村西とおる自伝「全裸監督」の口コミや評価!現役AV監督にも聞いてみた

村西とおる自伝「全裸監督」口コミや評価!現役AV監督にも聞いてみた

2019年8月8日からNetflixで配信されたドラマ「全裸監督」が非常に話題になっていますが、一般ユーザーはもちろんAV業界でも話題となっています。

全裸監督って何?と思っている人もいるでしょうが、80年代にアダルトビデオを見たことがある世代であれば「AVの帝王」や「村西とおる」の名前は知っているはずです。

そして、AV女優好きの方であれば伝説のAV女優「黒木香」の名を知らない人はいないのではないでしょうか?

この記事では、AV業界に精通した「はてながーる」だかこそ知ることができる情報も踏まえて、話題のドラマ「全裸監督」について紹介していきます。

全裸監督とは?

全裸監督とは?

全裸監督は”アダルトの帝王”と呼ばれたAV監督「村西とおる」の半生を描いたネット配信ドラマで、あらゆるところで話題になっている作品です。

アダルトビデオの誕生から80年代の社会情勢まで見れるので、ドラマとして見てもかなり面白いのですが、ドラマ作品で高評価を得ているNetflixの作品だけにかなり凝られています。

さらに村西とおる本人だけにスポットを当てているわけではなく、サファイア映像の面々、AV女優、敵対するAVメーカー、警察までが絡んでくるので盛りだくさんの内容になっています。

伝説のAV監督「村西とおり」の自伝ドラマ

伝説のAV監督「村西とおり」の自伝ドラマ

村西とおると聞いてもAVに詳しい人でなければ知らないかもしれませんが、もともとビニ本の帝王と呼ばれており、その後AV監督へと転身しています。

アダルトビデオの帝王、裏本の帝王、ハメ撮りの帝王、などたくさんの呼び名がありますが、彼のことを簡潔に述べると以下のものを最初にした人、もしくは流行させた人です。

  • ハメ撮り
  • 駅弁(体位)
  • 顔面シャワー

これだけの説明でも、彼がどれだけ凄いことをやった人でパンチがある人物だということは分かるはずですwさらに前科7犯、借金50億というのも村西とおるを語る時には外せません。

Netflixで配信

Netflixで配信

Netflix(ネットフリックス)はネトフリの愛称で親しまれているストリーミングサービスです。もともとは1997年にアメリカで起業された会社で、現在は日本にも会社があります。

Netflixはフジテレビと共同制作でテラスハウスを制作、他にも限定のアニメ作品を配信するなど、それぞれが好評価を得ています。

Hulu・U-NEXT・Amazonとは完全にライバル関係にありますが、Netflixはオリジナルドラマの制作という独自の路線でユーザーを獲得しており、全裸監督もその中の1つと言えるでしょう。

全裸監督のキャスト(出演者)

全裸監督のキャスト(出演者)

全裸監督に出演している俳優を紹介していきます。主演の山田孝之さんはもちろん、演技派揃いなのでチェックしておきましょう。

サファイア映像
村西とおる 山田孝之
荒井トシ 満島真之介(村西の相棒的存在)
川田研二 玉山鉄二(プロデューサ的存在)
三田村康介 柄本時生(音声)
小瀬田順子 伊藤沙莉(メイク)
ラグビー後藤 後藤剛範(カメラマン)

サファイア映像の面々にはそれぞれにモデルとなる人物がおり、AVに詳しい人はそういった元ネタを探してみるのも面白いはずです。

もちろん、脚色されている部分は多々あるようですが、それでも80年代の日本やアダルト業界のことを感じることができます。

その他主要人物は以下の通りです。

その他主要人物
黒木香 森田望智(ヒロイン)
奈緒子 冨手麻妙(AV女優から一般業へ)
中井寛司 吉田鋼太郎(ヤクザ)
小野貞己 板尾創路(村西の先輩)
佐原加代 小雪(黒木香「佐原恵美」の母)
武井道郎 リリー・フランキー(警視庁警部)
池沢 石橋凌(ポセイドン企画の社長)
古谷伊織 國村隼(ヤクザ)

このように幅広い出演陣が盛り上げてくれるのですが、森田望智さんがAV女優ではないということに驚いている人が多いです。しかも、1996年生まれということなので、それであの演技力と色気は末恐ろしいですねw

さらに、ドラマ中には明里ともか小倉由菜川上奈々美あけみみうあずみひな、などの現役のAV女優が出演しているのでエロユーザーにとっても面白いはずです。

ドラマの設定や展開など

ドラマの設定や展開など

全裸監督はバブル景気に沸く1980年代の日本を舞台にアダルトビデオの帝王「村西とおる」を本橋信宏「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)を原作としながら、虚実交えながら描かれています。

アダルトビデオの誕生から警察との対立、そして村西自身の生き様や黒木香との出会いなどが描かれた全8話(シーズン1)のドラマとなっています。

村西がセールスマンとして営業をはじめ、そのスキルでビニ本を流通し「北大神田書店」を大繁盛させますが、その後に逮捕されます。そして、出所後にアダルトビデオメーカー「サファイア映像」を立ち上げ切磋琢磨するというストーリーです。

全体的に大幅に脚色してあるものの、コメディありのヒューマンドラマとして仕上がっています。日本で制作されたものが世界中で配信というだけでも凄いことですが、こういったドラマが配信されること自体が凄いことですねw

しかも、中国では配信されていないにも関わらず全裸監督のDVD(海賊版)が出回っているそうです。色んな違いはあれどエロは全世界共通なんですねw

日本のドラマ制作では無理?

全裸監督が高い評価を受けている大きな理由として、日本のドラマ制作では到底無理な規模・予算で撮影されたことにあります。全裸監督はR18指定となっていますが、他にも大きな特徴がいくつかあるので紹介しておきます。

予算と規模がケタ違い

予算と規模がケタ違い

現在、地上波ドラマの予算や規模というのはどんどん削られてきており、中々厳しい状況にありますがそこはさすがNetflixということで、日本の現場ではあり得ない規模と予算がかけられています。

まずは上の画像ですが、これがミニチュアということに本当に驚きましたwさらにドラマ中でのセットは80年代当時の新宿歌舞伎町を見事に再現していました。

他にも予算があるからこそ可能なことが何点かあるので、紹介しておきます。

  • 総制作期間2年半
  • 脚本1年、撮影3ヶ月
  • ハワイ撮影、セスナ・ヘリ使用の空撮
  • 撮影は1日10時間以下を厳守

これらは日本のドラマでは予算がない為、まず無理ですwさらには映像や音声にまでお金がかかっています。

  • 4K制作、5.1chサラウンド
  • DIはハリウッドの監督も御用達のFOTOKEM

4Kや5.1chサラウンドは分かる方も多いでしょうが、DI(デジタル インターメディエイト)はよほど詳しい人でないと知らないと思います。

DIはデジタル化された色彩調整や画像の特徴を変化させ、映画で上映されるまでに調整されるプロセスで、これからの時代には重宝される技術です。それをハリウッド御用達のFOTOKEMでやっているのですから、映像が凄いことも納得です。

世界190ヶ国・28ヶ国語で配信

世界190ヶ国・28ヶ国語で配信

全裸監督はNetflixが配信されている世界190ヶ国で見れるようになっており、28ヶ国語に字幕版と12ヶ国の吹き替え版で見れるようになっています。

字幕と吹き替えをこれだけの規模でやるということも、日本のドラマ制作に使われる予算では到底難しいでしょう・・

全裸監督の画像・ストーリー

それでは、全裸監督の画像と共に全8話(シーズン1)の大まかなストーリーを紹介していきます。5分に1度くらいの感覚で非常に見応えがあるシーンがあるので、画像を見て少しでもそういった点を感じ取ってもらえると嬉しいです。

全裸監督の画像

全裸監督の画像3

最初はうだつの上がらないセールスマンをしている村西ですが、先輩である小野(板尾創路)の教えで一気にセールスマンとしての才能を開花させます。

全裸監督の画像2

しかし、ある事件?をきっかけに後に相棒となるトシ(満島真之介)と知り合い、自分の知らなかったアダルトの世界へ踏み込みことになります。

全裸監督の画像4

そこで、今度はエロを売るセールスマンとして仕事する決心をします・・

全裸監督の画像18

「売りたいんだ・・人間の性欲を・・」

これまでの経験を生かして、ビニ本の帝王と呼ばれるまでに業界を牽引する存在となります。

全裸監督の画像14

全裸監督の画像17

とはいえ大きくなりすぎた北大神田書店グループは大きくなりすぎ、警察にも目をつけられてしまいます。

全裸監督の画像12

保釈後はアダルトビデオメーカー「サファイア映像」を立ち上げ、AV業界へ進出し紆余曲折ありながらもサファイア映像は大きくなっていきます。

全裸監督の画像6

全裸監督の画像13

そして、物語中盤には村西とおるの運命をかえる女性「黒木香」と出会います。

全裸監督の画像9

セックスシーンの画像は敢えて控えますが、普通の女優さんが演技しているとは思えないほどエロスを感じましたし、山田孝之の演技も素晴らしかったです。

ちなみに男優も女優もお尻もおっぱいも丸見えで、本気で体当たりの演技をしています。

全裸監督の画像10

撮られた映像は凄すぎて「売れないのでは?」といった意見が上がるほどw

しかし、黒木香は着実に人気と知名度を上げていきます。

全裸監督の画像11

さらに色んな問題に晒されながらサファイア映像は新しい挑戦を続けます。

全裸監督の画像7

しかし、ここで村西とおるを世間的にも有名にした「懲役370年」事件が起きてしまいます。

全裸監督の画像8

ハワイでAV撮影をするというとんでもない奇行に出つつ、さらには「スカイファック」という名言まで飛び出す始末w

この辺りのシーンはどれも面白く、作品の中でも特に盛り上がるシーンの連続でした。

全裸監督の画像19

この撮影の後、村西はハワイの刑務所に収容されますが、サファイア映像の仲間たちが集めたお金によって釈放されます。

この事件が彼を一気にお茶の間に浸透させました。

全裸監督の画像15

そして、黒木香の人気は日本に大旋風を巻き起こし、サファイア映像とポセイドンの販売合戦も激化していきます。

ここまでが全8話(シーズン1)の大まかな流れになっており、管理人を含め全裸監督を見た多くの人が一気に見たと言っておるほどです。それほど面白いので、忙しい時間を合間を縫って見る価値は充分にあるドラマです。

現役AV監督たちの評価(独占)

全裸監督のドラマを今現在のAV業界で活躍する監督さんたちはどう思っているのか気になって、勝手ながら取材させて頂きました。

はてながーるだからこそ聞くことができたコメントなので、是非じっくりと読んでAV業界の評価を感じ取ってください。

こあら太郎(わ)のコメント

エロVR No.1監督「こあら太郎(わ)」

エロVRで最大のヒット作を飛ばしたVRの帝王「こあら太郎(わ)監督」に早速聞いてみたところ、既に全話見たということだったので、感想を聞いてみることにしました。

こあら太郎(わ)のコメントは以下の通りです。

こあら太郎(わ)
こあら太郎(わ)

『駅弁ファック』の山田孝之がめちゃくちゃ、カッコよくて、川上さんもカッコよかったです!!

『AVの帝王』村西とおるさんの半生は、色々なことがあり過ぎで、スゴすぎでした!!
白ブリーフでガンガン前に出ていって、アピールしていくのは、今ある業界の発展の土台になってました。

波瀾万丈すぎる人生で、熱量がスゴいです。。
営業トークがレベルアップしていくことが、勉強になりました。

衣装や小物にも徹底的にこだわり抜いて80年代の雰囲気がでてて、面白かったです!!

シーズン2の製作も決まっているようなので、楽しみです!!

こあらさんらしいコメントで、実際に話を聞いた時も凄く絶賛していました。AVの帝王が業界に与えた影響の凄さが分かるコメントですね。

VRおじさんのコメント

日村がゆくで「AV業界の革命人物」としてVRおじさん特集

さらに、現在のエロVRにおいていなくてはならない絶対的な存在「VRおじさん」からも感想を聞くことができました。実はこのVRおじさん、「全裸監督見ましたか?」と管理人に進めてくれていたんですw

VRおじさん

劇中で描かれるポセイドン企画(宇●企画)とサファイア映像(ク●ス●ル映像)の激闘、まさにVR黎明期に様々なメーカーや監督が試行錯誤しながら競い合っていたあの頃を思い出し、自分の環境と照らし合わせてとても楽しめました。

村西とおる監督の破天荒でありながら本質をつく人間らしい生き様に強く感銘を受けましたが、黒木香役を演じた森田望智さんの天才的な演技力に感動しました。絡みのエロさが凄い一方で、従順な乙女のような切なさを天才的に演じ切っています。

一方で、現場で何度かお会いしたこともあるみいななさんこと川上奈々美さんやおぐゆなさんこと小倉由菜さんなど個性豊かな現役AV女優さんも多数出演されていて感慨深く拝見させて頂きました。
いろいろな偏見がありそうな業界ではありますが、ドラマのように作り手は常に真剣に戦い続けてるって伝わったらいいなと思いました。

シーズン2の制作も決まったそうで、世界が注目するオススメのドラマです!

今ではAbamaTVで特集されるほど有名になってしまったVRおじさんですが、彼もエロVR黎明期を支え発展させてきた偉大な1人です。それだけに、AVの歴史を感じることができるドラマには非常に感慨深いものがあったようです。

全裸監督の口コミ

全裸監督についての口コミや評価をSNS中心に集めてみたので紹介しておきます。色んな意見があって面白かったので、是非読んでみてください。

有名人やAV女優の口コミ

まずは有名人の方やAV女優の口コミを紹介しておきます。チュートリアルの徳井さんや有吉弘行さんはこのようにツイートしていました。


しかも、有吉さんの場合は人にも薦めているみたいですねw


VRの女王「美咲かんな」ちゃんも見たようで、以下のようなつぶやきをしていました。


2019年7月にデビューしたばかりの大物新人「奏音かのん」ちゃんも現場で全裸監督の影響を感じたようです。


他にはマンガ「FAIRYTAIL」の真島ヒロ先生や「変態仮面」のあんど慶周先生なども全裸監督を見たようでツイートしていました。


このように多くの有名人やAV女優たちが全裸監督が最高だったというようなツイートをしており、人気の高さが伺えました。しかも、色んなジャンルの人がこれだけ絶賛しているということが凄いですね。

ここには載せていませんが、木亮平、須賀健太、田村淳、ベッキー、筧美和子なども絶賛しているツイートを見ました。

その他(Twitter)の口コミ

その他にも見たという人や全裸監督が良かったといったツイートを多く見つけたので紹介しておきます。


このように全裸監督のことを絶賛している人は非常に多く、これだけ人気なのも納得してしまいました。とはいえ、良い意見があればアンチがいるのも当然です。

否定的な意見や口コミ

面白かった、良かったといった意見と比べて数こそ多くありませんが、否定的な意見もあるので紹介しておきます。


こういった作品なので嫌悪感を抱く人がいるのは当然でしょうし、強要なども問題になっている現在は受け入れ堅い人がいることも分かります。

しかし、全裸監督を見て現在のAV業界も同じだと思ってしまう人たちがいるとすれば、少なからず業界を見ている人間として「全く違う!」ということは伝えたいです。

まとめ

話題のNetflixドラマ「全裸監督」について紹介しましたが、全裸監督がどういったドラマでどんな評価を受けているのか分かって頂けたと思います。

当然ながら現在のAV業界とは全く違いますし、かなり脚色されているので1つの面白いドラマとして見れると良いですね!

はてながーるでは他にもヌケる日本のドラマや映画も紹介しているので、エロいドラマや映画が見てみたいという方はそちらの記事も読んでみてください。