちょっと変な例えにはなってしまいますが、お尻の穴から入れる座薬を入れる時に力を抜いているとスルスルっと挿入することができます。座薬も初めての時は入れづらいですが、2度目には緊張がなく痛みはなくなるのです。

挿入時の痛みを抑えるコツ

緊張しているのにリラックスしろとかアホか?と言われてしまいそうなので、誰でもリラックスできる簡単なコツだけ紹介しておきます。

挿入の直前に深呼吸して身体を脱力させるという方法があります。「深呼吸って・・」緊張をほぐす時によく聞くことですが、実は科学的にも筋肉の収縮がに効果があるのは解明されています。

全身に空気が行き渡り、筋肉を緩ませるので痛みが少なくて済みます。その時に手足の先まで脱力するイメージを持ってください。

とはいっても初めての挿入で絶対にカラダは緊張状態となっています。上記で説明したことを頭の隅っこに置いておくぐらいのイメージで大丈夫です。

挿入後の痛み

恥ずかしい・悩んでいる

入れてからも痛いという女の子がいるので、その原因と対処法も紹介しておきます。

緊張すると痛みが増すのは理解できたと思いますが、女の子の中には挿入してもずっと力み続けていることがあります。

緊張しているのは分かりますがこれではずっと痛いままです。男性にテクニックがないのも問題ですが、腰やももの筋肉は出来る限り緩めておくようにしましょう。

濡れてない事での痛み

挿入中の痛みの中で1番多くあげられるのが、濡れてないから痛いという理由です。これではピストン運動するたびに痛いどころか、下手すると男性も痛いです。

私も初体験を何度か経験していますが、ほとんどの子がオナニーすらしたことが無かったので、「感じて濡れる」という感覚自体が分からない様子でした。

仮に多少濡れたとしても、セックスをしてるうちに現実に戻されてしまい徐々と乾いてしまうので、濡れてない時に擦れていたい場合は男性にちゃんと伝えてあげてください。

対処法としては男性器を見て興奮することはあまりないでしょうから、部屋の電気を極限まで暗くしてもらいムード作りに心掛けてください。

摩擦による痛み

男性がピストン運動をすると、自然と膣内での摩擦が起きています。濡れてない状態だと、こすりつけられて痛みを伴います。そして、この状態が続くと膣内が傷つきやすいので気をつけましょう。

摩擦で痛い場合はその都度止めもらい、挿入したままで抱き合っていたりキスするなどしてエッチを続けてください。そのうちに少しずつ慣れていき、緊張もほぐれていくはずです。

それでも痛かったり濡れない場合は、1度ペニスを抜いてもらいローションなどの潤滑油を使用することをおすすめします。

男性が原因である場合

初エッチの時は相手となる男性も経験が浅いことが多く、どうしても焦り気味に挿入してしまいがちです。そんな時は相手に遠慮せず「痛み」などはしっかり伝えましょう。

男性が傷つくかもしれませんが、女の子の場合は膣内が傷つくことのほうがリスクも高いですから、そこははっきりと伝えるべきです。

挿入前にしっかりと前戯をする

前戯をしっかりとしておくのはとても大事です。膣内をしっかりと濡らしておくことで痛みはなくなります。そして、同時に緊張をほぐすことにも繋がりますから、恥ずかしくても出来るだけ長く手マンなどをしてほしいと伝えてください。

腰やお尻周りにクッションを敷く

これは挿入時に膣イキしやすくする方法として用いられることが多いですが、初体験や経験が浅い場合にも使えます。

仰向けになると女性の膣が下向きになりますが、それに対して男性の性器は上向きなことが多いです。このため、挿入時の向きの違いによって痛みが出てしまうので、それを軽減するためにも役立ってくれます。

クッションを敷くことで膣がやや上向きになり、同じ方向を向いている状態で挿入することにより痛みが緩和できます。

挿入後にしばらく動かないでもらう

そもそもペニスが入っていることに、違和感や痛みをおぼえているのであれば、入っていることに対して慣れる必要があります。

挿入後、腰を動かさない状態でしっかりと愛撫をして、それから少しずつ動かしてもらいましょう。男性側が興奮してどんどん腰を動かしてしまうことがあるので、そうならないように伝えてください。

まだそんなに濡れてないからゆっくりお願い」といった感じで伝えてあげれば、彼も嫌な気持ちにならず理解してくれるはずです。。

最後に

誰にでもある初体験ですが、痛みがないに越したことはないですし、少しでも良い思い出にしたいと思うのが当然ですが、これには男女どちらの協力も必要となり簡単なことではありません。

ただ、あなたからすれば相当なヤリチンである私にも初エッチはもちろんありました。緊張して頭が真っ白になるのは男性も同じことなので、せめて対処法ぐらいは覚えておき、相手も初めてならあなたがリードしてあげてくださいw

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします