絶対にやるべき!スマホ対応の「VRアプリ」おすすめ5選

HMD・ヘッドマウントディスプレイ

最後の映像革命・VR元年などとVRバーチャルリアリティ)に関する言葉が色々と出てきている2016年ですが春以降、本格的にVRデバイスが市場に登場しはじめました。

未だ体験していない人が多数いるようですが、実際にVR動画の体験をした人は口をそろえて「凄い」と言っています。

私もそういった中の1人ですが、実際に体験してみたVRアプリの中でも特におすすめできるVR対応アプリを5つ紹介していきます。

VR(バーチャルリアリティ)に必要なもの

HMDとスマホ

スマホでVRアプリをするうえで、用意が必要なものを記載しておきますので、お持ちでない人は揃える必要があります。

尚、HMDに関しては商品によっても価格差が生じるので、その辺りも気をつけておくべき点です。しかし、安価なものはそこそこ低価格のものからありますので安心して良いでしょう。

  1. スマホ対応のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)
  2. 再生アプリ(プレイヤー)

基本的にはこの2点です。これだけで問題なくバーチャルリアリティ空間を体感できますし、今後も映像などVRの世界を楽しむのであればHMDの購入は決して高い買い物ではありません。

VR対応のスマホアプリ

新しいデバイスや映像の進化などは乗り気にならない人も多々いますが、VRに関して言うとスマホ同様に一家に一台1人一台といったような時代が必ずやってきます。

最先端の技術をいち早く体験しておくことは絶対に良いことで、経験しておくべきでしょうし、驚くべき進化を体感できるはずです。

VRに対応しているアプリを5つ紹介していきますが、できることなら全部ダウンロードして楽しんで欲しいくらいです。

Making View

Making View

VRアプリとして、まず1番にオススメするのは、360°自由に視点を動かせる、臨場感溢れるアプリ「Making View」です。

スカイダイビングやアイスホッケーの試合などをスマホで体験できるアプリになっていて、あたかもその場所にいるかのような感覚になれるVRの特徴を前面に出したアプリになります。

その他にも私はバイクレースを体験してみたのですが、泥水が跳ねたりぬかるみでタイヤがとられたりと、とても興奮しました。

私が体験したMaking Viewの特徴も紹介しておくので参考にしてみてください。

  • 360°自由に視点変更可能と映像の中の人物と一体になったかのような臨場感
  • スカイダイビング、バイクレースなど興奮が伝わりやすい映像を多数収録
  • タッチ操作に切り替え可能なので、VRビューアが使えない状況でも体験ができる

オルタナティブガールズ

オルタナティブガールズ

個人的に寂しい思いをしている男性やアニメ好きの女の子には特にオススメするmのが、仮想の学園生活をエンジョイできるアプリ「オルタナティブガールズ」です。

オルタナティブガールズに関しては「スマホで仮想体験を楽しめるオススメの「VRアプリ」3選」でも紹介していますが、現在リリースされているVRアプリの中でも男性人気はナンバーワンと言えるアプリだと思います。

事前登録の時点で15万人超えの人が予約したというのは凄い数字ですし、これからのアップデートも楽しみなアプリで特徴は以下の通りです。

  • 美少女たちを育てながら、夜獣と戦うコマンドRPG。
  • 女の子はフルボイスで動きも比較的なめらか。親密度を上げて深い交流を育める内容
  • 立体感と女の子の可愛さはVRアプリでもトップクラス

Discovery VR

Discovery VR

ディスカヴァリーチャンネルを運営するDiscovery Communicationsがリリースしたアプリ「Discovery VR」もとても人気があり、VRアプリの中でも最初のほうにリリースされたものになります。

世界一曲がりくねった坂道」と言われるサンフランシスコのロンバート・ストリートにスケートボーダーが挑戦する番組や、プロのサーファーがサーフィンの5分間レッスンを行う番組などと内容も盛り沢山です。

その他にも太平洋岸のビーチや、カリフォルニア州を象徴する「ミュアウッズ国定公園」を散策することもできたり、宇宙ステーションから地球を眺めたり、ジンベイザメやマンタとのダイビングを楽しんだりすることができます。

  • 映像のデータ量が多いので、気になる人はWiFi環境での利用が良い
  • 宇宙からビーチ、そして自然公園とVR体験できる幅が非常に多い
  • 現在リリースされているアプリの中でも感動は随一

nMind VR

nMind VR

スマホVR専用のアプリの中でも人気が高い「InMind VR」は見て楽しむだけでなく、視点が固定された状態での対象物を攻撃することができるVRゲームとも言えるアプリです。

患者の脳の中に入り悪さをしている脳細胞を倒していくというシューティングゲームになっていますが、患者の脳の中に入る場面からとても引き込まれました。

今後はこういったスマホ対応のVRゲームが続々と登場してくると思いますが、その最先端を走りリリースされたものがInMind VRだといえるでしょう。

AndroidとiPhoneだけではなく、Gear VRやOculus Rift、HTC Viveにも対応しているので開発側の本気度も伺えます。

  • 進む速度が加速したり減速したりといった緩急がつく
  • シューティングゲームなので操作もシンプル
  • グラフィックと360°視点で本当に人の脳内にいるような感覚に陥る

イチャまくら

イチャまくら

男の夢でもある可愛い女の子の膝枕をかなえてくれるアプリ「イチャまくら」です。仮想現実の世界でユニティちゃんという女の子とイチャイチャできてしまいます。

VR Viewerでの利用も想定して、画面右下のアイコンをタップすることで、「単眼モード」と「複眼モード」を切り替えることが出来ます。

体験した私としても下からのアングルで見るユニティちゃんの可愛さには驚きましたし、非常になごむアプリとなっていてユニティちゃんが「ええー……そんな恥ずかしいこと言えないよ!」や「好きだよ?」とか言ってくれますww

  • 男心をついてくるセリフには要注意
  • イチャイチャするためのアプリとしてはシンプルで良い出来栄え
  • 現時点でリリースされているアプリでは1番女の子と親密な雰囲気になれる

最後に

VRの進化はこの後2,3年はすさまじい勢いで進化しておくことが予測できますし、これから必ず必要になってくるデバイスであることは間違いないと思います。

乗り遅れることが悪いことであったり問題だとは思いませんが、必ず必要になってくるものに手を出さないのは後々苦労するだけでしょう。

PCやスマホの時と同様に知らない・・ついていけない・・ということがないように知識だけでも知っておくことが良いのではないでしょうか。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします