VRゴリラのアダルトVR作品を見たけど正直なところ…

DMMのアダルトVR発売により少しずつアダルトVRが普及しはじめていますが、撮影技術などの問題から製作する側のメーカーの数がまだまだ少ないのが現状です。

大手だとプレステージ、ソフト・オン・デマンド、KMPなどがアダルトVRでの製作を開始してはいますが、自社内にレーベルを構えてのことなのでアダルトVRの製作のみをしているメーカーではありません。

そんな中で、アダルトVR専用のメーカーとして登場したのが今回紹介しておくVRゴリラ(VR GOLLILA)なので、アダルトVRに興味があるかたは覚えておきましょう。

VRゴリラ(VR GOLLILA)とは

GORILLA・アダルトVR

VRゴリラはアダルトVRのコンテンツ制作会社であり、サイトのオープンも2016年8月10日というまだまだ若い新規アダルトメーカーです。

経営理念として「新しいアダルトVR体験を作り出し、世界中に広めていく。」を掲げており、規模は不明ですがこれから少しずつVR市場へ貢献していくと思われます。

サイトでは現在国内唯一のアダルトVRに特化したメーカーとの記載もあり、これからの活動が期待されていますので、どういった会社でどんな作品を制作しているのか紹介しておくので参考にしてください。

会社概要

VRゴリラとはどういった会社が経営しているのか記載しておきます。アダルト関連だと住所や代表者など、不明な点が多いほど良くありませんので、知りたいことがきちんと記載してあるかどうか、その辺りはきちんと確認しておきましょう。

会社名 株式会社VRG
住所 〒107-0062 東京都港区南青山2−11−14イチーズビル5F
代表取締役 吉田 健人
資本金 100万円
設立日 2016年8月
電話番号 03-6804-2450
サイトURL http://vrgo.jp/
事業内容 ・アダルトVRビデオ撮影企画
・アダルトVRビデオのネット配信
・アダルトVR関連グッズの開発、製造、販売

代表者や住所、電話番号などの記載もあり、気になる点はないので怪しい雰囲気もありませんでしたので、特に問題のない製作会社だと思われます。

しかも、ゴリラVRは代表取締役がアダルトVRエキスポを主催している人物と同様なので、VRを知り尽くした人物である点からも今後のVRゴリラに期待を寄せてしまいます。

VRゴリラの作品一覧

VR・GOLLILA・作品一覧

VRゴリラで現在までに発売されている作品は画像の6作品となっており、出演しているAV女優は「葵千恵」と「渋谷ありす」の2人のみとなっており、購入は「DMM R18 VR」および「HBOX.jp」から可能です。

 

HD画質で単眼ですが、画質が比較的綺麗なので、アダルトVR初級者には非常に見やすくVRを体験しやすい動画になっていました。

最速でVRを開始したケイ・エム・プロデュース内のレーベル「KMPVR」でもDMM.comとAdult festa VRの2サイトで販売しているアダルトVRの総数は未だ100本には満たない状態です。

通常のVRサイトだと月に何本もの新作がリリース・配信を行いますが、小規模メーカーとなるとそうもいきませんので、今後少しずつでも動画数を増やして良いアダルトVR作品を制作して欲しいと思います。

葵千恵のアダルトVR作品

葵千恵・VR

葵千恵は2015年にデビューしたAV女優でスリーサイズは、公式で83(Ecup)-57-83となっています。所属のプロダクションはBELLTECH PROMOTIONで、桐原あずさ・瀬奈涼・やまぐりりこ(元AKB・中西里菜)や、アダルトVR作品で人気の高い春原未来の所属事務所として知られています。

VRゴリラからは「バーチャルフェラチオ」「バーチャルオナニー」「バーチャルセックス」という3本のアダルトVRを発売していますが、これらの作品は1日で3本撮った可能性が非常に高いです。

本来1本に詰め込んで良いところを3本に分けているので、視聴したいと思っている人はフェラを見たいのか、オナニーを見たいのか、もしくは本番が見たいのかを考えてから購入したほうが良いでょう。

渋谷ありすのアダルトVR作品

渋谷ありす・VR

渋谷アリスT-POWERS(ティーパワーズ)に所属しているAV女優で、もともとはギャル系のイメージが強い女優でしたが、最近のAVではOLなどにも挑戦しており、それが中々似合っています。

デビューがDMM専属オリジナル美少女メーカーである「D-Collection」からということもあり元々素材が良いですから、これからもっと活躍が期待できるのではないでしょうか。

渋谷ありすも「バーチャル手コキ」「バーチャルフェラチオ」「バーチャルセックス」という3作品を発売しておりますが、こちらも一気に撮った作品だと思うので、購入の際は何が見たいかはっきりさせてから購入したほうが良いでしょう。

もしまだアダルトVRを体験したことがない人が視聴するならば、VR特有の臨場感と没入感が味わえる「フェラ」ものを押します。

まとめ

新規VRアダルトメーカーのVRゴリラについて紹介しましたが、リリースされている作品数がまだまだ少ないので良いとも悪いとも言えない状態というのが現状です。

VRの撮影にはある程度の技術が必要となる為、良質の作品を撮って販売するには一定期間が必要になりますから、今後どれだけリリースするのかという問題もあると思います。

しかし、VRゴリラの場合はVRのみに特化しているメーカーで、代表はアダルトVRを熟知した自分物ですので、今後の飛躍に関しては大いに期待していますし、新しい作品も追っていきたいと思います。

DMMのアダルト動画ランキングはこちら

知らないと損する!DMM”エロVR”おすすめランキング