VR用ハード「HTC Vive」とは?他社比較と性能紹介

HTC Vive VR

VRヘッドマウントディスプレーのハードは、これからどんどん増えてくる予定ですが、種類も様々でPCやゲーム機につないで使う据え置き型、スマートフォンを差し込んで使うモバイル型、さらにオールインワンな一体型と、大きく分けて3種類になります。

その中でも特に性能の良さが伝えられているのが据え置き型で、PCやゲーム機の高い処理能力を使って綺麗なグラフィックを実現したり、ハンドコントローラーを使うことでより幅広く遊べたりもします。

現在、発売前を含めてVRデバイスの中で主な機種は、「Oculus Rift」、PlayStation4向けの「PlayStation VR」、そして「HTC Vive」という3つとなっていて、据え置き型の1番手とも言われているHTC Viveについて紹介したいと思います。

HTC Viveとは

HTC Vive

HMDを選ぶときに1番気になるのは、どういった性能や機能の違いがあるのか?だと思いますが、上記で説明したとおり自宅で思いっきりVRを楽しみたい人ならば据え置き型のHMDになるでしょう。

用途の範囲を考えると現在はOculus Riftが一歩先を言っているかもしれませんが、11月に発売が決定しているPSVRの登場でそれも変わるかもしれません。

今はどこも様子見の状態であり、あわよくば他のデバイスよりも一歩リードして市場を広げようという状態だと思いますが、HTC Viveは他のHMDとはどういった違いがあるのかを説明しますから、これから購入を考えている人はしっかりと把握しておきましょう。

HTC Viveの性能や特徴

HTC Vive」は、ゲームプラットフォームSteamとHTCが共同開発したVRヘッドセットで、問題なく使用するにはOculus Riftと同様に高スペックPCが必要になります。

Oculur Riftは小さなリモコンかXbox Oneのコントローラーで操作するのが特徴ですが、HTC Viveには手の動きを認識して直感的な動作を可能にするハンドコントローラーで操作することができます。

Viveを利用するために必要なHTCアカウントを登録するよう求められますが、メールアドレス・Google・Facebook・Steamのいずれかでサインインすることができます。

上の画像の機材を全て部屋にセッティングする必要があるのですが、これを使用することでその部屋全体がVR空間になりますが、販売価格が107,800円となっているので決して安い買い物ではありません。

歩いてVR空間内と移動できる

HTC Viveはルームスケールという機能を持っていてHMDを装着した状態で5×5mの場所を歩けるようになっています。

部屋がそれ以上に広い場合でも、VR空間内に格子状の壁が現れて警告してくれるのも特徴です。360°見渡せるというだけでもVR初体験の人は驚きますが、自分が動けば空間内でも動けるという部分には更に驚きです。

落ちているものを見るのに近づいたり、ゲーム内のキャラクターの近くまでいくことも、自分で歩いて行けるようになっているわけです。

付属のコントローラーで触る・握るなどが可能

htcvive・VRで遊ぶ女性

HTC Viveは購入時からハンドコントローラーが付属していますが、それによって握ったり掴んだりできるのも特徴です。

私が体験したVR空間内ではマウスを握って動かしたり、周囲にあるものを普通に動かすことができました。

Oculus Riftにも「Oculus Touch」というハンドコントローラーが発表されていますが、こちらは別売で出荷は2016年の下半期となっていますから、この様子だと冬になってからの発売になりそうです。

そういった意味でも装備品・スペックではHTC Viveが一歩リードしている形となっています。

HMD戦国時代の始まり

今現在、HMDの中ではどれかが飛び抜けて売れている訳ではなく、拮抗している状況だといえます。今後PSVRの発売で状況は変わるかもしれませんが、現状を見る限りだとPSVRでも1人勝ちとはいかないでしょう。

スーパーファミコンが出たあとに、セガサターンやプレイステーションが登場したように、DSやPSP、そしてWiiやPS3などがしのぎを削りあったように、これからVRの世界で各社のHMDが発売されしのぎを削りあうと思います。

用途や目的に合わせて検討してみるのも良いですし、まだVRの世界観を除いてない人は1,000円前後で購入できるHMDもあるので1度それで経験してみてはどうでしょうか。

オススメするのはアダルトかゲームアプリ

VRを体験してみるのに、安価なHMDでも楽しめるものとしてオススメするのはアダルトVRかジェットコースターなどのゲームアプリです。

アダルトはVRの普及には欠かせない存在だといわれていますし、実際にその場にいるかのような臨場感でセックスを見ることができ、自分の視点から見るAV女優や男優の姿はこれまでのAVにはない魅力だといえるでしょう。

ジェットコースターなどのアプリは無料でもダウンロードすることができますし、単純明快な中にVRの世界観がグッと詰まっていて、まずその世界を体験してみるにはとても良いアプリといえます。

最後に

HTC Viveについて紹介しましたが、100,000円もの機械をいきなり購入するとなるとさすがに躊躇うでしょうし、VRの良さを知らずに手を出せる価格ではないと思います。

しかし、今後は色んなメーカーや企業が参入することで比較的購入しやすいものも出てくると思いますし、既にPSVRは本体のみで44,980円+税で発売されることが決まっています。

今後VRデバイスの市場がどういった展開をしていくのか分かりませんが、VRの世界観を体験するのに何かしらのHMDを持っておくことはおすすめします。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします