モテない女性へ!それ、コンプレックスにした方がいいかもよ

モテない女性の特徴

コンプレックスで固められたような女性が多く感じますが、決して悪いことではなく「いい女」になる為には必要なことだと思います。

しかし、モテない女性に限ってその意識が薄く、本来ならコンプレックスと感じるべきことでも見て見ぬふりをしている気がします。それで「私モテないから・・」と言われても、男としては救いようがありません。

今回はある意味ポジティブ過ぎる「モテない女子」に意識させたい4つのコンプレックスを紹介していきます。あくまで個人的な価値観をも混ぜてあるので、全ての男性がそうだとは思わないようにしてください。

痩せすぎのガリ体型

男性の交友関係は人より多いと自負していますが、モテない女の特徴として最も話に出るのが「ガリガリの体型」です。今も昔もこれだけは不動の1位で、恋愛対象から外してしまう男性がほとんどではないでしょうか。

しかも、たちが悪いことにガリ女性たちの多くはその事に気づいておらず、コンプレックスと感じていないケースが多いのです。私の中のあるあるトップ10に入るほどで、もう少し肉付きが良かったら絶対にモテるのに!と伝えてもあまり真剣には聞いてくれません。

モテないだけなら良いですが、痩せすぎはカラダや精神的な障害を患う危険性もあります。

痩せすぎ女性の推移
出典:体重にとらわれた女性たち

上記のグラフは「痩せすぎ女性の動向」を示したものです。

雑誌やテレビの影響で「痩せている女の方がモテる」と勘違いしてしまい、1980年台を境に痩せすぎ女子が倍近く増えているのです。ダイエットにとらわれ過ぎた現代の被害者であり、考え方を是非改めてもらいたいものです。

もし、痩せすぎと認識している女性がモテたい!と思っているなら、痩せているよりぽっちゃり好きの方が多いことは覚えておいてください。

痩せすぎを良い意味でコンプレックスと感じてもらい、健康的なカラダを目指してください!

ぽっちゃりではなくデブ

ぽっちゃりではないデブ

痩せすぎNGと言ったばかりですが、180度違う「デブ」もガリ同様モテない女の特徴です。ただ、ぽっちゃりとデブの違いは人それぞれで見分け方が難しく、まだ大丈夫!と勘違いしている女性が多い現実があります。

その為、ほとんどの男性がデブと判断しているのに、全くコンプレックスとして悩むことはなく好きなものを好きな時に食べてしまう女性が減らないのでしょう。

毎日鏡を見ているあなたからすればそこまで太っていないと思っても、異性からはデブ判定をされていることが多いので、最近モテないと感じているのであればそろそろ気にする時期かもしれません。

気軽に相談できる男性がいればいいですが、なかなかそんな都合の良い相手はいないはず。どうせならモテ女の方が楽しいでしょうから、当サイトのように匿名で相談できるサイトを活用し、自分がどのように見られているか確認してみては如何ですか?

改善すればモテる女になって、更に健康にもいいので一石二鳥ですよ!

一緒にいると暗くなる性格ブス

ネガティブで暗い女性

モテる女の特徴と言えば・・

  • 一緒にいて楽しい気持ちになる
  • 聞き上手でどんな話題でもキャッチボールしてくれる
  • 落ち込んでいる時に会うと明るく接してくれる

こんな女性だと顔が多少タイプでなくても感情は移入してしまいます。また、結婚を視野に入れている男性なら尚更、性格を重視する傾向にあるのでモテるのは間違いないでしょう。

しかし、モテ女の特徴からかけ離れた「モテない性格ブス」も沢山います。本人に自覚があれば改善の余地はありますが、私の経験上、性格ブスはよっぽどのことがない限り改める努力はせず、逆にそれがカワイイと勘違いしてしまっています。

ガリやデブより付き合う男性の数だけは多いでしょうが、相手の男性が以下のように感じることからすぐ飽きられて捨てられてしまいます。

  • 話しを振っても盛り上がらない
  • 夢や目標を語っても否定しかされない
  • 友達の悪口ばかりで場が暗くなる

嫌ですね~こんな女。でも、実際にこのような性格ブス女はとても沢山おり、女性自身は全く気付いていないのです。さすがに内面の問題なので指摘するのも抵抗がありますし、言ったとしても自覚がないので真剣に悩んでくれません。

顔や体型はそこまで悪くないのになんでモテないんだろう?

こう感じているあなた!もしかすると性格に難がある可能性が大ですよ。長い時間をかけて培ったきたもので変えるのは難しいですが、本気になればきっと改善できます。性格美人になれれば他人へのひがみもなくなり、楽しい人生になると思いますよ!

尻軽すぎるヤリマン女

尻軽のヤリマン女

前もって言っておきますが「ヤリマン」を嫌いな男性はほとんどいません。そんなに苦労することなくエッチさせてくれ、絶倫男子たちにはなくてはならない存在です。

ただ、恋愛や結婚相手の対象となると話が変わります。

あくまでヤリマンに寄ってくる男たちの目的はカラダでしかなく、良い方は悪いですが公衆便所と呼ばれる女なのです。また、男性たちの間でよくヤリマンの話題になりますが、どのように言われているか知ってますか?

  • あいつにお願いすればやらせてくれるよ
  • あいつ絶対エイズでしょ
  • ○○ともセックスしたみたいよ

こんな女性と恋愛や結婚しようと思う男性がどこにいるでしょうか?仮にいたとしても売れ残りの可能性が高く、付き合ってカラダに飽きたら簡単に捨てられてしまうかもしれません。

しかも、一度でもヤリマンのレッテルを貼られるとなかなか消すことができず、その代償の大きさに苦しみ後悔している女性はたくさんいます。

若いうちはヤリチンにチヤホヤされて楽しいかもしれませんが、そのような時期はあっという間に過ぎ去ってしまい、後に残るのはセックスした思い出だけとなってしまいます。

それが嫌なら性行為に対してコンプレックスを持ち、できるだけ特定の男性しか相手しない強い信念を持ってください。

それでもセックスしたくてウズウズするようなら『女性のオナニーに大活躍「魔法の道具」おすすめの7つ』でオナニー道具を紹介しているので参考にしてください!

最後に

モテない!と言っているだけで、自分と向き合わない女性は一生同じような歩み方をするでしょう。嫌かもしれませんが自分の短所としっかり向き合い、いい女になれるよう努力してみてください。

もし、自分ひとりじゃ難しい・・という女性は、当サイトでLINE無料相談をしているので気軽に相談ください。これまでに女性との接点だけは人一倍多かったので、少しぐらいはあなたのお役にたてると思います。

この記事が役立ったら
SNSでの拡散お願いします