フルHD VR HMD「GALAX VISION」とは

GALAX VISION

2016年はVR(仮想現実)が一気に広まり、その中心にいたのは「PlayStation VR(PSVR)」「Oculus Rift」「HTC Vive」という3機種のヘッドマウントディスプレイ(HMD)でした。

VRのコンテンツではアダルトとゲームが市場を賑わし、「JAE2016(ジャパンアダルトエキスポ2016)」や「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」といったイベントが大いに盛り上がり万人規模の来場がありました。

これからより多くのVR用ヘッドマウントディスプレイの発売が予定されており、VR市場全体が活気づくと予想されてますから、今知っておくべき注目のヘッドマウントディスプレイの中の1つである「GALAX VISION」を紹介しておきます。

GALAX VISION(ギャラックス ヴィジョン)とは

GALAX VISION

GALAX VISIONは、GALAXY MicrosystemsのVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、HDMI出力端子に繋ぐだけ(ドライバーレス)動作可能なフルHDヘッドマウントディスプレイとして発売されました。

機種の名前が別にVISION Developer Editionともついており、発売当初から全容が見えてこず評価しずらい状態で、非常に謎が多いことでも知られています。

秋葉原では体験デモも実施していましたが、そこでも「注目しているが、どう転んでもおかしくないヘッドマウントディスプレイだ」といわれていました。

GALAX VISIONの商品概要・仕様

HMDの購入には価格帯と製品の特徴や仕様を理解する必要がありますが、1番大事なのは自分がどういった用途でHMDを使用するのかです。

ゲームやアプリ、映画などに使用するのであればHDMIが必要ですし、ダウンロードした動画を見たいだけであれば安価なcardboardなどでも大丈夫です。

ですから自分が、どのレベルでVRを楽しもうと思っているのか考え上で、価格帯製品情報と照らし合わせるようにしましょう。

価格 5万4800円(税込)
HDディスプレイ 1080P
視野角 100度
入出力 HDMIコネクター・USBコネクター
センサー ジャイロスコープ
リフレッシュレート 60Hz
入力解像度 1920×1080

GALAX VISIONのメリット・デメリット

GALAX VISION パッケージ

謎のGALAX VISIONですが、製品情報はしっかりとしていますし画像のようにパッケージもしっかりしています。

近未来的なデザインで、これぞVRといった感じも好きな人は非常にス粋なデザインなのではないでしょうか。

そういった点も踏まえてGALAX VISIONのメリットとデメリットを紹介しておきますので、おすすめのHMDを探している人は色々と参考にしてください。

GALAX VISIONのメリット

フルHDで1080pに対して非球面レンズを最高しているので、ダイナミックな3D映像が見れるようになっているのはGALAX VISIONが持つ大きなメリットになっています。

ドライバもなしでHDMLとUSBにも対応できるので、一通りVRコンテンツを楽しむことができるのも良い点でしょう。

更に、動作システム環境もIntel Core i3以上のプロセッサ、もしくは同等のAMDプロセッサとなっているので、比較的ハイスペックなPCでなくても動作が可能になっています。

ハイエンドPCでしか動作できないものも多いので、そういった点では他の機種よりも簡単に楽しむことができて、扱いやすい機種だともいえます。

GALAX VISIONのデメリット

GALAX VISIONに関して色々と調べてみたところ、機能面に関してはそこまでデメリットは感じないですし、見た目のゴツさやデザインを考えると好きな人もいると思います。

ただ、圧倒的に情報が少ないので故障や動作不良などが起きた際のサポート面には非常に不安を覚えます。

そういった面を考えると、電子機器やVRに詳しくない人にとっては手をだすべきHMDではないかもしれません。

まとめ

謎の多いGALAX VISIONですが、製品の情報はある程度わかって頂けたかと思います。

現在のところは低スペックなPCでも動作する開発者向けのデバイスといったところですが、これから先はどんなアップデートやコンテンツができるか分かりません。

個人的には完全にハイエンドに向かってしまったOculus Riftのカウンター商品として今後に期待していきたいHMDです。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします